2020年10月01日00:23

無題(九谷)

今回はじめてプラズマみかんに出演させていただきます。
九谷保元といいます。よろしくお願いします。
いわゆるフリーランスで芝居をしてきました。
最近、情宣もしくは内部への紹介資料のため、「プロフィール」を要求されることが複数ありました。
具体的に何を書けばいいのかよく分からなかったので、事務局に問い合わせると、

「代表作」「出演作品」「受賞歴」「演劇留学」とか何でも、有ればいくつでも挙げて下さって結構ですよ。

とのこと。
そう言われても、自分には特に書くことが何もなく、愕然としました。
そのような役者です。今回はじめてプラズマみかんに出演させていただきました。
よろしくお願いします。

自分の役名は、サクラコウジです。
ガラスの仮面との関係は、今度また作家に尋ねてみようと思います。

「オジサンの危機」「エンゲキの危機」の芝居です。それはチラシに書いてあります。
しかし実は「危機」はそれだけではない。
もうひとつ、ふたつ、いやみっつ、え。

もっとたくさんある「危機」に問いかける芝居です。

不条理とは「理屈に合わない」という他に「思いどうりにならない」という要素をあわせ持ち、乖離による困惑と混乱を引き起こす。
客観的に決まるよりも主観的に決まるものではないかと思うがどうだろう。
元々少なからずジュスタニックだった文章が加速してゆきます。
どうぞよろしくお願いします。

稽古場日誌でした。
普段の稽古場より広いところで、実寸に近い稽古をしました。
自分は無駄に図体が大きいので、広い、高い、はいろいろ無理しなくて良いので、嬉しくて仕方がない。
やってみて分かったことがとても多かったです。


すべては伊丹で完結する。


[九谷保元扱い 予約フォームはこちら]
https://www.quartet-online.net/ticket/plamika11?m=0mfhdje


plasmamikan
Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字