2020年10月29日21:02

総括しました!(せせらぎ)

公演から2週間と少しが経ってしまいました。せせらぎです。
なかなかの浦島太郎具合で現実のスピードに追い付けず、毎日アワアワしています。
きちんとお礼のご連絡も終わっておらず…うぬぬ、言い訳ばかりはいかんですね。
反省は胸に一旦しまいまして、総括しなさい!ってことで。
改めまして、プラズマみかん第11回演劇公演『ワーニャのパンツと洗えない』、公演を応援くださった皆様、ご来場いただきました皆様、配信を見てくださった皆様、本当にありがとうございました!

今回の公演は昨年の9月から台本作りの為のクリエーションを行い、約1年かけて制作した作品です。
しかも、劇団員や出演者だけでなく、外部の方もお越しいただいてのクリエーションを行ったのですが、面白いことに1年前に『身近にいるこんなおじさんに困っている』『困ったおじさんってどうして困ったおじさんになったのか?』『分かり合うにはどうしたらいい?』これらの3つについて出てきた案が作品の根底、最後に残る結論を作ったんだな、と思いました。(身近にいる困ったおじさんの話で出た『靴下脱ぐ同僚おじさん』『箱を集めてしまう父』とか)
『おじさんだって認められたい』『おじさんだって褒められたい』『感謝されたい』『かっこよくいたい』、そういった根っこの『本音を隠す武装』がおじさんにはあって。だからこそ最後のキャッチボールで武装を剥がしたおじさん自身の裸のセリフがグッとくるのでしょう。『わからないんだ』『認められたかったんだ』『ついていけないんだ』。アンケートでもキャッチボールのシーンについて印象に残っていただいている声をよく見ました。

クリエーションを行っての劇作りは『みかんせいのくだもの』頃から行っているのですが、今回はクリエーションを稽古の中でするのではなくスケジュールを分けて行ったことで創作と積み上げの時間がそれぞれでしっかり取れたのがいい試みだったなと思います。私は創作の為のクリエーションやアイデア出しが大好きなんですが、積み重ねには時間のかかる役者であると自覚していまして。なので積み重ねの時間をしっかり確保できた今回の作品作りは良かったです。

今回公演は本当にたくさんの関係者・座組・お客様に支えられ公演に向かい、今2週間という所謂観察期間も越えました。無事幕を上げられたこと、下ろしたこと。すべて多くの人の力に支えられてできたことです。改めて、本当にありがとうございました。バラシの最後、たくさんの関係者によってホリゾントが昇っていく姿を見ながら堰を切ったように涙が止まりませんでした。終わったよー、寂しいよー、うれしいよー、できたよー、苦しかったよー、コロナ嫌だよー、まだ怖いよー、でもうれしいよー、みんなに支えられてうれしいよー…いやはやなんともグチャグチャな感情に支配されあうあうしながらありがとうございましたと繰り返してました。うん、自己満足で終わる気はありません、ちゃんと感謝を胸に次に何をしたいか、何をするか、何を返すか、これからを見据えてまた今日からを過ごします。

総括は以上です。
憧れのアイホール、楽しかったー!!!

せせらぎよし子

GTN00748






plasmamikan
Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字