[ 2011年09月 ]

2011年09月26日03:04

あまりにも久しぶりすぎて、更新の仕方を忘れてしまいました。


最近の私はと言うと、次のお芝居まで少し時間が空いているということで、友達と遊んだり、家族と出かけたり、意識的に、演劇と少し距離を置いて、普段やれないことをやるぞ!と意気込んでいます。

(次のお芝居については、もう少ししたら発表できると思います。)


その、普段やれないことで、バタバタしている今日この頃。


何を走り回っているかと言うと、お名前が変わります。

それで、身辺の手続きにバタバタしているのです。


実際には名前が変わってからでないと何も手続きできないのですが、クレジットカードやら銀行やら、私は普段の生活でカード多用する人間なので、前もって良く調べて上手く手続きしていかないと、引き落ちがされないんじゃないかとか、お給料が入ってこないんじゃないかとか、ポイントが移行されないんじゃないかとか、不安なことがたくさんあるのです。


なんでもネットで手続きできる時代ですが、名前の変更だけは窓口でしか取り扱っていないものがほとんどなんですね。お休みも簡単に取れないし、段取り良くやらねば!…というところで、既に疲れてきている今。なんでこんなに大変なのー!


親友(男)のお嫁さんが、結婚する時に、「名前を変えるのはこんなにも大変なのだから、あなたも、私の名前が変わることを当然と思わずに、どちらがその苦労を引き受けるのか、相談があってもいいはずだし、その苦労を知って欲しい」と言ったそうで、全くその通りだと思う。


おおよその人が結婚したら男性側の姓を名乗るようになるし、両者ともそれを当然だと思っているからそういう話を敢えてすることもないのかもしれないけれど、そういうことをきちんと話して確認する場はあった方がいい。

別性を名乗るとか名乗らないとかではなく、互いの名前を尊重しましょうという意味で。


そういえば私は良く、「夫婦別性にしないの?」とか、「夫婦別性にしそうだよね」と言われます。

そういうことをこだわりそうに見えるのかしら。

私はあまり名前にこだわりがないので、別性を名乗るという選択肢はありませんでしたが、

手続きで背負うリスクを考えたときに、名前変えずにいく方法はないものかと考えました今回。


しかし、今の時代で実際に別性を名乗るのはきっついな。


私が今、名前を変えることで様々な手続きに苦戦しているように、

今度、夫婦であることを証明する手続きの煩わしさが延々と続くのかと考えたら、あーめんどくさーい。

ひとつの制度がOKになっても、それを取り巻くその他全ても変わらなきゃ生きやすくなったとは言わない。

そしてそのためには、人の考え方や感情面も大きく変わらなきゃいけない。

別性がOKになったからとて、何の理由もなく別性にしますって言ったら、家族はなんで!?と思うだろうし、受け入れ難いところもあるだろう。


私は家族のそういう感情無視してまで名前にこだわらなくていいやーと思う。


でも、そういうものがだんだん取れていって、しがらみなく選べる時代がきたらどうしようかな。

子供がいたら、子供と同じ名前を名乗りたいし、名前くらいはっきり家族ですって繋がりを示せるものがあっていいと私は思うけど。


生きやすいってのは、制度があることじゃなくて、人の気持ちまで大きく変化して受け入れられるようになって始めて生き易いって言うんだな。


plasmamikan
2011年09月24日17:12
こんばんは。久しぶり過ぎる更新ですみません、屋鋪です。

遅ればせながら、Space×Drama2011「わんころが揺れ雲をめぐる冒険」にご来場下さりました皆様、本当にありがとうございました。たくさんの方に観て頂けたことを本当に幸せに思います。そしてたくさんの方に大変助けて頂きました。皆様のおかげでやっとやっと、成り立ちました。この場をかりて、深く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

そう、公演からもう2ヶ月も経ちましたのですね。一時は頭もすぽーんとなりましたが、ありがたいことにワタシは今とあるミュージカルの現場に通ってます。草津。遠いよ。でも勉強させて頂いてます…!

全然関係ないんですけれども、稽古場ってたまにピアノ置いてあるとこありますやん。
あれ実はいつもスゲー気になってます。黒と白の鍵盤にときめきます。ピアノさわりたい!
何気に9年だか10年だかピアノ習ってまして…。猫ふんじゃった以上のものは弾けるはずなんですけれども
しかしいざ前に座ってみても、これといって弾ける曲がない!!何か弾きたいのに、めっちゃ弾きたいのに
鍵盤を前にアワ…アワワとするばかり。
……ちょー虚しいぜ。
嶋子さんみたいに、即興でも弾けたらすごいのに、まぁそれはピアノの前に座ってた時間が違いすぎますわな(´・ω・`)
もう随分さわってないものだから、感覚も忘れてしまっておりましたよ…。ソック。
完璧なまでの、下手の横好き。

練習したらよろしいがな。

うん。




腹、割れてなくね?
何か趣旨見失いました。次はもうちょっとましなこと書きます。。。

では次嶋子さんだぜ☆

plasmamikan
30×30|
2011年09月17日00:39

久々に日記を書きます。中嶋です。

「わんころが揺れ雲をめぐる冒険」から2ヶ月が経ち、Space×Dramaも無事、幕を下ろすことが出来ました。
ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。

プラズマみかんの次回の公演は、まだ少し先になりますが、個人ではそれぞれ動いているので、その近況をお知らせしていければいいなと思います。

と、書いておきながら私はこのブログをあまり、「今日は○○しましたー」みたいな報告ブログにしたくないなと思っているのです。やしきくんにも、そんなブログ書いてほしくない。短くてもいいから、自分が今何考えてるとか、感じてるとか、そんなことを書こう。なんてことを言うのは、私が「今日は○○しましたー」って書いてて興味持って食付くブログはほとんどないから。って言うと、稽古場ブログを全否定するみたいだけど。うんでも正直なこと言うと、「今日は○○の稽古でしたー」って日記、好きじゃない(笑)とか言いつつ、稽古場ブログってこんなもんでしょ?って思って書いちゃう時もあるし、お芝居の宣伝せなあかんしなって、盛り上げて書いてしまうときもある。いやほとんどそんな感じ。で、後で、しまったなあ、と、後悔する。

と、言うのも、私たちのお芝居では「今日は○○のシーンやりましたー!イエーイ!」みたいなのがあまり効果的に働かないと思うからで。写メールも全然撮らないし。やしきくん、Twitter始めても全然フォロワー増やさへんし。もう、集客増やす行動とか、ないし。水が合うてないんでしょうな。いやーそれにしてももう少し合わせる努力もいるんちゃう?とかも思うけど。それならばせめて、こんなこと考えてますってちょこっと書いてみませんかと。その方が作品に繋がって私たちに合ってるんちゃうかなと。「私たちに」なのか「私に」なのかはわからないけれども。

私から見たやしきくんは、ことに全然腹を割らない人。内面的にも筋肉的にも。
それは悪いとか、腹黒いだとか、他人行儀だと責めている訳ではなくて、やしきくんの生活の中に、それが必要ないから、そうなっているんだろうなと思う。でも、それってどういうしくみなの??
私は簡単に腹を割りまくるので、私からすると、超不思議生命体なわけで。
かなり長い時間一緒にいるけど、何考えてるとか、ちょっとは分かるつもりやけど、ほとんどわけわからんし。
私がこのブログ読むなら、やしきくんが何してるかよりも、何考えてる人かの方が知りたいね。

何の話だっけ。

だからさ、暫くは、ちょっと時間もあることだし、そういうブログ書きたいなと。書いてほしいなと。

私、一時France_panがやってたがっつり思考するブログとか、鈴江さんの、短いけど鈴江さんのことがよく分かるブログ、好きなもんで。

そんな感じでやしきくんにバトンタッチしますー。


plasmamikan