[ 2011年12月 ]

2011年12月28日14:11
こんにちは。年の瀬ですね…。屋鋪です。

プラズマみかん、今年最後は、ジャムコントさんに出させて頂くことになりました。
芸人さんと役者さんが入り乱れて、ただただアドリブで面白さを競う…みたいな、なんとも恐ろしいイベントです(笑)
ワタシ個人的には、最近は全然そういう稽古をしておらぬもので超絶不安ですが…アワ((゜゜дд゜゜ ))ワワ!!頑張ります!!!

思えば去年の最後も、アドシバ!で枠を頂いて、小野愛寿香さんと対決させて頂きましたぬん。(さすが、王者の前では完敗でしたが…)
年末に大火傷を負うなんて。望むところじゃないの。

イベントは、明日!29日(木)道頓堀ZAZAにて!通常公演12:00〜、14:00〜、15:30〜の3ステ、料金が500円です。夜には年末スペシャルもあり★こちらは1000円となっております。
お時間ございましたら、是非是非お越しください!!

plasmamikan
30×30|
2011年12月23日01:07

11

中嶋悠紀子です。

私は今、baghdad cafe' さんの公演に出演させて頂いております。

「男子」というタイトルですが出演者は全員女子!
8人の女子で、男子ワールドを繰り広げます。

今回の座組みは、ほとんどの方が初めまして。
全く別の環境でお芝居をしてきた方と共演するのですが、
初日から、初めましてとは思えない飛ばしっぷり&馴染みっぷりで、奇跡の瞬間がわんさか生まれます。

今回の稽古は、少し変わっていて、
どの台詞を誰が言うとか、全く決まっていません。

テキストは自由に使う。
自分がここだ!と思ったところで行動を起こす。言葉を発する。
周囲に何かを仕掛けたり、仕掛けられたのに乗っかったりする。
俳優全員が「今日はなにしてやろっかな!」という攻めの姿勢で稽古に向かう。
毎回違うことをやってやるという意気込み。
この熱量が、凄い。
うかうかしてるとやられる。
奇跡の瞬間を、逃すもんか。

主体は、あくまでも俳優。
演出の泉さんは、それを見守るだけ。
だけどここぞというところで、とてもいい助言を投げかけてくれるし、
私たちのやらんとしていることを、本当に良く見て拾ってくれるなーと、稽古場で唯一の「男子」に全面的な信頼を寄せております。

プラズマみかんは基礎練でインプロをよく取り入れますが、
それがとても良い効果を生めるんじゃないかと思います。
効果を実感できると、常日頃もっともっとインプロをやりたいなーと思います。

見応えのあるお芝居になること間違いなし!
ちょいちょい稽古の様子をUST配信しますよー!
今から楽しみにしておいてください

baghdad cafe+-11「男子」

【作・演出】
泉寛介


【出演者】
一瀬尚代
小野愛寿香(i_garden / ステージタイガー)
是常祐美(シバイシマイ)
宿南麻衣(遊気舎)
辻るりこ(売込隊ビーム)
中嶋悠紀子(プラズマみかん)
西川さやか(月曜劇団)
速水佳苗

【公演日時】
2012年2月
  3日(金)20:00
  4日(土)13:00/16:30/19:30◆
  5日(日)14:00/17:00◇
  6日(月)19:30
   ◆◇公演終了後トークイベントあり

【公演会場】
インディペンデントシアター1st

【料金】
前売 ・当日とも2000円

【チケット予約・お問合せ】
090-9854-2295(劇団)

【公式サイト】
baghdad cafe.
http://www.gem.hi-ho.ne.jp/baghdadcafe/top.html

【Twitterハッシュタグ】
#バグ男子





plasmamikan
2011年12月08日04:06

中嶋です。

最近、またお芝居を始めました。

7月の公演から12月まで、約4ヶ月半といったところでしょうか。

その間、

結婚したり、
転職したり、
弟がお嫁さんを連れてきたり、
おじいちゃんが天国へ旅立ったり、
旅行行ったり、
高校の友達と遊びまくったり、
中学の友達と語り合ったり、
先輩のお家にお邪魔したり、
ライブ行ったり、
スケート行ったり、
本読んだり、
友達の赤ちゃんと遊んだり、
友達の紹介で新しい友達を作ったり。
部屋の大掃除をしたり、
毎朝きちんとお弁当を作ってみたり、
習い事をしたり。
ママ友と飲み歩いたり。

もう、全く違う人になってるんじゃないか。
ニュー自分!

少し前から、ここで一度整理をつける時間を取ることは決めていました。

まずは家族や友達に感謝の気持を伝えること。
思えば、私は大学に入ってからずっとお芝居をしていて、人とのお付き合いも、それを中心にしか回っていなくて、それを支えてくれる人に、ありがとうの気持ちをどうしても伝えたかった。
そうしたらまたあれやろうよ!これやろうよ!となっていって、結局毎日とても忙しくなっちゃった!

しかし「このまま辞めちゃう?」という考えが常に隣り合わせの状態にあったことも事実。
平穏に毎日が過ぎていくと、お芝居やりたくなくなるんです。
なんで劇団やらなあかんの?
なんで屋鋪くんとやらなあかんの?
このまま辞めちゃえるしな…って、考えない日がなかった。
自分でチラシを見て、チケットを予約して、劇場に行くなんてこともほとんどやらなかった。

自分の中にお芝居が必要でなくなっていく怖さばっかりが募っていく。
それでもアイデアが浮かべば手帳に書き留めることはやめない。床の中で広がる妄想は止まらない。
では何がそんない辛くて私は辞めることを考えるのか。

まあ、理由はシンプルなものです。
劇団員いないし、金銭的にきっついし、あとは個人的な不満…そんな感じ。
でも幸いそれをじっくり考える時間も十分にあって、
新しい価値観の中でそれに対処する方法も、休んでる間にごーんと決めてきちゃいました。よ。

たかだか4ヵ月半。
されど人が変わるには十分な時間です。

やりたいことを全てやれた訳ではありませんが、
これからのことを考えるには十分すぎる時間がありました。

今度はそれをアウトプットしていきたいと思います。

今日からまた宜しくお願いいたします。

今後の方針については、また。。。











plasmamikan