[ 2015年03月 ]

2015年03月29日22:20
今朝近所の桜が急に咲いていました、せせらぎです。なにも雨の日に咲かなくてもいいのになぁ、でも綺麗です、桜が一等好きな花です。

つい一週間前です、C.T.T.松山のセレクションに出演させていただきました。
初めての旅公演、緊張と今を思えば我を失うほどのプレッシャーに自分の3日間に反吐も出ますが、でも松山のシアターねこのスタッフ様や、共に出演した一二三さんととあるさん、皆さんと出会えた本当に貴重な3日間でした。これから先、自分がきちっと実にできるかは本当に精進が必要です、純粋な芝居への向き合い方をする、俳優としての自分についてこの1週間考えてばかりです。団体での反省会は先日シマコとしましたので、年末公演ではブラッシュアップに今回した演目「最後のテレビ」を再びできるのが今から楽しみです。
愛媛へ一緒に来てくださったC.T.T.大阪の伊藤さんにも改めて感謝です。ありがとうございました。

初春、海援隊を聞いて3月を見送ろう。『新しい人へ』、聞いてみてください。あぁ、心の金八先生。


せせらぎ
plasmamikan
2015年03月11日08:49
中嶋です。

「最後のテレビ」昨日の稽古では、細部をひとつひとつ確認する作業に入っております。今、どんな状態で立っているのか。台本に書かれていること、書かれていないこと、ひとつひとつを意識的に見ていきます。

ディスカッションしながら作る方法を取っていますが、最近はどうやってその質を高めるか?なんてことを考えています。

女子だけの稽古場になると、まして2人だけの稽古になると、つい楽しくなって話に花が咲いてしまう。自分の頭の中にあることを全部出したい女子の性質ですね。しかしこれはダメです。時間がいくらあっても足りなくなる。するとストレスになります。認識に差異がある部分は話せばいい。でも、互いが了解したことをいつまでも喋らなくてよろし。「はい」と言って終わればいい。花は話ではなく、芝居で咲かせ。我慢することも覚えなければ。

短い言葉で端的に伝えること。
(短く伝える努力をすること)
必要な議論を選別すること。

ビジネスhow-to本みたいっすね。




plasmamikan
2015年03月08日22:32
中嶋です。

今日は朝から倉庫に行って、稽古場に行って、居残りでガストに行って、ながーい時間をせせらぎと2人で過ごしました。

喧嘩と間違われかねないような白熱した議論をしているのに、30分に1回くらいは「ラッスンゴレライ」のお気に入りのフレーズをちょい入れしてました。

せせらぎのお気に入りは「待ってマッスン」
私のお気に入りは「トリュフ…フォアグラ…スパイダーフラッシュローリングサンダー」です。

言いたくて仕方ない。

言いたい欲が高まって、きっとお芝居にも影響しているに違いありません。。


今日の稽古の写真を載せてみます。
稽古写真載せるの久しぶりですね。

image


image
2015-03-08-12-41-28

plasmamikan