[ 2016年07月 ]

2016年07月29日07:23

中嶋です。


突然ですが堺市にお住まいの皆様!

私たちプラズマみかんは、8月27日に堺市三原文化会館にお邪魔します!!


ワークショップフェスティバルDOORS 10th というイベントで、ワークショップを行います。

アートボード



ワークショップのタイトルは:「はじめてつくる!台本のないえんげき会」です。

プラみか流のシアターゲームで遊びながら、短いシーンを作ります。

台本はありません。その日に出会う人のアイデア全てがおはなしづくりの素材になります。

90分のワークショップで

参加料はなんと500円!!

まだ少し参加枠が残っているそうなので、堺市にお住まいの皆様、是非一緒に演劇やりませんか?
もちろん堺市以外からのご参加もOKです!

私たち、堺市で演劇をするのは初めてで、どんな人に出会えるのか、今からとっても楽しみにしています!!


=========================

ワークショップ名:「はじめてつくる!台本のないえんげき会」

ジャンル:身体表現・コミュニケーション

対象:高校生以上

日時:8月27日(土) 13:00-14:30

会場:堺市立美原文化会館 5階

持ち物動きやすい服装,水など飲み物,室内用靴(内履き)

【お申込み・お問い合わせ】

◎DOORS webサイト

doors_orange (1)

◎「台本のないえんげき会」のページはコチラ



◎プラズマみかんのWEBサイト→http://plasma-mikan.com/news/201606241367/











plasmamikan
2016年07月22日18:51
職場の駐車場に、スマホを持ったおじさんたちがウロウロ集まっている。
その異様な光景を眺めながら、誰もが想像しそうなことを私も同様に思い浮かべてみる。

つまりは現実に仮想空間を持ち込んでビジネスシーンを立ち上げるのである。
配置が重要だ。

観光スポットでスマホを翳せばご当地ゆるキャラが登場する。
そこで充電器とアイスクリームの屋台を配置しておけば、そこそこの売上が見込めると思う。

ゆるキャラが自分に話しかけて来る、なんてこともたやすいことなのだろう。

犬島でスマホを翳せば維新派が現れる。
劇場でスマホを翳せば蜷川のハムレットが現れる。
俳優はゲネプロさえしっかり作っておけばよい。

谷底にレアなキャラクターを配置すれば、自殺に見せかけた殺人も容易である。
おびき寄せられた人々が集団誘拐に遭う…なんてことも簡単で、ブレーメンの音楽隊のドブねずみのように人々が行列を作り、地面を這う様子が簡単に想像できる。

恋人はスマホを翳せば簡単に出現し、
課金をすればスカートをめくり、パンツを脱がし、おっぱいが触れる。
付属品でおっぱいの柔らかさが体験できるヘルメットと、連動して動くTENGAはいかが?
女性用のグッズも充実させておきましょう。

そういう世界がやってきたら、きっと、私は子供を産まない。
痛い思いはせずに、仮想主人と営みを交わし、生まれた子供の食事は画面の中で作り、保育園に通わせましょう。
課金でピアノやバレエを習わせましょう。
画面上の子供をどこの大学に入学させたかがステイタスになり、老後を決定づけます。

ああ、これはなんか、嫌だなあ。

別に新しい感覚ではない。
これまでにもバーチャルが現実に侵食してくることを危惧する人はたくさんいて、そのテの映画や演劇も、これまでたくさん作られてきた訳で。正直、お腹いっぱいに、なんなら食傷気味になるくらい、見た。

なので、ここは、なんとかこの状況を肯定出来る方法も考えてみることにする。

自殺の名所でいのちの電話の代わりに配置すれば、悩みを聞いてくれて、励ましの言葉をもらえたりなんかして、自殺抑制に繋がるかもしれない。

医療や教育の現場でもなんなりと使えそう。

多様性のある暮らしのひとつ、と捉えることも出来る。これがあることで救われる人もきっといるのだろう。

でも、私がこの状況をひんやりと感じてしまうのは、多様性という良質なイメージの裏で、人と触れ合い、交感することに喜びを感じている人の生活が脅かされているからだ。「奪われた」という感覚が残るからだ。

では幸福を感じる人とそうでない人、どちらが増えるのだろう…などと考えたくもなるが、数で計測していいものではないはずだ。1人ひとりの幸福がいかに守られるか?という話。


結局は「どういう運用、付き合い方をすればいいのか。」みたいなところが着地点になってしまうのだろうか。

フラットで平等な感覚を持っていたい自分と、
抑圧を跳ね返したい自分が見事に喧嘩をする。

でも、やっぱり、私はこのひんやりとした感触が嫌で、嫌なのだ。

わりかしたやすく想像出来ることを、
例にならって私も想像してみた。

多分、この是非を問うたりする作品は、私は作らない。

ひんやりした手触りの芝居はたくさん作っている。でもひんやりを描きながら、体温を求めているのだ。そこだけを考えていきたいのだ。

そんな訳で公演します。

image


プラズマみかん 皮切り10周年
第9回演劇公演
SPACE9 TAIMEN企画

「みかんせいのくだもの」

皮切り10周年を迎えるプラズマみかん
保育園建設予定地を舞台に小粒でチクリと痛い果実を齧る!!

【おはなし】
ワルツのステップひたいにふんで あの娘もこの娘もおててをのばす
今宵はたのしいおゆうぎかい くつをならしておどりましょう
ぬかるみにあしをとられるな あっというまにおこちるぞ
まっさかさまのおつきさまが ぎょろりとのぞいてわらってる

【作・演出】
中嶋悠紀子

【出演者】
せせらぎよし子 金沢沙耶 中嶋悠紀子 
阿矢(劇団大阪新撰組)梅本和弥(TEAM☆RETRIEVERS)鎌田恵弥(妄想プロデュース)柊美月(無名劇団)本多信男(カラ/フル)    

【公演日時】
9月2日(金)19:30〜
9月3日(土)14:30〜/18:30〜
9月4日(日)11:30〜/15:30〜

【会場】
あべのハルカスウイング館9階
SPACE9

【料金】
一般:前売・当日ともに 2800円
パパママ割:2500円(要お子さまの母子手帳又は保険証)
大学生:2300円(要学生証) 
高校生以下:1500円(要学生証) 

【チケット予約】
https://www.quartet-online.net/ticket/plamika?m=0bcdjah



plasmamikan
2016年07月20日15:18
5年ぶりの母校


大阪芸術大学の短期大学部です。

この広くて綺麗な芝生と校舎でこの学校を選んだ様なもんです。

高校三年生。わたしは4年生の方の芸大の絵画コースに指定校で決まっていました(やりたいことが無くて、ま、絵得意だし、みたいな適当な気持ちでした)

そんな中、わたしは芝居に出逢ったのです。
最近はよく聞く話なのですが、

受験ノイローゼになって、オタクの妹に勧められて始めたゲーム。
そこで一人二役をしていた声優さんの演技に見入る、聞き入ってしまったのです。

いままでテレビを見ながら「演技」というものに着目したことがなかった私にとって、それは衝撃でした。
もー目からウロコ!



演技ってすごい!!
わたしはそれはそれはもの凄ーく
感動しました。

これがわたしの人生で始めて「芝居」に出逢った瞬間でした。

お受験ノイローゼでやりたいことが無くて、くさくさしていた私ですが、芝居との出会いで、一気に目の前が明るくなったのです。


「わたしもお芝居をして、それを観た人に感動を与えたい!!」

と、

適当に決めた指定校を蹴り(校長先生に謝罪文を提出しました…)

そして短大の演劇コースを選んだのです。

2年が良かったというのもありましたが、
やっぱりこの校舎と明るい風景がわたしの思い描いていたキャンパスライフ!
と一致したので、
すぐにここに決めました!


(4大はちょっと暗いかんじなんです…周りが森で、木が高くて、光があんまり入らず…わたしの思い描くキャンパスライフはたぶんここじゃないっ!と感じてましたん。わたしの勝手な感覚ですけどね!フィーリング!)


今日、久しぶりの校舎と風景を見ることができて、懐かしくて、とても幸せな気持ちになりました。



わたしの人生で一番大切な時間を過ごした場所です。

がむしゃらに演劇やって、
台詞を読むのが楽しくて仕方なくて、
皆と会話を交わすシーンで、新しく出来上がるものにわくわくして、

上手く初心にかえることができたかなー



今回の公演もがむしゃらに!やってやりますぞ〜!!

演じるエネルギーが発する感動を
皆様にお届けできるよう、
精進いたします!!
*(^o^)/*


関係ないけど、今日はめちゃくちゃ好きな天気でした!暑かったけど晴れはやっぱりいい!!*(^o^)/*

plasmamikan
2016年07月18日07:54
中嶋です。

さーやも書いてくれていますが、先日まで稽古場にはエアコンがなく、一昨日、やっとこさ付けることが出来ました。

なんやかんや大掛かりな工事した割には、天井に断熱がないので、昼間は全く効かない…というオチ付きですが、夜はまあまあいい感じに効いてくれています。

(天井の断熱方法を切実に考え中…)

しかし、身体はそれなりに慣れるものですね。窓からの風の涼しさだけでまあまあ過ごせるようになりました。

今回出演いただいている本多さんの家は、エアコンが一台もないのだとか。凄い!やれば出来るものなのだなあ!

私のこの時期の悩みは、エアコンと外の温度変化に身体が対応できないことです。キンキンに冷えた部屋が苦手で、外を行き来すると一気に体調を崩します。

夜も問題で、エアコンを付けて寝ると一気にバテるし、付けないと早朝は朝日でサウナ状態。睡眠の質を落として終始体調が優れない…という状態が続きます。

特に夜の睡眠をなんとか出来ないものかと色々調べた結果…よしずを導入してみることにしました。

ちなみに「よしず」とは、
簾の立て掛けるバージョンのことです。

image


↑コレ。

最初はこんな原始的な方法にどれだけ効果があるものなのか。東大阪の暑さなめんなよ!?と思ったのですが、実際置いてみると…

全然違う!!

直射日光を遮るという意味では遮光カーテンと変わらないのですが、よしずは風も通すため、部屋に熱気が篭らない!体感温度でいうと4〜5度違います。

昨日まで私、家に居ると終始エアコンを付けていたのですが、よしずを置いてからまだ付けていません。ノー モア エアコン!

投資金額2000円程度でなんて素敵なアイテムなの!?先人の知恵スゲェ!!

想像以上の活躍に心を躍らせています。
セミがこんなにも鳴いているのに部屋の中は爽やかです。

こんな感じで、稽古場断熱出来たら言うことなしなんだけどなあ。

------
image


プラズマみかん 皮切り10周年
第9回演劇公演
SPACE9 TAIMEN企画

「みかんせいのくだもの」

皮切り10周年を迎えるプラズマみかん
保育園建設予定地を舞台に小粒でチクリと痛い果実を齧る!!


【作・演出】
中嶋悠紀子

【出演者】
せせらぎよし子 金沢沙耶 中嶋悠紀子 
阿矢(劇団大阪新撰組)梅本和弥(TEAM☆RETRIEVERS)鎌田恵弥(妄想プロデュース)柊美月(無名劇団)本多信男(カラ/フル)    

【公演日時】
9月2日(金)19:30〜
9月3日(土)14:30〜/18:30〜
9月4日(日)11:30〜/15:30〜

【会場】
あべのハルカスウイング館9階
SPACE9

【料金】
一般:前売・当日ともに 2800円
パパママ割:2500円(要お子さまの母子手帳又は保険証)
大学生:2300円(要学生証) 
高校生以下:1500円(要学生証) 

【チケット予約】
https://www.quartet-online.net/ticket/plamika?m=0bcdjah





plasmamikan
2016年07月13日17:43

こんにちは!さーやです!

稽古まで少しだけ時間があったので少しばかり休憩しようとカフェでコーヒーフロートを注文しました。

コーヒーから飲もうか、
ソフトから食そうか、
わくわくしながら
ソフトクリームを口に入れた瞬間。

誤嚥しました。

※誤嚥…

食物などが、なんらかの理由で、誤って喉頭と気管に入ってしまう状態を誤嚥(ごえん)といいます。

なかなかゴホゴホが落ち着かず、
涙を流しながらむせていました…。
結構なゴホゴホでした。
色んな人に、あの人大丈夫かなあっておもわれたかもしれない。むせすぎて泣いてたし。

3分後くらいから落ち着いて、普通にコーヒーフロートを味わうことができました。

美味しかったです。


最近すごく誤嚥しやすいんですよね。(まるで年寄り)
飲むタイミングを掴みあぐねて、そのまま失敗しちゃう繰り返しです。(26歳女性)
なんで誤嚥が起きるのでしょうか?
むむむ。。。



さて。



みかんせいのくだもの、毎日楽しい稽古をしておりまする!


こんなのとか


こんなのとか!

和気藹々やっております!!

みんなで考えて作るお芝居、勉強になります、そしてたのしい!*(^o^)/*


それでは本日も気合いいれて、
稽古がんばりまーす!*(^o^)/*





誤嚥の報告でした*(^o^)/*








plasmamikan