[ 2016年12月 ]

2016年12月19日19:35
こんにちは、師走を駆ける日々、せせらぎです。
遅くなりましたが、二月病さんの公演が終わりました。ご来場くださった皆様、応援メールくださった皆様、支えてくれた劇団員にSMAP、本当にありがとうございました。

たくさん勉強がありました、初めて行ったいただく演出にドキドキ稽古して、本番いい緊張感で全回臨めて、なんならマジ皆は若いけどワシだけ隙を見て寝まくった体力の落ちを感じる日々…
まるで、27時間TVのSMAPのライブの中居くんのような。

さて、12月になりました。
皆様はどんな12月ですか?
私は今年はやたらとイルミネーションを見ている気がします。なぜなら御堂筋を残業がない日は会社からずっと難波まで歩いていて。すごい、綺麗で。
黄、青、ピンクの電飾に木の緑やサンタの赤。
まるでSMAPの5色ですね。

しかし、早いものであと2週間ないじゃないですか!
え?何って?SMAP×SMAPの終わり?
違いますよもぉー、2016年の終・わ・り

あ!そうだ、うちの座長が来年はブイブイ人気なのですよ!
皆さん、是非太陽族さん観に行ってくださいな!⬇⬇

http://plasma-mikan.com/news/201612081495/

稽古の話を聞くたび、どんなミュージカルになるのかワクワクです!オーディエンスとなりに私は今から胸を踊らせています。
胸が踊る、まるで、SMAPライブのようです!

そろそろ皆さんに闇すぎやろ、と呆れられそうなので終わります。

というか、こんなに毎日全てに上の空、軽くヤバイ。

あ、軽くヤバイって言えば……



せせらぎ
plasmamikan
2016年12月08日00:21
中嶋です。

今日は、舞台監督としていつもお世話になっている西野真梨子ちゃんがアジトに遊びに来てくれました!(もとい呼び出しました!)

image


ついでに、前々から稽古場に欲しいと思っていた木材保管用の棚を一緒に作りました!(ほとんど真梨ちゃんが作業してたとかは内緒!)

思えば、2016年は劇団で稽古場革命が起こった1年でもありました。

少し振り返ってみます。

🍊2015年冬
タタキ場として借りていた倉庫が、諸事情により移転を迫られる。

同時期に、稽古で借りていた公共施設が軒並み閉館になったことと、美術を担当していたやっしーの退団が濃厚になってきていたことから、タタキ場よりも、稽古場を持つ方が有意義なのではないか?という話になる。

★旧アジト(タタキ場)

image

(ここもかつてコンクリート敷いたり、なんやかんやと使いやすく改装していた。)

★新アジト
image

(床面ドロドロ)

🍊2016年1月
新倉庫の床面改装&移転
image

(パンチは自分たちで敷く。)

image
(移転完了!)

🍊2016年2月
稽古場として新稼働。
しかし、天井からの冷気と底冷えで凍えながらのオープン稽古。

image


🍊2016年6月
本公演稽古開始。
今度は天井熱で室内高温化。この温度で稽古が出来るのか?と、不穏な空気に…。

🍊2016年7月
冷房設置を決断。見積り依頼するも、エアコンに耐えうる電力供給がないことが判明。泣く泣く、電気工事もお願いする。
工事費が高額で完全に予算オーバー。
しかし運良く知人から冷房を譲ってもらえることになり、なんとかエアコン設置が可能に。受取のために、せせらぎと深夜にドライブしたね…。

image


🍊2016年8月
再び問題発生。
夏も本格化し、冷房1台では地熱と天井熱に太刀打ち出来なくなり、エアコン最低温度で稼働させても室内が40度近くなる。稽古中に熱中症続出。外の方が涼しい。

リフォーム屋さんに泣き付いて、自力で天井断熱をする方法を教えて貰う。
廃材の発泡スチロールを譲り受け、稽古後、女子3人で夜な夜な天井断熱作業を行う。(半分)

image

(度重なる出費で銀シートが買えず、泣く泣くブルーシートで断熱したの…)

しかしこれでやっと、室温が29度くらいまで下がる!

🍊2016年11月。
残りの半分、断熱処理。
さーやが東京に行ってしまったので、せせらぎと3日間かけて2人で作業。宅配業者が見つけられないという事件もあり、同時進行で立て看板も作ってます。

image


🍊2016年12月
西野真梨子ちゃんの力を借りて、木材保管棚&更衣スペースを設置。

木材で棚作ったら、保管する木材がなくなった…なーんて。

image


1年掛けて、やっと!やっと、使えるエエ感じの稽古場に仕上がりました。


しかし、おかげで劇団のお財布もスッカラカン。今の人数で所有するには、現段階ではあまりにも費用対効果が薄く、稽古場を所有しているが故に公演が打てない…なんてジレンマも抱えていたりします。これ結構死活問題。本当はあと3人くらいメンバーがいないと成立しない。。

劇団大阪新撰組さんのスタジオガリバーや、浪花グランドロマンさんのユシェット座のようなアトリエにずっと憧れていました。

2つと比べると、立地も良くないですし、公演が打てる程のスペックはないのですが、創作環境としてはとっても快適です。特にプラみかのような作劇方法だと、稽古場の有る無しは全然違います。

やっと手に入れた大事な城を手放さなくて済むように、しっかり稼働させていきたいと思います!

新メンバーも、オープン稽古参加者も、随時募集しておりますよ〜!

image


image



plasmamikan