[ 2019年07月 ]

2019年07月04日16:35
201905_AWHOMIKA_OSAKA-517


やっとこさ「あうみか#1」「プラズマみかんのえんげき会」の振り返り。

「イオンでいいや」という、地方と大阪、大阪と東京の狭間でモヤモヤする人たちのお芝居を作りました。基本軸は大阪に。大阪って都市なの地方なの何なの?な感じ。

作品の題材に沿って、大阪・東京・神戸の3都市ツアー。なかなか欲張って13ステージやりました。

大阪・東京は東京のユニットAhwoooと。
2年ぶりに一緒にやりましたが、前回より増してファミリー感が強まって、アイデアの幅が広がったなぁという感じです。

IMG_9172


劇団やユニットのあり方やコンセプトは、準備をしていると全然違ったりするのですが、作品を並べてみると不思議と一本筋が通るのが爽快です。

今回は、題材だけを統一して書く、という手法で書きました。最初はAhwoooの「おにがしま」のスピンオフを作る!という試みだったのですが、途中から好きに走り始めてしまい、今回の感じになりました。でもお互い書くにあたって、日頃気になっていることを話したりする時間を取っていて、それはとても刺激的な時間でした。

まるで親戚のような、お盆と正月になると会える家族のような仲間が増えたのは、とても心強く、嬉しいです。

IMG_9298


実は東京での公演をするモチベーションは自分にとってとても見出だし辛い部分があり、正直なところ今でもそれはあります。東京で人気者になるとか、動員1000人達成する夢とか持てないし、テレビな業界にスカウトされるとか?いや多分詐欺だと思って逃げるし。

じゃあホームの大阪が居心地良いのかと言われると、これまた居心地悪い。自分の居場所が無いとか思っている実は。既に自分がやらずとも面白いお芝居たくさんあるし、お客さんは満足してそうな感じがする。

この、どこにも落ち着けない不安定さをお芝居に乗せて。逆に落ち着いてしまっている人、本当に大丈夫?みたいな、ピピピって笛を吹いてみる感じで。

これを成し遂げる!みたいな明確なことは持って行かなかったけど、大阪で、東京で、神戸でそれぞれの、この「居場所の無さ」の反応を貰えたのはとてもとても良かったです。

きっと、「私の暮らすまちと居場所」についての芝居はまだまだ作っていきたいので、これを大阪じゃない場所でも上演して反応をみていきたい、それを持ち帰ってまた芝居を作りたい、というのが今後のモチベーションになればいいかなと。

言うのは簡単で、実際に知らない地に行くととにかく集客に苦戦してしまうのですが!ここは今後の課題ですね。行けばいいってもんでもなく。

とても楽しい旅でした。

おつかれさま



plasmamikan
2019年07月01日22:23
梅雨のジメッとした日々が続きます、いかがお過ごしでしょう?せせらぎです。

5月、『あうみか♯1』が大阪・東京公演を終え、6月8日(土)神戸・鈴蘭台のカフェLEGATOにて『イオンでいいや』は大千秋楽を迎えました。
前回の『誰の、ベア?』に続き多くの神戸の方に来ていただけての公演となりました。
大阪公演から約1ヶ月後に最終公演をしたわけですが、改めて『体に馴染んだ台詞の持つ自由さ』が身に染みました。本当に、正直、東京公演がやっていて良い余裕がありました。その余裕は時として『慣れ』になり、再現性という点では徐々に芝居を腐らせもする危険なものではあるのですが。ですが、座組3人で『慣れきってはいけない』と危険視していたのでしょう、互いに互いの芝居のスピードなどを公演を終えるたび『あそこは慣れで言っていないか』など気付きを言い合っていました。
江戸さんには改めて、私たちプラズマみかんとしっかり手を、いや肩を組んでくれて感謝しかありません。
いいスクラムを組めた座組みでした。
課題もあります、でも『あぁまたやりたい!』そんな気持ちで終われた良い公演になったと思います。
改めて、ご来場くださった皆様、応援してたよっていってくださる皆様、東京で始めて見たよっていう始めましてなお客様、ありがとうございました!

おつかれさま


せせらぎは6月、神戸を終え、6月22日奈良の演劇サークル『集』さんにまた出演させていただきました。(ヅラをかぶりました)

ロン毛


人生でこんなに髪長いことはなかったからその時は嬉しくて地撮りしました。でも一瞬でしたがあんなに大変なんですね長い髪って。台詞言いながら何度髪を食べたか。でも一回くらいポニーテール、やってみたいものです。いつか自分にも合うロン毛を見つけたらロン毛になろうと思います。

そして、先週の6月26日〜29日は浪花グランドロマンさんの公演『舞え舞えかたつむり』の音響オペで参加させていただいておりました。別役実の作品とは思えないくらいスッと落ちてくるお話でした。だからその分役者の『加減』が難しい本だなと思い観ていました。分かりやすくを役者が演技で少しでも過剰にした瞬間にこのお話の怖さがなくなる。もともと実際にあった死体バラバラ事件を元に描かれたお話で、現実ではやるせない殺人動機があった。けど作中ではその動機は別役さんの作った虚構で描かれていた。
でも、滲んでくる、女が夫との間に捩れていったその本当の原因が。面白い。
プラズマみかんは今劇団員2人だし、こんなヒリヒリする2人芝居できたら楽しいだろうな。
中嶋と一緒に固唾を飲む2人芝居がしたくなった。

はぁん、また長々となってきた!ですがここで告知を!!!
なんと今年で4年目になります、今年の夏も嬉しくもあみゅーず・とらいあんぐるさんのリーディング公演に出演をさせていただけることになりました!

♪委詳しくはHPのお知らせページを更新しましたので見てください♪
http://plasma-mikan.com/news/201907012657/

今回声を大にして言いたい。
私、すごくいい役もらってます!!
自分でも『やりたいっ!!』って思っていた役をいただけまして、嬉しい。。

しかもね、個人的に思うのです。

せせらぎ至上一番かわいい娘さん役じゃないか?
ご期待いただいてもいいかと。

そして、今回やる3本は全部粒ぞろいで面白いのですが、私は個人的に2本目の本が大好き!
特に同世代〜少し上の女性ががっつり胸を掴まれる作品ではないでしょうか。
今年も是非あみゅーずさんのリーディングをチェックしてみてください♪

最後に昨日やっと『実写 アラジン』を観ましたよ。すごいなぁ、ディズニーは。ウィル・スミスだってむっちゃジーニーになるんだもんなぁ。感想が『すげぇ面白かった』しか出ないので唯一気になったことだけを書きますとね。
なんでディズニーってアニメではポンコツ(失礼)なパパを実写化ではイケてるオヤジにするのだろう。。謎です。

ではでは。
アナタの最高のトモダチ、せせらぎでした。
plasmamikan