4月20日   Mistic Sentense

どういう入力法だとそうなるのだ。


スーパーの掲示板に、母の日に向けて
「お母さんの似顔絵」を募集する旨の告知ポスターが貼られていたのですが、
その縁取りで描かれていたイラストの花の茎に明らかにトゲがありました。
これはバラではないのか。
母の日なのだしカーネーションの絵のほうが適切ではないのか。
いや、まあ僕が知らないだけでトゲのあるカーネーションもあるのかもしれないけど、
そんな特殊なものをわざわざ選んでここで使う理由はやはり無いはずだろう。
どうした。カーネーションの絵のフリー素材が見つからなかったか。
だからバラの絵で代用するしかなかったか。
そんなはずもないと思うのだが。ちょっと検索すればすぐ見つかると思うのだが。

その店ではラーメンのポップが「ラアメエン」になっていたことがあるので、
それと同じ人が今回も担当したのならば
「カネエイシヨン」のような検索ワードにしてしまい見つからなかった可能性もある。
いやそれでも出るとは思うのだが。もしかして、ってあちらがフォローしてくれると思うのだが。

4月20日 慧眼ではあった 

「水商売のスカウトに勧誘されてる人を見た」
「俺もなぜかオカマバーにスカウトされたことあるなあ。
 倒錯してるのは間違いないですけど種類が違います、って断った」

なんて会話だ。

4月19日   Bottle Necking

通常状態でも苦痛なのに。


夜、風呂上がりに家の裏にある自販機へお茶を買いに行ったのですが、
運悪く目当ての商品が売り切れてしまっていました。
ううむ、妥協して別のものを買うか、
面倒でも少し離れたところにある別の自販機まで
当初の予定通りお茶を買いに行くか、悩みどころだな。
いや、別に「絶対あのお茶じゃないとダメ」みたいな話でもないのだが、
あいにくこの自販機にあるお茶はこの1種類だけであり、
風呂上がりに冷たいお茶が飲みたいな、と思って出てきた以上は
ジュースやコーヒーじゃちょっと気分が違うのだ。難しい選択だ。

お茶は1種類と言ったが、正確にはもう1種類、温かいミルクティーがあった。
自分もお茶なのに無視された、と気を悪くしたなら申し訳ない。
でも僕は風呂上がりに温かいミルクティーを飲むような
なんというかお嬢様気質な感じは持ち合わせていない。
持ち合わせてたとしてもお嬢様気質を発揮した状態のオッサンに飲まれるのは
たぶん無視されるよりはるかに気が悪いと思う。なので堪えて欲しい。

↑このページのトップヘ