10月24日   Proud Looser

結局またカツの話に。


「牛乳に合う菓子パンランキング」についてのネット記事を見たのですが、
「甘くない系の菓子パンで一番合うのはカレーパン」と述べられていました。
ほう、と思って参照元のアンケートを見てみたところ、
それは甘い系も甘くない系も一緒くたにしたランキングであり、
絶対王者あんパンを筆頭にメロンパンやドーナツなど
上位にひしめくのは甘い系の菓子パンばかり、
カレーパンは10位あたりにやっと滑り込んでくる、という感じで、
ふむ、確かに甘くない系パンの中ではカレーパンが最も順位が高いが、
しかしこれをもって「甘くない系ではカレーパンが1位」と断じてしまっていいのだろうか、と
ちょっと疑問を抱いた次第なのです。
これは得票数の話になってくる。
全体で何票が投じられたのかはわからないが、
おそらくこのランキング、1位のあんパンがぶっちぎりの得票数であり、
2位以下は残された少ない票を分け合っている様相だろう。
そうなると10位も20位も得票数に大した違いは無いはず、
下手をしたら1票差がつくだけで順位が2つも3つも変わる、ということすらありえる。
そんな状態で「実質1位」を名乗ることが果たして許されるのだろうか。
他の甘くない系パンたちが黙っていないのではないか。
お題を「甘くない系の菓子パン」に絞って改めてアンケートを採るべき、
決選投票を行うべき、と言えるのではないか。どうなのか。

と思ったが、確かに言われてみると甘くない系のパンで
牛乳に合いそうなものはあまり思いつかない。
ホットドッグもハンバーガーもカツサンドもピザトーストも
合わないとは言わないがカレーパンに及んでいるとも考えにくい。
決選投票をやったところでどうせ結果は同じ、
負けるとわかってる勝負に彼らを引きずり出し要らぬ恥をかかせてしまうだけなのかもしれない。
負けるためにわざわざ出てくるカツサンドなんてもはやマケサンドなのかもしれない。

10月24日 目視のみでそこそこやれる

「このゲームはBGMがかっこいいのが魅力だ」 
「俺テレビとか見ながらゲームするから音出さないんだよなー、
 だからリズムゲームなんかはちょっと苦手だわ」

ちょっとで済むのかなんだその無駄な才能。

10月18日   Vanilla Beans

食べなくてもたまにあるけど食べると確実になるか。


試験や試合など、重要な勝負事に臨む前に縁起を担いで食べる物といえば
「テキにカツ」ということでステーキとトンカツが今も昔も定番ですが、
そろそろそれ以外の新しい食べ物が加わってもいいのではないか、と思うのです。
なにしろステーキもトンカツもかなり重い食べ物だ。
美味しいし元気が出るのは間違いないだろうが、前日の夜に食べて
消化しきれず胃もたれなどしてしまって寝不足になり、
そのせいで大事な勝負の前に体調を崩すのでは本末転倒もいいところだろう。
「テキにカツ」が何年前に生まれた言葉なのかは知らないが、
現代の食材や料理の種類が当時より大幅に増えているのは間違いない。
もっと軽いもので。それでいて縁起のいい名前で。
そういう条件に適合するものがある可能性は決して低くないはずだ。

たとえば「ガルバンゾー」などはどうだろう。
「頑張るぞー」に通じて勝負事に縁起が良さそうだし、
豆だからテキやカツのような肉料理よりヘルシーだ。良いのではないか。どうか。
あくまで「ガルバンゾー」であって「頑張るぞー」ではないので
それを混同するのは文字の順番を誤認してるのと同じ、
そんなもん食ったら試験でも回答欄の順番を間違えたりする、という考え方もできてしまうか。
試験が終わってその日の夜にベッドへ入ってから
「もしかして回答欄1個ずつ全部ずらして書いたのでは」という疑念に苛まれ
結局眠れなくなるか。試験の前に眠れないよりはまだマシだけどもか。

↑このページのトップヘ