8月23日   Automatic Chain

念。


100円ショップにあったヘアカラースプレーの注意書きに、
「入浴しないでください」と書かれていました。
もう少し表現方法は無かったか。
所詮100円だし防水性までは保証できず
風呂なんか入ってしまったら一発で落ちるだろうというのは理解できるが、
「入浴すると色落ちするおそれがあります」とか何なりと書き方があったはずだ。
これでは一度この商品を使ったが最後、
一生風呂に入る事ができなくなってしまうかのよう、
そういう誓約を結ばされてしまうかのようだ。
さすがに100円のグッズのためにそんな厳しい縛りの誓約はできない。

縛りが厳しければ厳しいほど強力な能力が使えるようになる世界なら
これは相当強いと思うけど、いくら強くても臭いのではあまり人気が出ない。
悲壮感が無い。そのくせ髪だけきっちり色ついてるから求道者っぽくもならない。

8月22日   Extreme Riding

全員そうなはずだ。


牛丼屋さんの駐輪場に、ピザ屋さんの宅配バイクが駐まっているのを見ました。
どういう状況だろうか。
一分一秒を争うであろう宅配に向かう途中に
「なんかお腹空いたな」って立ち寄ってるとは考えにくいし、
宅配を終えてお店に戻る途中ということだろうか。
宅配が終わったとしても依然として勤務中であるはずだが、
サボりだとかちょうど休憩時間になったとかであればありえない話でもないだろうか。
あるいは、そもそも配達中のピザ屋さんではなく
中古品か何かを入手してプライベートでこのバイクに乗ってる、という人が
単に牛丼を食べに来てると考えるべきだろうか。
そんな人そうそういない気がするが、でもそれが一番自然な可能性だろうか。

ピザ屋さんによっては注文時にお願いしておくと
宅配の途中でコンビニとか寄って飲み物などを買ってきてくれたりするサービスがあるので、
誰かがそれを利用して牛丼を頼んだ、という可能性も思いついたが、
それは今まで考えた説の中で一番ありえない気がする。
今からピザを食おうとする人間が牛丼を頼んでどうするんだ。
ピザを頼んでから届くまでの時間はピザのことで頭がいっぱいなはずだ。
ワクワクが止まらなくて他のことなど考えられないはずだ。宅配ピザというのはそういうものだ。

↑このページのトップヘ