8月6日  Secret History

偲んであげてほしい。


猛暑の影響か、人家付近でサルやクマが多く目撃されているので
充分に注意するように、という情報がローカルニュースで報じられていました。
特にお盆ということで、墓参りの際にお供え物を置いたままにすると
動物のエサになってしまうため必ず持ち帰るように、と注意喚起されていて、
全くその通りだな、そんなにすぐ撤去したんじゃ
ご先祖様が召し上がれてないかもしれない、と考える人もいるかもしれないが、
仮にそうだとしても、お供えを諦めるか、
それとも動物や虫に全身たかられるか、の二択なら
ご先祖様だって前者を選ぶはずだ、必ず持ち帰るべきだ、と感じた次第です。

生前に動物や虫にたかられるのを喜ぶタイプだったご先祖様なら
あるいは別に構わないのかもしれないが、
墓参りのときにどうかそんなことは思い出さないであげてほしい。
親戚一同であれこれ言わないであげてほしい。若い世代に伝えないでほしい。

8月5日  Strange Ball 余ったときに調べるべきだった。 そうめん料理のレパートリーの幅を広げるべく ひとつソーミンチャンプルーにでもチャレンジしてみようか、と思い ネットでレシピを検索したのですが、 やたらと「難しい」「何回やっても上手くできない」といった情報に行き当たりました。 ふうむ、要するに炒め物にそうめんをぶち込むだけであろう、 何をそんな難しいことがあるのか、と不思議に思ったのですが、 細いそうめんは炒めるとすぐにダマになったり伸びきったりしてしまうので 沖縄料理のお店などでは業務用ならではの超火力をうまく利用したり 氷水でギチギチに締めるなどしっかり下処理したそうめんを使ったりと工夫している、 家で素人が焼きそばを作るような感覚で調理すると まず間違いなく失敗する、というような次第であるらしく、 それは知らなかったな、何も情報を得ずに勘で作っていたら僕も失敗していたのだろう、 事前に調べておいてよかった、僕の先見性は素晴らしい、と思った次第なのです。 でもその後そうめんを買いに行ったところ、 特売品だったせいで売り切れていたので、 その情報も事前に調べておくべきだった、と思ったのです。 僕の先見性は中途半端だ。むしろレシピを調べたせいで 完全にそうめんの口になってたのにこれは調べないほうがマシだったぐらいだ。

↑このページのトップヘ