2005年05月

5月31日  The First to Do It

勘弁。


偏食に関しては無いほうであろう、ということを自負しているわけですが、
その中にあって貝の類だけはいまだに食すことができません。
世界創生の時代を覗き見ることができるならば、
神様が「貝あれ」と言う瞬間に口をムグッって塞いでやりたいぐらいです。ムグッて。

とは言うものの、それこそ故郷の滋賀県にいた間は
この偏食で実害が生じたようなことはありませんでした。
なぜなら滋賀県は海に面していない県、
滋賀や奈良や長野に無いものなーんだ、な県でしたから、
かしこまった席などで貝の類が出てくるという機会などそう無かったわけです。

しかし、だからこそ、と言いましょうか、
現在の僕が拠点を置く北陸、日本海側というのは
当たり前ですが故郷の滋賀県よりもはるかに魚介類が豊富ですので、
滋賀では考えもよらなかったような貝の奇襲攻撃を受けることもしばしばです。

今日なども、千載一遇のお買い得チャンスということで
わざわざ少し遠くのスーパーまで足を伸ばしてみたところ、
駐車場に焼きハマの屋台が出ていたので即刻Uターンしてきたほどなのです。
ああも当たり前に焼きハマの屋台が出ていることなど滋賀県では考えられず、
僕からすれば馴染みの無い匂い×不意打ちのダブルパンチだと言えるのです。
もちろんここまで重篤な拒否反応を示す愚か者は僕ぐらいなものでしょうが、
それにしたって、もうちょっとなんとかならんもんでしょうか。そう、言うなれば。

いくら宣伝効果があるとはいえ、あんなに貝の匂いを撒き散らしてええのんカイー!

遠出したのに安売りの目的が達せられなかったので、僕はとても疲れています。


5月30日  Gothic Horror

わかる人だけわかれ。


ちょっと小難しい資料を読み解かなくてはならなかったため
最大限わかりやすく解説してくれるサイトを探していたのです。
基本、物を知らない子です。ジョウソウ教育も偉い人への教育かと思ってました。

で、良さげなサイトも見つかり、おかげで快調に読み進めることができたのですが、
そのサイトさんの特徴というのでしょうか、
例を出す際、「AさんとBさんが」みたいに言ってくれればいいものを、
「たろべえさんとじろべえさんが」という感じの言い回しになっていたのです。

僕の中で「たろべえ」といえば「たろべえはタンポコタン」以外ありません。
なので、文中に「たろべえ」が出てくるたび
不本意にも頭の中では「そう言う者こそタンポコタン」がリフレインしてしまい、
資料を読み切っても頭の中には何一つ残りませんでした。

だというのに、なんなのでしょう、このものすごい満足感は。


5月29日   Nice to Meet Meat

日付変わったのにまだ匂ってくる。


うちから歩いて1分の距離に焼肉屋がございまして、
これがいつ見てもCLOSEDなものですから
てっきり潰れて夜逃げ屋本舗なのだろうなと思っていたわけです。

しかし今日の夕方頃、おつとめ品を入手すべくスーパーへ向かう道すがら、
その焼肉屋の横を通るとすさまじく良い匂いが漂ってきたのです。
「なんと、潰れてはいなかったのであろうか?
 それにしても空きっ腹にこの匂いは業務上過失だなあ」とばかり
僕はひょいとお店の正面に回ってみました。

ところが不思議なことに、看板はCLOSEDのまま、
照明なども一切ついておらず、どう見ても営業しているようには思えませんでした。
だとするとこの紛うことなき焼肉の良い匂い、
お店の煙突のような部分から漂うこの匂いはいったいどういうことなのでしょうか。

A:元店員が時々忍び込んで、良い設備で肉を楽しんでいる
B:実は真っ暗闇の中で肉を食べる趣向の店だ
C:亡霊が焼肉を嗜んでいる

どれもこれもイヤすぎます。うちから徒歩1分の場所に、そんな。


5月28日  Ready Lady

なんだこの締めかた。


たとえばオシャレなカッフェテリーアやなんかを紹介するとき、
「若い女性に人気」という言葉がよくくっついています。
翻ってお安くボリュームのある定食屋さんが紹介されるような場合、
これは「サラリーマンに人気」という修飾がなされていることが多いでしょう。

しかし、ちょっと待ってくださいませ。
オジサンサラリーマンがオシャレを求めたっていいじゃないですか。
女子大生やOLが安さとボリュームを求めたって構わないじゃないですか。
オシャレならば女性、安ければサラリーマンに向いたお店、と
一発で断じてしまうのはちょっと軽挙に過ぎるような気がします。

きっと、赤ん坊や仔犬を見て「可愛いね」と言うのと同じぐらいの無難さでもって
オシャレなお店には「女性に人気」と言っているに違いありません。
もしオシャレで安くてボリュームもあるお店が見つかったとしたら、
もはや「若い女装趣味のサラリーマンに人気」と煽るしかないでしょう。

ですから、「若い女性に人気」「サラリーマンに人気」というのは
良いお店の証明などであろうはずがありません。
真に良いお店というのは、「みんなに人気」であるべきで、
老若男女、どの層の誰もがこぞって訪れるお店であるべきなのです。
そこには若い女性もオジサンサラリーマンもないに違いないでしょう。
本当の人気ってそういうものであるはずなのに。
そうして、みんな、手を繋げばいいのに…!


5月27日  Quality Plus Variety

興味の無い人にわからない話をする日。


さて、「半熟英雄4~7人の半熟英雄~」です。
もうパッケージからしてモロにFFのパロディで、大変に面白そうでございます。

0時売りという、我々夜型人間(ミディアン)に優しいお店の配慮で
何の問題もなく手に入れることができたのですが、
私事により少々忙しく、しばらくは腰を据えてプレイできそうにありません。
渡る世間は鬼ばかり、オチャもワカサナイ駄目な鬼ばかりだと思います。

すでにプレイしている方々の話を聞く限り、
面白くはありましたが中途半端感が拭いきれなかった前作に比べて
笑いもシステムも格段に練り込まれている傑作だということです。

手をつけることのできない僕からすれば
これは期待を高めるなというほうが無理な相談でございまして、
時間がとれてプレイできるその日がいやがうえにも楽しみになるわけです。
なぜなら外的要因によって焦らされるだけ焦らされてから
長い期間を経てようやくまみえることができたとき、
その対象を想う気持ちはこの上無く昂ぶり燃え上がるに違いないでしょう。
そう、それはまるで遠距離恋愛のように。

遠距離恋愛の場合、会えるようになった頃には
「あれ?なんであんなに好きだったんだっけ?」ってなることも多いのが心配です。


5月26日   Bamboo Pine

味音痴。


ダイドー復刻堂のパインサイダーが実に美味しかったので、
そのハジケるみずみずしさと爽やかさ、
そしてパインにしか出せないフルーティな甘酸っぱさを
どのようにしてここで伝えてやろうか、
どうやってこの素晴らしい味を誇示してやろうかと思っていたのですが、
今ラベルを見てみたら無果汁だったので世界など滅べばいいと思います。


5月25日  Drunk Beast

寝て起きたら絶対もう覚えてない。


韓国焼酎チャミスルのCMを見る限り、
外国の話をするには人気俳優とお酒を両方知っていないといけないらしいので、
じゃあキューバのラムが飲みたくなったときは
キューバの俳優を知ってないと飲んじゃダメなのかよ、と憤りながら
ちょっと調べてみたらホルヘ・ペルゴリーヤさんが人気みたいです。

そうやって日々一つずつ賢くなってゆく僕なのです。


5月24日  The Best Boy

僕の元気。


コース料理を食べる際にはフォークとナイフは外側から、ぐらいの勢いで
ビスコを食べる際にはビスケットを剥がしてクリームを舐める、というのが
厳然たるマナーとして僕の中に存在しているわけです。

しかし、さすがにもう僕もオッサンですので
そうそうビスコを食べる機会などはございません。
買い物カゴに入れるのが恥ずかしくてはばかられる、というのはもちろんですが、
「おいしくてつよくなる」と言われても、これ以上妄想癖が強くなっては困るのです。

ということで久しくビスコを剥がして食べる感覚から遠ざかっていたのですが、
アサヒバランスアップのクリームチーズブランが
ビスコと同じ構造になっているということに偶然気付いたため、
今僕の体内では食物繊維や鉄分がかなり高まっています。やばい止まらない。


5月23日   Crying Stream

脆いほうではないはずなんだけど桜の話が超いい話で。


ドキュメンタリー番組を見ていたら、
「男はやたらと泣くものではない」的なお話が紹介されていました。

家庭が不和になっても近しい人物が亡くなっても
涙を流すことなく御仕事を頑張り続けて、
それが成ったときに一生分泣いた、という男のエピソードでした。
ベタといえばまあベタな、時代錯誤感さえある話ではあるのですが、
制作側の思うつぼに「うひゃあ、カッコエエー」と感じた僕は、
もはやよほどのことでなければ泣くまい、と気持ちを固めたのです。

でも考えてみたら僕は先週の探偵ナイトスクープで泣いたので早くも失格です。


5月22日  Chicken and Wild Kid

そんな異様な展開になった会話を恨む。


「コケの一念、岩をも通す」ということわざがあります。
愚かで無力な者でも意思を持って事に当たれば
大きな仕事も為せるであろう、という、僕みたいな人間に優しいことわざです。

このことわざにおける「コケ」というのは、
仏教用語で嘘や愚かさを表す「虚仮」のことを指しています。
「こけおどし」とか「こけにする」などにその用法が残っていますね。
ですからこのことわざと、植物の「苔」は、全くの無関係です。

以上のようなことを電話口で説明する展開になったのですが、
そのときは仏教のほうの虚仮をどのように説明すべきかが咄嗟に出てこず、
「コ、コケ、コケコケ、コケ」と死にかけのニワトリのようになってしまったので
そういう僕の可愛らしさを十二分に感じればいいんじゃないかと思います。


5月21日  Goldenl Method

見る側がいつ見るかの話だしね。


テレビ番組は深夜からゴールデンに上がると
途端につまらなくなる、などといいます。

大胆なことができなくなるからでしょうか、
あるいはより迎合しようとするきらいがあるからでしょうか。
もちろんそういう理由もあるとは思いますが、
個人的には「自分しか知らない」が「みんな知ってる」に変わってしまうがゆえの、
独占欲に拠った、要するに気分の問題が大きいのではないかと考えます。
ほら、洋画とか再放送とか、浅い時間だったらチャンネル合わさないようなものも
たまたま深夜にやってるのを見ると妙に面白いでしょう。
つまり、全く同じ番組であっても、
ゴールデンに放送するより深夜に放送したほうが面白く感じるのです。

ということで、9時10時の時間帯に更新するのではなく
日付が変わってからの深い時間に更新した
今日の日記はすごく面白いと思うのですよ。ドウダ!

このレベルじゃそもそもゴールデンに上がらないだろうから
比較対象のしようがないだろう、とか言ってはなりません。


5月20日   Pianissimo Man

看護師さんのそれに飛びつくのだろうな。


イギリスの海岸で保護された記憶喪失の男性「ピアノマン」が
全世界の注目を集めています。

終始怯えた様子で言葉を発することもなく、
身元を特定できるような手がかりといえばただ一点、
ピアノの前に座らされると、まるで憑かれでもしたかように
プロ並みの腕前で旋律を奏で始めることだけだそうです。
このことから、彼は何か音楽に携わっている職業の人ではないか、
あるいはクラシック音楽に造詣が深かったり
過去にピアノで名を揚げたことのある人ではないか、という推察がなされています。

たぶん僕が記憶喪失になったら「袖余りマン」と名付けられるに違いありません。


5月19日  Super Star

老いも若きも危険球。


朝からひっきりなしに強風・突風が吹き荒れておりますが、
こういうのを気象用語で「メイストーム」と呼ぶのだそうです。

横文字でなんだかカッコヨロシイとは思いますけれども、
パッと聞いた時によくわからないのでは意味がありませんから
あまり安易に耳慣れない単語を使わないでほしいものです。
僕などてっきり、ロカビリー旋風とかピンクレディー旋風みたいな感じで
ダレル・メイさんが大流行しているのかと思いましたよ!

思ってません。嘘をつきました。


5月18日  Personal Garden

家のカギとかもわりと開けてるしね。


歌手の平井堅さんのお宅に空き巣が入り、
パソコンを盗まれたのだそうです。お見舞いを申し上げます。
たぶん瞳を閉じっぱなしにしていて無用心だったせいだと思います。(不謹慎)

こういうお話を聞くと「僕のパソコンが盗まれたらどうしよう」という考えに至ります。
わざわざこんな小汚くて古いパソコンを盗みに入る者もいないとは思いますが、
我が家にあるもので購入時に最も高価だったものは
一応これということになってしまうので油断できません。
所持品の中でさらに価値の高いものとしては僕のハートがありますが、
空き巣というぐらいですから犯行時にはそれは家に無いのです。安心です。

もしも僕のパソコンが盗まれて、見知らぬ人間に中身を見られてしまったとしたら、
それはもう捜査へやってきた警察さんに
「逮捕とか別にいいですから警棒でぶん殴って犯人の記憶を消してください」
と頼み込まなくてはなりません。
愚かな日記を数年分も蓄積し続けていることはもちろん、
卒論をはじめとするマジメな文章もすべて愚かであること、
保存している桃色画像が著しく着衣物に偏っていること、
マインスイーパの記録が死ぬほどヘボいことなどが全部バレてしまうのです。
そんなことになってたまるものですか、なんて恐ろしい!

今のでだいたいバラした気がします。盗まれてももう怖くないかもしれません。


5月17日   Falling Colorful Star

余所にもあるのかしら。


僕の地元の運動会には「満水リレー」という競技がありました。
スタート地点にある水をひしゃくですくい、
それをこぼさないように走っていって
15メートル先に置いてある一升瓶に注ぐ、というスリリングなレースです。

水を注いだらスタート地点へ取って返し、
次の走者へバトン代わりのひしゃくをリレーします。
それを何度も繰り返して、最も早く瓶が満水になったチームが勝ち、なわけですが、
途中段階でどの瓶により水が多いのか、遠目にもよくわかるよう
コースごとに違う色の染料が一升瓶に入れてありました。
つまりレース後半ともなると、横一列に並んだ一升瓶が
さながら虹のように鮮やかに染まってゆくわけで、
いやがうえにも興奮と「赤頑張れ、パールホワイト頑張れ」感が高まったものです。

咥えていた煙草を開けたばかりのサイダーのペットボトルに落としてしまい、
みるみるうちに黄色く染まってゆくサイダーをやたら冷静に眺めながら、
僕はそんなことを思い出していました。後ろの走者だったおばちゃん元気かなあ。


5月16日  Suddenly Yabu Burning Syndrome

通ですね。


お店でごはんを食べていたら、僕の後ろの席から
「LOVEがいいの!LOVEがすごく頑張ってるの!」
と必死で主張する若者の声が聞こえて、
なんだいなんだい、随分気持ちのいい主張じゃないかい、
でもそれはこんなうらびれたラーメン屋でする話なのかい、と思い
チラ見しながら耳を澄ませて聞いてみたら藪(アスレチックス)の話でした。

鼻が詰まってるのにニンニク料理はどうかと思いますよ!(八つ当たり)

5月15日  Beyond

シワとか鼻と唇の間の溝とか超くっきり。


近所の美容室からチラシが入っておりまして、
それはお店のスタイリストさん・アシスタントさん全員分の
似顔絵と一言コメントが描かれたものでした。

おそらくこうすることによって、明るさと親しみやすさをアピールし、
「楽しいお店だわ、是非アイパーを当てに行かなくちゃ」と
我々に感じさせようとする狙いがあると思うのですけれど、
その似顔絵というのがよくあるポップでマンガチックなものではなく、
アバンギャルドというかサイケデリックというか、
とにかく非常におどろおどろしいものに仕上がっておったわけです。

どれほど面妖な人間も、ああいう場合はかわいらしく描くのが鉄則のはずです。
芸術としては満点なのかもしれませんが、
広告としては完全なる失敗に違いないでしょう。
あんな妖怪変化どもにかかっては頭をどうされるかわかったものではありません。
どうにも恐ろしいチラシであるなあ、と思います。

そんなチラシが、うちのアパートの郵便受け全部から
べろりと覗いていて地獄絵図のようだったので「おぎゃあ」と思います。


5月14日   Not Only Beer but Also Tear

一本ぐらいならいいかしら。(破滅への道)


CMを観ていて気に留まったことなのですが、
現在サントリーさんのキャッチコピーは「水と生きる」のようです。

確かに水道水は非常に安価で手に入れることができる上、
その場のみのこととはいえお腹も効率良く膨れてくれます。
つまり水道水が月末を生き抜くための強い力になるので
「水と生きる」という考え方はとても良いことですね、と思いました。
さすがと申しましょうか、サントリーさん、いよっ、わかっていらっしゃる。

こんなにも褒めているのですから、
レジ前に山積みのビールで僕を誘惑するのはおやめください。
そんなお金は無いのでございます。これ以上水と生きたくなどないのでございます。


5月13日  Double Color Double Impact

検問の徒歩の人版みたいなやつ。


警察さんを見ると、なんともいえない不安感に襲われ
小さな胸がざわざわ騒いでしてしまいます。
悪いことしてないのに、なんなんでしょうね、小市民意識っていうんですか?

今日も、ぱっと曲がった道の先に
パンダさんのような車が赤色灯を静かに回しながら停まっていらっしゃって、
さらには何人ものポリスメンが
制服を誇示するかのように立っていらっしゃったのです。
それで思わず怯んでしまって、
曲がりかけた身体を戻して違う道を選んだのですけれども、
そっちを進んだ先にも同じように警察さんがいらっしゃったのですよ、これが。

で、そこで僕の思考はなぜか「どちらにも進めない」という決断を下してしまい、
「別に、普通に通りゃいいじゃねえか」と気付いたのは
すごすごと帰宅した後のことでした。
ここまで来ると日陰者意識も見事なものだと思います。


5月12日  Twinkle Stars

見張ってようか。


納豆についているカラシであるとか、
海苔巻についている醤油であるとか、
牛丼についている七味唐辛子であるとか、
そういう使わず残しておいた「付属の少量アイテム」が
どうにもこうにも台所のラックから溢れかえってきておるのです。
崇高なエコロジカル精神です。貧乏性なものですか。断じて。

こんなものには賞味期限も書いていませんから
古くなってしまってもずっと残してありますし、
また別の用途で使い道ができた時も
つい忘れて普通のカラシや醤油を使ってしまいます。
これではそのうち部屋中がカラシのパックに埋もれ、
10個が20個、100個が200個になって
やがて栗マンジュウのごとく地球を覆い尽くしてしまいます。なんて恐ろしい。

ということで、意を決してまとめて処分すべく
泣きながらそれらをゴミ袋に詰めてみたのですけれども、
パッと見「このアパート定食屋入ってんの?」な様相の袋に仕上がりました。
明日の朝、ゴミ処理業者さんの驚く顔が目に浮かびます。
あらまあ、サンタさんに扮するお父さんの気持ちってこんななのかしら?


5月11日   Soking of Cuty Fruits

着々。


親愛なる喫煙者の方々には周知の事実でありますが、
たとえば着火時の吸い込みが甘かったりして
一度火の消えてしまった煙草、
そいつにもう一度火をつけて吸うと、これは変な味がするわけです。

最近灰皿を買い換えてイマイチ使いこなせていないというのもありまして、
パソコンに向かったり本を読み漁ったり肌色の妄想をしたりというふうに
他のことに気を取られているうち、
灰皿に置いておいた、着けたばかりの煙草の火が
消えてしまっていることが最近よくあるわけです。

で、当然1割も減ってない煙草ですから
改めて火を着けて吸うようにしているのですけれども、
そんな経験を重ねすぎたせいでしょうか、
なんだか再着火した煙草を不味く感じなくなってきた、
というよりもむしろ、少し好きになってきたような気がするのです。
再着火何するものぞ、みたいな身体になったように思えるのです。

これは、あれですか。
シケモクを吸うレベルに落ちてもいいよう、身体が準備を始めたということですか。


5月10日  Cure Condition

余らせるわけですよ。


どんな長く見積もった連休も昨日で終わってしまいましたね。
超長期連休、あるいは飛び石の連休で呆けた身体にムチ打って、
職場でこのサイトをごらんくださってる方もおられるでしょう。
お願いですからお仕事をしてくださいませ。エロサイトよりタチが悪いですよ。

さて、久しぶりのお仕事・学業なれば、
その身に気合が入らないのも仕方ないことであろうかと思います。
ここは一つ、僕の闘魂注入法を伝授することにいたしましょう。

まず、自分の体格よりもやや大きめの長袖の服を着ます。

すでに読まれた気がするのはどういうわけですか。


5月9日  Red Splash

使うシチュエーションでこうも違うのだぞ、という。


母の日です。
思えば僕は母親に迷惑を掛けっぱなしです。
歳で言えば親を養えるようになっていなければいけないのに、
いまだに自分が生きるだけで精一杯というこの体たらく。

おおっぴらに感謝の言葉を伝えることのできる母の日に
面と向かって会うこともできないことも申し訳なさを手伝います。
せめてメールに乗せてこの気持ちをぶつけることにしましょう。
届け、僕のパケット通信!

「◆ ←カーネーション!と見せかけて、ひし形!」

とりあえずウケたみたいなのでオールオッケーだと思います。


5月8日   Food Fighter

おすそ分けするようなもんでもないしなあ。


梅干しとか、ごはんですよとか、
青菜の乾燥させたやつとか、
塩鮭ほぐしたやつの瓶詰めとか、
塩コンブ戻して甘辛く煮付けたようなやつとか、
そういう「ごはんのアテ」が見切り品でフェアみたいになってたので
嬉しくなって結構いっぱい買ってきたのです。

それで、ふと思って計算してみたのですけども、
どうやら今年の11月までに、
うちの実家で作る1年分の米を僕1人で食い尽くさないと
賞味期限に間に合わないことがわかりました。レッツゴー糖尿。


5月7日  Hello My World

ミッション系だとそうだったり、とかなのかしらん。


漫画やドラマなどを見ていると、
御嬢様学校では挨拶が「ごきげんよう」に統一されているように思います。
が、セレブリティ界隈とサイコロを振る番組以外で
「ごきげんよう」を頻繁に用いる可能性など、にわかには信じらないのです。

僕は誰もが振り向く端麗な容姿(「今のなんていう動物?」的視線)ですが、
残念ながら御嬢様ではないので実証を得る術がありません。
ここは矛盾を潰していく検証法で、
「ごきげんよう」以外の挨拶をいろいろ考えてみることにします。
そのどれも御嬢様学校にハマらなければ、
「ごきげんよう」で間違い無い、ということになるわけですね。

「こんにちはー」 → 普通の学生です。御嬢様っぽくありません。
「ちゃーす」 → 慣れてしまった普通の学生です。御嬢様っぽくありません。
「ハロー」 → ありえそうですがやはりまだ俗世っぽい感じです。
「おっす」 → それはそれでギャップがあって好きですが、違う気がします。
「オイッス」 → 長さんです。長さんは偉大ですが、あんな御嬢様はイヤです。
「ごきげんカルパッチョー」 → ベッキーさんです。御嬢様学校っぽくありません。
「イムイム~」 → それは龍が訪れる国でナァムがふざけた時の挨拶です。

挨拶とはなんであるか、というところからわからなくなってきたので検証終了。


5月6日  Valley Show

安かったのですよ。芋が。


僕は腐っても米農家の跡取り息子ですから、
最近の主食にはジャガイモをチョイスしています。背信です。

特に、バターで炒めたジャガイモが大好きです。
いわゆるベイクドポテトですが、
僕なりのアレンジとして、ベーコンは入っていません。
お金が無いがゆえの、節約料理とも呼べないものを
アレンジと言い切ってしまうこの潔さを目にも御覧なさいませ。

しかし、ジャガイモの外をカリカリ、中をホクホクの
ベストバランスに仕上げることは、残念ながら僕の中で未達成の状態です。
誰かこれを作り上げ、僕に食べさせては貰えないでしょうか。
これを為してくれる人には僕の全財産をあげてもいいです。(負債です)


5月5日   Tales of Swallow

まとまりがない。


皆様におかれましては、このゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか。
暑い日が続いておりますが、それゆえの心地良い行楽日和とも言えますね。
「気持ちいいっ…!…んっ…あつい…あついよぉっ…!」です。
深い意味はありません。

さて、うちのアパートの駐輪場に、例年通りツバクラメが巣を作っています。
この素晴らしい、新しい生命の誕生から巣立ちまでの過程、
学生アパートゆえに普通の人は4回しか見ることができませんが、
なぜか僕が今見ているのは5回目なのです。奇跡です。

しかし、今年のツバクラメどもは
僕の愛車こと原付・袖余り号の停まっている場所、
いわゆる定位置の真上に巣を作りおったのです。

ただでさえ小汚くくたびれている愛車が、
奴らの粗相でさらに白く、汚されてしまいます。
「白くてドロドロでばっちいのがいっぱい…!」です。
深い意味は無いと言っているでしょうが。


5月4日  Too Hard to Thaw

所詮。


ゴールデンウィークってなんですか、という感じで時間がありません。
これがゴールデンだとすれば、ゴールデンなどその程度か、という気分です。
東北楽天の勢いを見るに、その程度でも仕方ない気はしますけれど。

とはいえ、人生は苦あれば楽ありと申します。
この進行の修羅場を抜ければ、その先にはハライソが待っているのでしょう。
きっとたくさんのピノ(大好物)を食べられるに違いありません。

逆に、楽あれば苦あり、という発想で見ることもできてしまうのが辛いところです。
普段をのんべんだらりと過ごしていたせいで、
皆が休んでいる時期にこんな仕打ちを受けるハメになったのかもしれません。
ああ、神様、お許しください。
もう怠けませんから。ピノ(大好物)の数も減らしますから。

要はどっちに転んでもピノ(大好物)の数が増えるか減るかです。そんなものです。


5月3日  Truck

一晩乾かしてから掃除機でなんとかなるかしらん。


元来がそそっかしいというか注意力散漫というか、
灰皿をひっくり返してカーペットを灰まみれにしたり
マグカップをひっくり返してカーペットをコーヒーまみれにしたりといったことは
割にしばしば起こっていた、慣れっこだったわけです。

しかし、昼食の器をそのまま机に置いておいたせいで
生じてしまった今日の事態、
タラコスパゲッティの残りでカーペットをタラコまみれにするという事態は
さすがに生まれて初めての経験でした。
慌てて拭いたもんだから粒が割れて、おいしいお汁が出てきて、もう。
それでも拭き取れない粒がカーペットの毛の間に入り込んでしまって、もう。

もし今「お前の部屋どんな感じ?ピカピカ?ぐちゃぐちゃ?」と聞かれたら
迷うことなく「ぷちぷち」と答えるに違いありません。


5月2日   Naked Heart

動けません。


洗濯中で靴下の替えが無かったのと暑かったのとで
珍しくもたまたまハダシで部屋にいたところ、
トイレに入ったらたまたまペーパーが尽きていて、
いつもはトイレの収納に入れてあるストックもたまたま切らしていて、
急いで買いに行って戻ってきて、
焦っていたのでしょうか用を足す前後にトイレの出入り口部分で
入るときと出るときと右左一回ずつ、
足の小指をぶつけたので一回休み。


5月1日  The Knits

暑ー。


ここ数日の暑さったら一体なんなのでございましょうか。
4月5月でこんなにも暑いということになると、
12月にはきっと全国がサウナ状態になるのでしょう。(とても斬新なジョーク)

まだ夏物に対応できていない服もさることながら、
何よりもニット帽をこれほど邪魔に思ったのは初経験天使です。
とはいえ寝起きの僕もパーフェクトの僕も頭髪は無惨な状態ですので、
帽子といえばニット帽しか持っていない以上、選択肢がありません。

ということで、最低限の見映えと暑さへの対応を両立してやるべく
一番薄手の春服と一番薄手のニット帽をチョイスしてみた結果、
どうにもこうにもならないコーディネートな上に普通に暑い状態が完成しました。
ニット帽ありきで涼しさも得ようとして失敗した、これぞまさに、

ニットを追う者は一兎も得ず!

まあ、忘れた頃にこんなオチもいいんじゃないでしょうか。

2005年5月

今年のゴールデンウィークは希に見る長期連休でしたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
それでも毎日うちのサイトを御覧になったような方はちょっとアレです。毎日更新してる僕が一番アレです。



5月31日 ミスは許されない

「業務を円滑にするためのホウレンソウ、レンは?」
「連帯責任!」

ある意味合ってるけどイヤな響きだな。






5月30日 くのいち

「業務を円滑にするためのホウレンソウ、ホウは?」
「豊満なボディ!」

そりゃ円滑にいきそうだー。






5月29日 PTA最大の心配

「バイクの3ない運動、乗らない、免許取らないともう一つは?」
「メットケースの中にカギを入れてしまわない!」

困るけども。






5月28日 オロオロ

「バイクの3ない運動、乗らない、免許取らないともう一つは?」
「広い駐輪場で自分のバイクを見失った人を放っとかない!」

なんだそのシチュエーション。






5月27日 杞憂

「バイクの3ない運動、乗らない、免許取らないともう一つは?」
「バイクを買うお金がない!」

じゃあいいじゃないか。






5月26日 ちきゅうとおなかにやさしい

「ゴミ処理の3R、リサイクル、リユースともう一つは?」
「ラクトトリペプチド!」

ゴミをどうさせようとしてるんだ。






5月25日 敏腕

「ゴミ処理の3R、リサイクル、リユースともう一つは?」
「ロッテンマイヤー!」

分別完璧にやりそうー。






5月24日 全部燃えるぜ!

「ゴミ処理の3R、リサイクル、リユースともう一つは?」
「ロックンロール!」

分別しなさそうー。






5月23日 茶摘み娘びっくり

「お茶の子さいさい、ってどういう意味?」
「お茶の木からサイが生えてきたぜスゲー!って意味」

どんなシチュエーションだ。






5月22日 リフレッシュ

「急がば回れ、ってどういう意味?」
「焦ってるときはでんぐり返しで気分転換しようぜ、って意味」

愉快だな先人。






5月21日 一日分を三日かけて

「微かなるより顕かなるはなし、ってどういう意味?」
「そんなこと言ってもゴハンの量が増えるわけじゃないしね!」

キレられても。






5月20日 無理難題

「貧にして楽しむ、ってどういう意味?」
「先人のイヤガラセは本当にひどいな」

確かに。






5月19日 このご時世では

「食なき者は職を選ばず、ってどういう意味?」
「先人のイヤガラセだな」

かもね。






5月18日 エンゲル係数大爆発

「フグは食いたし命は惜しし、ってどういう意味?」
「フグなんか買ったら食費が無くなって餓死しますよ、って意味」

フグ怖ぇー。






5月17日 嬲

「一姫二太郎、ってどういう意味?」
「俺に何言わせる気だよ!このスケベ!」

黙れ。






5月16日 底辺のさらに下

「武士は食わねど高楊枝、ってどういう意味?」
「少なくとも楊枝を買う金はある、羨ましい人のことだろ」

そんなにも。






5月15日 謎の中国人

「果報は寝て待て、ってどういう意味?」
「寝床で待ってると果報さんが忍んでくるよ、って意味」

困る。






5月14日 測れるんだそういうの

「病は気から、ってどういう意味?」
「体内の気が4000を切ると病気になっちゃうよ、って意味」

最近の医学はすげえな。






5月13日 ドレスアップ精一杯

「豚に真珠、ってどういう意味?」
「俺の彼女みたいなもんだろ」

それでいいのかお前は。






5月12日 ドジッ雌

「犬も歩けば棒に当たる、ってどういう意味?」
「そういう、萌え要素を持った犬のことだろ」

解せない。






5月11日 高み

「就職、どのへん狙ってるの?」
「なんでもいいからとにかくお前を蔑めるぐらい稼ぐ仕事!」

どんだけ僕のこと嫌いなんだ。






5月10日 来るべくして

「就職、どのへん狙ってるの?」
「マスコミ系!お前の犯罪をスッパ抜くために!」

僕犯罪者確定?






5月9日 強いる

「就職、どのへん狙ってるの?」
「何でもいいからお前の上司!これ以上の屈辱はあるまい!」

悪魔か。






5月8日 進退を賭けて

「就職、どのへん狙ってるの?」
「役場の公務員!お前の住民票とかを流出させるために!」

なんで僕ピンポイント攻撃。






5月7日 さあ来い夏

「今年の連休でやったことと、そこから得たものは?」
「ずっと家にいて、家の中で一番涼しい場所がわかった!」

そんなハレバレと。






5月6日 モノホン

「子供の頃、家に鎧兜とか飾った?」
「飾った飾った、あれ夜中動くんだよなー!」

ええー。






5月5日 のぼりまくり

「鯉のぼりの場合は、片付けるのが遅れるとどうなるんだっけ?」
「子供が龍になっちゃうんだよ」

イヤだけどちょっとすげえな。






5月4日 わかってないだろ

「祝日同士に挟まれた日は、無条件で休日になるんだよ」
「うわー、俺も挟まれてえー!」

その感想はどうだろう。






5月3日 フォートノックス・トーク

「なんか盛り上がるような話題出してくれよ」
「よし、じゃあゴールデンウィークだから、金塊の話しよう!」

広がるのかそれは。






5月2日 毎度毎度

「昨日、何してた?」
「別に、泣きながら夜のハイウェイを飛ばしてただけだよ」

何かあったのか。






5月1日 エキス

「独り暮らしの女性は、男物の下着を一緒に干したりするらしいよ」
「わかるわかる!使ったら汚れるもんな!」

帰れ。

↑このページのトップヘ