2019年10月

10月30日   Flying Fears

奇妙奇天烈摩訶不思議。


「『実際に乗ってみたい』と思うアニメや漫画に出てくる乗り物は?」という
ネットのアンケートを見ました。
「猫バス」や「筋斗雲」、「銀河鉄道999」など
なるほどわかるわかる、想像力が膨らんでいいね、と思うものが上位に並んでいたのですが、
その中に「タケコプター」があったので、それはどうだろう、と思ったのです。
タケコプターは乗り物ではないのではないか。
使ってみたい、と思う移動手段であるのは間違いないが、
いかんせん乗ってないのではないか。
あの使用状態を見て「乗っている」と表現するのは
かなり無理があるのではないか。そこのところどうか。

あるいは、そのうえでなお乗りたい、ということなのか。
プロペラの上にドカッとまたがりたいということなのか。
そんなの回転で股間がホンワカパッパ極まりないことになると思うが
それこそが望むところという層が一定数いるのか。
むしろ想像力ではもうどうにもならなくなった人達ではないのか。

10月30日 何も変わらない一日の始まり

「引っ越すならパン屋の近くだな」
「窓開けたまま寝てたりすると毎朝いい匂いしそうだな。
 で、嫁が朝食作ってくれてると勘違いして起きて、独り身であることに気付き絶望する」

毎朝はやだなあ。

10月28日   B A

消化は悪そう。


風邪を引いたときに飲むと良いとされる「たまご酒」ですが、
実のところこれが風邪に効くという科学的根拠はとりたてて無いのだそうですよ。
風邪を引いたときには身体を温めて栄養を摂る必要がある、
身体を温めるなら酒だ、そして栄養があるものといえば卵だ、
ならばその二つをいっぺんに摂ればいいのだ、という
極めて合理的かつ天才的な発想によって生み出されたものであるらしく、
まあ実際温まるし栄養もあるから身体に悪いことはないだろうけど
普通に部屋を暖かくして栄養ドリンクでも飲むほうがいいよ、という感じの、
どちらかといえば「効いてる気がする」感を煽るプラシーボ的な代物なのだそうです。

ならば「酒たまご」でもいいのかもしれない。
「たまご酒」と同じように酒と卵を使っていればメンタルに効いた気になれるなら、
酒で茹で上げた茹で卵をモサモサ食べることでも同じ効果を得られるのかもしれない。
でも茹で卵を作るわけだからたまご酒のときよりたっぷりの酒が必要で、
鍋になみなみ注いだ酒を沸かしてるときに「もったいない」という感覚を得てしまい
かえってメンタルに強い寒さをもたらしてしまいかねないのでダメかもしれない。

10月28日 一人増えてる系の怪談よくあるけど

「引っ越すならWi-Fiスポットの近くだな」
「うちの隣の店のWi-Fi、前はうちに居ながらにして繋がったんだけど最近急にできなくなったな。
 店内にいる人数よりいつも接続人数が一人多いことに気づかれたか?だとしても幽霊とかだと思うよな普通」

普通って何だろう。

10月26日   The Last Hope

手遅れのときにも必要なのでちょっと違うか。


「トイレットペーパー」の略称をそろそろ確立するべきだと思うのです。
「トイペ」「トレペ」などと呼ぶ人はそれなりにいるけど、
「ティッシュペーパー」の「ティッシュ」と比べると
どうにも完全に定着しているとは言いがたい。
「ペーパー」というのもあるが、これに関してはトイレの話をしているときにしか
「トイレットペーパー」のことを指していると断定できないので、
たとえば買い物メモに「ペーパー」とだけ書いて他人におつかいを頼むことはできず、
やはり「ティッシュ」と書くだけで通じるレベルの略称とは言えまい。
何かいい略しかたは無いものだろうか。いっそ新しく考えるというのも手だろうか。

「便所紙」の略で「BG」なんてどうだろうか。
ボディーガードみたいでいいと思うがどうだろうか。
大ピンチを救ってくれるという点では同じだしどうだろうか。
むしろギリギリの状態で何とか公衆トイレを見つけ駆け込む、みたいな
真の大ピンチのときにはえてして不在だったりするけどどうだろうか。

↑このページのトップヘ