2月4日   Damage Control

覿面プラシーボ。


朝起きたら右手首に引っ掛かるような痛みがありました。
ふむ、特段思い当たるような原因はないが
利き手だし悪化しては困る、ということで湿布を貼ることにしたのですけれども、
ちょうどいいサイズの在庫が無く、
これはどう考えてもすぐ剥がれるぞ、という貼り方しかできなかったのです。
仕方ない、固定するテープやフィルムなどは持ち合わせていないし、
これはあくまで応急、剥がれたら今日はそれまで、と諦めて
帰りに新しい湿布を買ってくることにしよう、と決めた次第です。

そしたら案の定数時間もしないうちに剥がれてしまったのですが、
その時点で痛みは完全に消えていたのです。
応急とはいえ処置されたことですっかり気が良くなったか。
おざなりでもとりあえず構ってもらえて満足したか。第一次反抗期みたいな身体だな我ながら。