2月2日   Special Stats

やります。


オーブントースターの中を掃除しなければ、と一週間前から思っているのです。
パンに生卵を乗せて焼いたら、気付かないうちに黄身が
「俺はもうダメだ」とばかりパンの上から落下し、
網もすり抜け底板に落ちた状態でカリカリに焼けてしまったのだ。
あらかたはそのとき泣きながら取り除いたが、
まだ幾分かこびり付いたものが残っていて、それを綺麗にしなければ、と思っていたのだ。
だが、僕はそのことを次にトースターを開けるまでコロッと忘れていて、
そしてトースターを開けるときというのはパンなり何なり
食材を既にパッケージから取り出して持ってる状態だ。
これをわざわざしまい直して掃除というのもな、
焦げは底板だから食材に影響があるわけでなし、
とりあえずこれは焼いてしまって、掃除はその後にしよう、と考え、
そしてそのことを食べてる間に忘れてしまうのだ。
それを繰り返して一週間。さすがにいい加減何とかしなければなるまい、と
僕も本能で察知したのか、ヒマなときに「そういえば」と気付くことができたのだ。

つまり、オーブントースターのことをいよいよオーモイダーシターということだ。
こういうくだらないことを考えているから必要な思考が弾き出されてしまうのだ。それは自覚してるのだ。