2011年10月25日

度肝

何のために生まれて来たか、
何のために生きているか

そう考える事は何か違う気がする。

たぶん、少なくとも私が思うに、
別に人間だからって、何かをするために生まれてきたわけじゃないと思うし、
何かをするために生きているわけじゃない

生まれて来たことが、
人生で最高の出来事であって、
生きていくことに、それ以上の意味が必要だとも思えない

なんて、こんな冒頭のハリウッド映画ありそうだね


最近、えらく忙しい

この忙しさは、尋常ではないような気がする

大体、朝8時や9時までは寝ていられる

その後、ご飯を食べて出勤して、
働いて、休憩は大体6時くらい

本当は休憩は一時間だが、
ただご飯を食べるだけで済ませることが多い

そのまままた終電まで働き、帰って来て、
軽く何かを食べたり、
缶ビールを一本飲んだりする

すると、大体、さばさばとやって、
平均して2時半頃に寝る事が多い


この生活がすごく嫌かと言われると、
そうでもない

確かに、
ホントは8時間働けばいいところを
たくさん働いているし、
私よりお給料をもらって、
私より働いていないやつばかりだ

今の若者は、
大体において、こんなこと言っちゃいそうなもんだが、
私の場合は、
結構本気でそうだ

大体、
うちのマネージャーは私より遅く来て、
私より早く帰り、
そして、わたしより余裕がある

どう考えても仕事量が多いのだ

でも、
ある職場にいて、
たくさん働いている人と、
さほど働いていない人だったら、
私はたくさん働いている人になりたい

なんとなく自分にお声がかからなくてさみしい思いをするくらいなら、
うんざりするくらいつかれて、
めんどくさくなって、
やってらんねーよと思っても、
そうやって働いている自分に満足できるほうがましだ


私は別に出世したくてこんなに働いているんじゃない

やりたいことがあって、それをやっているわけでもない

たぶんだから仕事が回ってくるのではないかと思う

下っ端なんて、黙って選り好みせずに働くやつがいいんだろう


しかし、
ここにきて(どこだろう)、
少し気づいた事がある


それは、私は、
自分はこの会社にはそんなに長くはいないと思っている
少なくとも、一生ここで働く覚悟なんてさらさらない

逆だと思われるかもしれないけれど、
私の場合は、
だからこそ、
この仕事をがんばっていられるんだと思う

どこかで、
今だけだと思っている

少なくとも、
来年も必ずいるなんて思っていない

だからやれるんだと思う

これが、
覚悟して、
じゃあ私この会社でがんばろうと思ったら、
多分、こんなにはがんばれないと思う

何が言いたいかというと、
つまりは、
私は今の自分が、自分の完成系だと、
自分では思っていない

少なくとも、認めてはいない

そもそも、
今のところにバイトで入ったときは、
とにかくちゃんとした一人の大人になりたかった

大人にもなれないで、自分の可能性を主張するって、
なんか違うと思えてしまって、
このままじゃ自分の可能性が主張できなくなると思ったからだ

社員になったのも、
その延長みたいなもので、
いまもその延長にいるに過ぎない

でも、自分が、その考えて働き続けている限りは、
この生活にはいつかピリオドが打たれるべきであって、
それは早ければ早い程に良いはずだ

友達の結婚式にいって、こういう生活いいなってうらやましく思ったり、
誰かと過ごす時間が心地よくて、それに流されてしまおうかなと思ったり、
自分が自分を決めれないばっかりに、いろんなことが決めれなくて辛かったり

いろいろあるが、
でも、やっぱり私は、
自分の可能性を無視した生き方なんて、
想像がつかないんだ


小さいときからずっと思っていた
度肝ぬいちゃると

そして、私はいろんな作品に度肝ぬかされてきて、
度肝をぬかされている自分がとても好きだ

いや、違うかもしれない

どこかで何かがいろんな風に働いて、
どこからか、
自分はそうじゃないと自分の存在がわからないと自分で思ったのかもしれない

そうかもしれない
だからこんなにがむしゃらなのかもしれない

どっちでもいいや

そんなわけで



そろそろ次のステップを考えなければと思っている

今の職場が嫌いな訳ではないので、
同じようなことをするつもりはない

後悔のない20代にしようぜ

posted at

2011年10月