★★★まぐろ食堂・煮付け追加★★★ 2006.10.29


ここが、どこだか分かりますか?

漁連セリ市場の朝は、早いんで午前中だけ営業の店で
注文すると、もれなく「マグロの中落ち」や「魚天ぷら」がサービスで食べれる「知る人ぞ、知る」店だったんです。

その食堂ですが、
セリ市場直売店の「いゆまち」と言う施設が隣接して出来たときに
なくなったんです。




■2006年10月29日更新
マグロ食堂の「煮付け」を食べました。
最高!

沖縄県漁連がある「泊港」なんですが、

以前、セリ市場の中に「食堂」があったんです。
しかも1軒だけ。


「いゆまち」(沖縄の方言で『いゆ』は魚)に刺身を買いに時々行くんですが、この市場は漁連直送だけあって魚の種類、鮮度は格段に良いんです。
観光客の訪れる「公設市場」は、さすが観光向けだけあって、私的には納得いかないんです。

先日、漁連に行ったときに駐車場が満車だったんで港の奥の方までUターンしに行ったんですが・・・

見つけました!



「まぐろ食堂」です。
まぐろ食堂しかも、「那覇地区漁業協同組合」の直営店らしい看板が。
嬉しさのあまり、迷わずドアをあけました。この食堂の存在を知っている人が少ないのか、以前の活気はありません。
ただ、メニューは充実してました。
定食も、そばも何でもあります。


店員さんに「オススメ」聞いたら

やっぱり「マグロ丼」でした。
まぐろ丼かなりの量のマグロの切り身、一緒についてる「そば」も結構な量です。「もずく酢」は今が最盛期なんで、付いてるんですかねぇ?

そして、「お茶」が入っている様な物に入っているのは

「醤油」と「わさび」です。

これを自分でドンブリに、ぶっ掛けて食べるんです。
なんとも贅沢な気分になります。

ただ、掛け過ぎてしまって、少し辛くなりすぎてしまったんで
「掛け過ぎ」には注意してください。

他にも、いろんなメニューがあったんで
誰か一緒に調査隊しませんか?

■2006年10月29日更新
たまには違うメニューを!と思い
注文したのがコレ!
まぐろ食堂煮付け食堂の定番「煮付け」です。
550円也。
相変わらずの「具なし」のそば。
小鉢に入ってるのは「魚(多分マグロ)の煮付け」
これが、また旨い。サービスにしては充分。

えーっ。なんで小鉢が煮付けかって?
それは、沖縄の食堂のメニューの煮付けの具材じゃないから。

メインの内容です。
とうふ、豚肉、にんじん、大根、ソーセージ。

普通なんですが、
豚肉が「ロース」なんですよ。
それがっ?旨いんです。

画像では見にくいけど、野菜の下です。
とりあえず、旨いんで「まぐろ食堂」のオススメに入れときます。