2007年02月19日

どこで使われているのか

「将来の医療費に不安」=低所得層84%、高所得層36%−NPO調査
低所得層の8割以上が将来の医療費に不安を感じていることが19日、特定非営利活動法人(NPO法人)日本医療政策機構(黒川清代表理事)の世論調査で分かった。具合が悪いのに受診しなかった人も高所得層の2倍以上の4割に上った。
副代表理事の近藤正晃ジェームス氏は「格差の実態を踏まえた政策論議が必要だ」としている。
調査は今年1月、全国から無作為に抽出した20歳以上の男女4000人に調査票を郵送し、1318人から回答を得た。
年間の世帯収入800万円以上で貯蓄2000万円以上の「高所得層」、収入300万円未満で貯蓄300万円未満の「低所得層」、それ以外の「中間層」に分けて分析。将来、深刻な病気にかかったときに医療費を払えない不安を感じる人は、高所得層36%に対し、中間層は74%、低所得層では84%に上った。
費用が掛かるとの理由で、具合が悪いのに受診を控えたことがある人は、それぞれ16%、25%、40%。低所得層では、医師に勧められた検査や治療を受けなかった
人も26%いた。

以前からいつも不思議に思っていることがあります。
国民健康保険の保険料は毎月数万円もします。
年間では数十万円になりますが、年間に使う医療費はせいぜい数千円程度です。
それでもいったん大怪我をしたり、入院が必要な病気になると、家計が成り立たなくなるほどの出費になります。
民間の保険に入っていなければ、入院するとまずまともに生活はできないでしょう。

そのような、急な出費で困らないために健康保険があるのだと思いますが、実際のところ効果は薄いように思うのです。
では、健康なときにたくさん払っている保険料は、いったいどこで使われているのでしょうか?これが大きな疑問なのです。

民間の保険なら、毎月1万円でも払っていれば、いざ入院となると数十万円単位の保険金が出ます。もっと保険料を払えば、もっと保険金も高くなります。
これなら、いざというとき安心な、ほんとの意味で「保険」といえるでしょう。

しかし国民健康保険は、健康なときは高い保険料をひたすら払うだけ。いざ困ったときにはたいして助けてもらえない。いったい何のための保険なのでしょうか?支払った保険料はどこに使われて消えているのでしょうか?

年金問題も大きな問題ですが、健康保険の問題にも、不可解なことがたくさんあると思います。
こういうややこしい制度を、もっとすっきりわかりやすい制度にできないものでしょうか?


platinumfox at 21:36│Comments(0)TrackBack(0)社会 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。