連続blogUP48日目
私が住む練馬区の創業セミナーに行って来ました。
引続き、応援してくださる方、クリックを → 【人気blogランキング】

区役所地下のホールに、創業に関心のある区民100人ほどの受講生がいた。無料のセミナー、で30代から70代くらいまで年代層は幅広い。女性も40人近くいたのではないか。

講師は、螢悒奪疋ォーターの山内英二郎氏、スタンフォード大を出てハーバードのMBAを修得されている。ビジネス上のメンターはパソナの南部社長と言われていた。

MBA出にあまり、いい印象をもっていなかった。米国グローバリズム主義というか、だいたい上からモノいう感じの方が多い。で、ハスにかまえて臨んだ。

ところが、山内先生は「創業ねりま塾」を8年も手がけられていて、わかりやすかった。起業セミナーにありがちな「戦略」とか「戦術」とかいう言葉は一切使っていなかった。受講生が納得できるように、笑顔をたやさず、日常の言葉で話されていた。

去年の受講生の創業事例を踏まえ、どのような気概をもって、事業の仕組みを作り、売上を伸ばし、損益分岐点を超えて行くか、具体的に示された。

印象に残った言葉は、次の3点。
ー卍垢「仕事」をしてしまったら、それで終わってしまう。事業の「仕組み」を回さないといけない。
∋業は、全体のイメージを絵に画いてから、そのジグソーパスルをやっていくようなもの。
事業は、自分がやりたいことではなく、お客様からみて創業者にやって欲しいことと自覚する。

終了後、山内先生と名刺交換、今後もご指導いただけないか、お願いした。

すると、虎の門に「中小企業・ベンチャー総合支援センター」に予約をいれ、個人指導を90分も受けることができる、と知った。
しかも「お上」の機関なので無料!これには驚いた。政府もいいことやるジャン。

8月、山内先生に、わが事業計画の指導を受けることにしよう!

【ねりま地元の伝言板】
〈桜台1階のM氏〉〈豊島園付近のF女史〉及び〈桜台ヤン壮の方々)へ、
来年、気が向いたら「創業ねりま塾」を受講してみてください。次の展望が、きっと見えてくると思いますよ。

『公の、無料の機関は利用すべき』に、ご賛同いただける方→ 【人気blogランキング】