ゲームのまな板

yatasanは、ゲームとスワローズが大好きです。

2010年04月

ニーアレプリカントの二週目をクリアー。二週目では、イベントやセリフが追加され、エンディングが変化する。
周回プレイするのが面倒くさい、一週で充分だと思っている人も、最低でも二週はプレイして欲しい。するのとしないのとでは物語の印象がガラッと変わる。

ストーリーは、最近のRPGの中では特出して良いと思う。
ここで大事なのは、物語を見終わったあと、何か心に残るものがあったかどうか。
ニーアの場合、物語の完成度自体は決して高くない。描写が薄っぺらいし、唐突な展開も多い。
だが、一つ一つの言葉、場面、音楽に、純粋に心を揺さ振られた(特に二週目)。良く練られている小難しい話より、単純な展開でも心に残る話の方がカタルシスを感じるはず。ニーアがまさに後者。
ネタバレになるから云えないけど、二週目は話のアプローチが斬新。俺はこういう設定に弱いんだよな。
スタッフロールをぼーっと眺めてる時の何とも言えない虚無感。ゲームでここまで切ない余韻に浸ったのはFF10以来。
書きたいたことはたくさんあるけど、今日は眠いので詳しい紹介は明日。

あの兄妹は報われたのだろうか


世界樹の迷宮を買うか、プロ野球スピリッツを買うかで非常に迷ってる今日この頃。
はい、お金がない俺です。3月に散財し過ぎた…

・ロストプラネット2
海外で一部のプレイヤーを対象にマルチ体験版が配信された。
俺も必死こいてコードを取ったが、肝心な中身は残念な出来。
ロストプラネットシリーズは初体験で要領がつかめてない点はあるが、それを考慮しても疑問符がつく内容だった。
プレイヤーの体力が異常に高い、というよりデフォルト武器であるマシンガンの威力が弱すぎる。そのくせグレネードの即死範囲は広く、撃ち合いよりグレネードを投げ合う流れに。
操作面も悪く、回避のやりにくさには唖然。
R1=ショットがFPS、TPSではデフォルトになりつつあるこのご時世に何故かR2ボタンがショットという革新的な操作性。しかもコンフィグで弄れない。
ダッシュ時のズームもうざったい。
残念な内容だったが、購入はすると思う。
巨大モンスターのAKを操作してプレイヤーと戦うモードの存在は魅力的。

・エイプリルフール
昨日はエイプリルフール。今年もアイレムがやってくれました。
homeで大々的なイベントが行われ、その名も「セミファイナルファンタジア」
アイレムのブースがファンタジックに変化し、各地で色々なイベントが発生する。
home内のプレイヤーとパーティーを組んだり、情報を交換したりと、まるでMMORPGのような感覚を味わうことが出来る。
俺は途中で何をしたら良いのか分からなくなり諦めちゃったけどね…。

・トロステーションが3D、RPG化
うん。まぁ、確かに飛び出てはいたけどさ…。
ちょっと期待しちゃったよね。裸眼3Dがどんなものか見てみたかった。
RPGは正直しょうもなかったです、はい。
まぁ、ただのエイプリルフールネタで終わらせないところは流石かな。

・ヤクルトの話
巨人に続き、中日相手にも勝ち越し。
クリーンアップが核になって打線が上手く繋がってるね。石川の調子がイマイチなのが心配なところ。
試合開始前に突然倒れた巨人の木村拓也コーチは、くも膜下出血と診断。
どうか助かって欲しい。

このページのトップヘ