ゲームのまな板

yatasanは、ゲームとスワローズが大好きです。

2010年05月

・Red Dead Redemptionの国内発売が決定。

おぉ、これは嬉しいニュース。どうやら9月に発売予定とのこと。
人を縄で括り付けて線路内に放置し轢死させるなんて残虐行為も出来るらしいけど、間違いなく修正が入るだろうね。
さすがに、グロ過ぎるから修正は賛成だけど、ミッション削ったりとかはやめて欲しいな。


・ロストプラネット2にKillZoneのへルガスト参戦

6月ごろにヘルガストのコスチュームが配信。
かっけぇ…。ヘルガストのデザインは、ほんとイカしてるわ。
TPSは、操作してるキャラクターが見えるから、こういうコラボレーションは良いね。ムービーでも、コスチュームは反映されるらしい。
キャラクターのカスタマイズで胸が高まるのは初めてだ。


・白騎士‐光と闇の覚醒‐に前作の「古の鼓動」が完全収録

LEVEL5は思い切ったことをしたなぁ。
確かに前作は、「俺たちの戦いはこれからだ!」って終わり方だったから、こうでもしないと御新規さんには、ちんぷんかんぷんだろうから英断だと思う。前作と比べてPS3は大分普及したから新規参入者が多いと読んだのだろう。
俺もストーリーが全く記憶に残ってないからやり直そうかしら。しかし、あのやり応えがまるでない戦闘を、またするのもな…。


・ゼノブレイド

戦闘のPV見たけど、これはちょっと嫌な予感がするな。
見た感じ、FF12と白騎士のバトルシステムのミックスってところか。
そもそも、RPGでシームレスの戦闘が楽しいゲームって見たことがない。キングダムハーツくらいか。
シームレスの戦闘を面白くしようと突き詰めると、結局アクションゲームみたいになっちゃうわけだしなぁ。無理にRPGらしくコマンドを使わせようとすると、白騎士みたいな中途半端なことになるし。
FF12のガンビットシステムは、斜め上の発想で意表を突かれたけど、あれは臨機応変に戦略をたてれないのが辛い。
ゼノブレはどうかな?と思ってたけど、PVを見る限りではプレイヤーの介入が少なくて退屈な戦闘になりそう。
未来を予知するみたいなシステムは気になるけど、「そんなのありかよー」みたいな予想だにしない理不尽な敵の攻撃が、個人的に戦闘の醍醐味だったりするから、要らないシステムだな。
まぁ、結局やってみないと分からないわけで。


・ヤクルトの話

少しでも期待したのがバカだった。テンプレート通りの試合を何回見せれば気が済むんだよ。
もう勘弁してくれ、流石にキレそう。ここまで弱いチーム見たことがない。



このページのトップヘ