愛がない



image


PS4とPSVITAのアドベンチャーゲーム。開発はPigeoNation Inc。ローカライズはDevolver Digital。

FF15が9月30日から延期になったことにより、やたさんは鳩とハートフルライフを送る事になったのでした。
本当だったら今頃ノクティス王子と旅をしていたはずなのに、何で俺、鳩と恋をしてるんだろ・・・

さっきから言っている通り、登場人物は主人公を除いて全て鳥類。擬人化、という意味ではない。カワラバトに始まり、ヒムネバト、クジャクバト、ナゲキバト、イワシャコ、ヒメウズラ、など、様々な鳥類が、人間の言葉を理解できる、喋れるという設定でそのまま出てくる。
そのまま出てくるというのはどういう事かと言うと、キャラの立ち絵に代わるものとしてその鳥の実写画像が雑コラされて出てくる。

image

こんな感じに。
インパクトは抜群だった。

で、鳥たちが学園生活する学校の中に唯一の人間として主人公が入園し、学生生活を始める、というところで物語はスタートする。
最初らへんは面白い。雑コラされて出てくる鳥を見る度に笑ってしまう。キャラの個性も豊かだし、中々に愉快な印象が第一だった。
が、段々と、最初のインパクトだけかー、となってくる。何故なら、鳥が鳥らしくないから。単に実写画像で、こいつら鳥です!と表現しているだけで、振る舞いや喋り方は完全に人間のそれ。立ち絵以外では人間と接しているのと殆ど変わらないやり取りばかりが続く。
いくら知能が劇的に発達したからと言って、鳥には鳥の生き方、行動原理、DNAとして染み付いたものがあるはずだ。そういう鳥らしいものを全くと言って良いほど描けていない。異種とのコミュニケーションを描くなら、鳥はどこまで行っても鳥であり、人間はどこまで行っても人間である、という事を示してくれないと。
そもそも、鳥が中心となった世界でありながら、世界が人間向けに作られたままなのも納得できない。もっと鳥に合わせてインフラや機械や仕組みがカスタマイズされていても良いはずだ。
あまりにも世界観が浅く、踏み込みが足りないと言わざるを得ない。

ただ、ここらへんは俺の期待しすぎかなとも思う。
元々エイプリールフールのちょっとした思い付きから始まった企画らしいし、人間を鳥に置き換えたら面白いんじゃね?という勢いありきで作ったのだろう。
あまり深い事は考えずに、とりあえず鳥と恋できるなんて面白いよね、と受け入れるのが、正しい楽しみ方なのだと思う。

実際、恋愛アドベンチャーとしては中々に良く出来ている。フラグなどは単純だが、個々のストーリーはそれなりに訴えてくるものがあった。
また、ある程度のEDを見ると現れるBBLルートでは、世界観の謎が明かされる。それまでののどかな雰囲気は一変。急に5pbのアドベンチャー的な陰鬱さとなり、ボリュームも他パートの数倍。何より、ちゃんと鳥を題材とした事の意味をストーリーにもたらしていた。
このパートはミステリアスでそこそこ驚きがあった。もっと盛大にハッタリを効かせて欲しかった気もするけど。
あと、ちょっと感動的な感じにもなるが、何故か最後らへんは急かした感じに終わるので余韻が薄い。残念。

というわけでストーリーはそこそこなのだが、このゲームには全てを無に返すほどの致命的すぎる欠点がある。
誤字脱字が、ヤバい。本気でヤバい。お前日本語大丈夫かというレベルでヤバい。
とりあえず、漢字の抜けが凄い。しかも明らさまに難しそうな漢字が目立って抜けているのが笑える。麻痺の痺とか。復讐の讐とか。小学生かよ。
助詞の使い方もめちゃくちゃ。間違っているだけでなく、複数の助詞を使ったりと、ヤケクソ感が漂っている。
と言うか、日本のゲームなのに何で?と思ったら、どうやらPS4とVITA版は海外が先行らしく、海外で出たやつをローカライズして日本語版として出しているらしい。
要するに外人が翻訳したのだろう。その割には日本語的なニュアンスがちゃんと現れた翻訳が出来ているのだが、何で基本的な部分がダメダメなのか意味不明だな。

また、これは誤字脱字ではないが、文章が改行されずに横一列に並び、飛び出た部分は切れてしまい読めないというとんでもない不備がある。これ、テキストゲームですよ?読めなかったら何も始まらないっすよ??
しかも、あるパートではかなりの確率でそれが起こるのだから堪ったもんじゃない。間違いなく、バグ取りなんてしていない。はっきり言って製品にしちゃいけないレベル。酷すぎる。
さらにさらに、これは元々の仕様だろうが、文章のスキップが遅すぎる。バックログがない。既読スキップがない。という、テキストゲームとして大きな欠点がある。
この辺りは同人だから勘弁してよということなのだろうが、お金を払って買う商品である以上はそんな事関係ない。力不足にも程がある。

まとめると、キャラクターに鳥らしさは微塵もないが、ストーリー的には鳥である事の意味はある。話はそれなりに見所があった。
が、インディーズという事を差し控えても作りが雑すぎる。甘えて良い部分を履き違えるなよと。本気で日本語学んでからローカライズしろよと言いたい。
このゲームに惚れたからコンシューマでも出そうと思ったんじゃないのかよ。なら、愛を持って取り組んでくれよ。原作の製作者も、これはおかしいだろとストップをかけてくれよ。
誤字脱字で何を言ってるのか理解できない事よりも、本気でこのゲームに取り組んでない事が分かって冷めてしまった。
クオリティが低くても、つまらなくても、遊び辛くても、スタッフの独りよがりでも、作り手の気持ちさえ込められていればユーザーはそのゲームに可能性を見出すことが出来る。だけど、作り手の愛情すら希薄なゲームには耐えられないよ。