遊びまくる日記。ネタバレ注意。
4月18日〜4月23日まで




image


4月18日。
運命の理事会は5月2日。この日までに鴨志田を改心させないと少年たちは退学させられてしまう。
さて、あと14日。早速坂本からラインが来ている。パレスに行ってさっさと問題解決しよーぜー、だってさ。
やれやれ、これだから脳筋は困る。14日しかないと言う事は、言い換えれば、まだ14日あるという事だ。
時間が迫ってるからといって、何も準備をせずにパレスに行って死んでしまっては元も子もない。
流石にギリギリに動くのは怖いが、あと一週間は自由に時間を使っても大丈夫なはずだ。

と、いうわけで、渋谷に繰り出す。前回は寄り道しようとしたら坂本に邪魔されたからな。今日はあの脳筋バカがいないから自由に動き回れる。
さ、どこに行く?ここは渋谷。映画館や本屋やコンビニやジムやハンバーガーショップや薬屋やファミレス、果ては怪しいミリタリーショップまで、何でもある。
何でもあるが、お金がなかった。所持金は83円。缶ジュース一本すら買えねーじゃねーか!
何でこんなに財政難なんだ?ミリタリーショップでメイスとククリナイフと迷彩服を買ったから??

うーむ、時間はあるが、お金がない。なら、時間をお金に変えれば良い。
駅の改札前でタウンワーク冊子を見付ける。さーて、高校生でも求人OKなところは・・・できればシフト自由で高時給で高待遇でアットホームな職場が良いな。
候補は、コンビニ、牛丼屋、花屋、か。牛丼屋は夜のシフトのみ。未だに佐倉が夜に出歩くのを許可してくれないのでこれは削除。
じゃあ花屋はどう?ん、応募資格は人としての魅力、だって。何だこのあやふやな条件は。とりあえず電話するか。
え、魅力が全然足りないだって?おい、少年に魅力がないと言うのか。主人公だぞこの世界の。
やれやれ、花屋は話にならない。となると、コンビニしかない。早速電話をかける。
もしもし。えーはい、おたくでバイトしたいんですが。面接の曜日などは・・・え?もう採用!?日中ならいつでも来てくれて良いと?はい、じゃあ今から行きます。
ふー、話の分かるコンビニだった。まさか電話で一発OKとは。

コンビニに到着。渋谷のメインストリートに面した場所か。これは客が多そうだ。
挨拶もそこそこに、早速レジに駆り出される。なのに先輩は休憩中でレジには少年一人。おいおい。
しかも、よりによってこのタイミングで客がレジに大量に来る。おい、捌けるのか、この数。先輩を呼んだ方が良いんじゃないのか?いや、働きぶりによって給料が決まる出来高制だと言っていた。ここは先輩の手を煩わせず、一人でやってやろうじゃないか。
フィーリングで何とかこなす。先輩が帰って来る。ねーねー、1人で頑張ったよー褒めてー褒めてー!
褒められるかと思ったら逆に怒られる。は?お客さんを待たせちゃダメだろと?いや、新人を一人でレジに放っておいて何を言ってるんだこいつは。
しかも給料を下げられる。2800円。まぁ東京の最低賃金分くらいは貰えてるか。業務委託だから関係ないけど。

ルブランに帰る。
カウンターにクロスワードパズルの雑誌が置いてある。客が置いていったものだろうか。まぁ関係ない。忘れ物は、俺の物。
えー、ぶるーまうんてん、と。正解!何だか賢くなった気がする。

4月19日。
放課後。今日は高巻からラインが来ている。はいはい、どうせパレスでしょ。
高巻への返事は無視。昨日バイトしてお小遣いをゲットしたばかり。遊びに行くしかないっしょ。
今日は渋谷駅の地下モールを散策。うわー、お店がいっぱいあるけど、財布の中身2883円の人はお断りの場所ばかりだー。ここはちょっとハードルが高いなー。地上に上がろう。
レンタルショップに行く。色んなDVDがあるが、よく考えたら少年の部屋には再生機はおろか、テレビすらない。店を出る。
本屋に行く。啓発本ばかりだが、とりあえず何か買うか。よーし、これにしよう。魅惑の会話術。待ってろよ、少年に恥をかかせた花屋め。
最後に、ファミレスに行く。一人ファミレスと言えば、勉強。たまには、勉学に励まないとね。
えーと、ご注文は、コーヒーで。はい、以上です。それ以上はいらないです。
粘る。コーヒー1杯でひたすら粘って勉強する少年。店員が時折冷めた目でこちらを見ているが、気にするなよ。たかがコーヒー1杯でも700円もしたんだから。

ルブランに帰る。
相変わらず屋根裏の物置部屋感が甚だしい。掃除してある程度スペースを作る。

4月20日。
朝の通勤ラッシュ。いつもなら学生やサラリーマンと一緒におしくらまんじゅうしている所だが、今日は奇跡的に席に座れた。
もちろん、この時間を無駄にはしない。魅惑の会話術を読む。しょせんは自己啓発だが、知識は少しでも多い方が良い。半分ほど読んだ所で、目的の駅に着く。

放課後。
今日は趣向を変えて地元の四軒茶屋を散策。はぁー本当に寂れてるなぁ。でも、ここにしかないものもある。
リサイクルショップへ。おいおい、ブラウン管テレビなんてナウいものがあるじゃん。なになに、2500円か。えーと、2日前の手持ちが2883円で、そこから700円の本を買って700円のコーヒーを飲んだから、財布の残りは1483円か。うん、計算するまでもなく買えないね!
あー、どこかに1500円そこそこで時間を潰せる場所ないかなー。あった。バッティングセンター。500円払い初級コースに挑戦。
ふーん、球速は70キロね。普段パワプロで160キロを相手にしている俺にとっては朝飯前すぎる。さぁ、来い!来ない。どうした早く投げろ。おいまだか。え、故障でもした?あ、やっと来た。が、全く準備が出来ておらず空振り。何だこれ。投げるタイミングでフェイントかけてんじゃねーよ。
2球目からはサクサク投げてくる。が、球のスピードがおっせぇ。2球目は空振り。3球目は当てるのがやっと。
は、はーん。でも、もうタイミングは分かったもんね。同じ失敗は繰り返さない。4球目はジャストミート!しかし、全く打球が上がらない。ホームランの的に当てたいのだが・・・
最後の一球。ここでようやく気付く。レベルスイングではダメだと。角度を付けなければ打球は上がらない。バットの出す角度に気を付ける。タイミングは早めに。だけどあくまでセンター返・・・なんて色々と考えている間に見逃し。5球中、2球しかバットに当たらないという屈辱を受ける。
こ、これは本気じゃないんだかんな!絶対リベンジしてるやるからな!

ルブランに。
佐倉から鍵を渡され、今夜から夜も出歩いて良いという許しを貰う。話が分かるじゃねーか。
夜の渋谷へ。夜なのになんか騒がしいと思ったら政治思想を熱く語っているおっさんがいる。興味本位で近付く少年。おい、やめとけって。関わり合いにならない方が良いって。
なんか愚痴を聞かされる。元政治家らしい。それが今では街頭で政治思想を垂れ流し、牛丼屋で夕食を済ませる毎日なんだと。切ないね。
牛丼屋と言えば、夜だしバイトできるじゃん。お金もないし、小遣い稼ぎでもするか。
早速電話をかける。えー、はい。そちらで雇って貰いたいんですが。え、採用?もう今夜から働けますだって?はい今すぐ行きます。
牛丼屋へ。マネージャーから一通りの説明を受ける。そしていきなり現場へ。レジにも厨房にもカウンターにも誰もいない。これが、ワンオペってやつか。まさか初日から伝家の宝刀が拝めるとは。これで3800円は割に合わない。

4月21日。
3800円を握りしめ、リサイクルショップに。念願のテレビを購入。
ブラウン管だが、贅沢は言ってられない。さらにチューナーやDVDレコーダーまで付いてきた。なんてサービスが良いんだ。
さ、テレビとレコーダーを手に入れたからには、あそこに行かないとな。レンタルショップへ。
えーと、候補はバブリーヘル高校白書、WITHゴースト、探検野郎マック、Xフォルダーか。
なんか聞いたことがあるタイトルばかりだ。バブリーヘルにするか。少年と同じ高校が舞台だしね。

ルブランに帰る。
佐倉が、荷物届いているぞと教えてくれる。勝手に中身を確認してないだろうな。
玄関口には大きなダンボールが置いてあり、中にはブラウン管テレビと諸々が。早速二階に持って行きセッティング。そしてバブリーヘルのDVDをイン!
舞台はカルフォルニアのビバリーヒルズ。ミネソタから引っ越してきた双子の兄妹はバブリーヘル高校に入学し、物語は始まる。そこでまぁ色々あって・・・
なんて間にもう深夜。モルガナが寝ろ寝ろとうるさい。黙って。今、実は親友が人殺しだったという衝撃の事実が明かされたところなんだから。なに、明日学校だろって?お母さんかお前は。分かったよもう。

4月22日。
放課後。さ、今日は何をしようか。そう言えば同級生が、今、最高に熱い映画がやっていると言っていた気がする。
渋谷の映画館へ。なになに、今上映しているのはタンクトップミリオネアか。確かに、熱そうなタイトルだ。このチケットくださーい。
なんかタンクトップの少年がクイズミリオネアに出てる。最後の1問というところまで行くが、タンクトップなんてものを着ている少年なんかに問題が解けるわけないと不正を疑われ警察に連行されてしまう。そこで彼はタンクトップに隠された生い立ちを語り始める・・・
中々に破天荒なストーリーだ。度胸が身に付いた気がする。

4月23日。
そろそろ一人遊びも飽きてきたな。おい、坂本、一緒に遊んでやるぞ。
陸上の自主トレに付き合わされる。なんか陸上部の連中に絡まれる。鴨志田に部活は潰されたので元ではあるが。
お前のせいで廃部になったんだと責められる坂本。何も言わず耐える坂本。
帰り、坂本のオススメで荻窪のラーメン屋に行くことに。普通の中華そば屋さん。坂本曰く、このあっさり感が良いらしい。
記念にラーメンどんぶりを貰った。彼との仲が深まった気がする。

ふぅー。高校生活満喫してるなぁ。
あれ、でも何か忘れているような・・・
まぁ良いか!さぁ、明日はどこに行こうか少年。

【ペルソナ5 完】