play-a-death's junk-yard

素人製作プラモデルのブログです。下手でも作る事が好きなので、長い目で見てやってください。

ブログランキング挑戦中!

アレック(ALEC)からプラッツ(PLATZ.)経由で販売されている便利ツールを勝手に応援中です(笑)。詳細は右側のAmazon.jpの広告参照して下さい。


一日に一度、
こちらよりクリック宜しく〜♪⇒ ブログランキングバナー

2023年度 静岡ホビーショーに行ってきました その5 おまけ

最後は・・

s-VOLKS000


VOLKS です。

言わずと知れた、FSSのMHが有名です。

私もいくつか購入してますが、L.E.Dを一度作成しました。

当時はいわゆる「ガレージキット」に分類されておりましたが、
いまはある程度の修正や表面処理ができれば問題なく(固定なら)出来ると思います。

但し、塗装が金ぴかだったり、ポージングに凝ると、なかなか難しいキットという感じです。

以前は1/100スケールのみでしたが、最近は1/144などもある程度手頃な価格で入手可能。

ただ、某〇mazon等では、1/144スケールを1/100の価格帯で販売するなど、
ひっかけ商法も横行してますのでご注意ください。

さて今回も新作(?)が!!

s-VOLKS101


s-VOLKS102


s-VOLKS103


1/100 L.E.D ミラージュ V3

槍が長い・・・。

武器が長いと作成と保管が大変そうです。

s-VOLKS201


s-VOLKS202


s-VOLKS203


1/144 L.E.D ミラージュ V3

こっちは槍が付かないのかなぁ??


そして本編を既にみていないので分かりませんが・・・

1/100 ダッカス ザ ブラックナイト

s-VOLKS301


s-VOLKS302


s-VOLKS303


s-VOLKS304


何とか「ブラックナイト」といえば「バッシュ」ですけどねぇ・・。

なぜか縄文土器を思い出したのは、私だけ??



さて、その他おまけです。

s-2023来場者入館証


入り口で本人確認と体温測定で問題なければ、
このシールを左胸に貼って入場が許可されます。


TAMIYAでお土産を買って帰りました。

s-おみやげ


チョコレートですけどね。


今回もスタンプラリーが開催されていました。

市内(といっても静岡駅周辺)に配置された、
いろいろなプラモデルをめぐります。

昨年度までは5カ所でしたが、
今年は銀行の金庫と家康の甲冑の二つが追加されて、
7カ所になってました。

しかも雨なので、結構な時間がかかりました。

でも二人で2種類もらいました。

s-スタンプラリー景品1


私はTAMIYA カヌー工作セット(結構な価格)
これは誰かにあげようかな・・。

s-スタンプラリー景品2


かみさんは東京マルイ サバイバルゲームのゴーグル

こっちはもらってくれる人もいないかなぁ。

ではでは

クリック宜しくね ⇒ ブログランキングバナー

2023年度 静岡ホビーショーに行ってきました その4

さて続きましては・・

s-TAMIYA000


TAMIYAです。

今回はF−35A 1/72が展示されていました。

s-TAMIYA105


s-TAMIYA101


s-TAMIYA102


s-TAMIYA103


s-TAMIYA104


s-TAMIYA107


s-TAMIYA108


1/48が出ているのですが、大きい方が作りやすい?
「作った後で保管やディスプレイに場所が必要」と、
メーカの方と他のお客さんが話してました。
まぁ、数揃えるなら小さい方がいいかなぁ。

レシプロ機も4台ほど展示されていました。

昔やったセガ MDの「アドバンスド大戦略」で見た気がするものもありましたね。

1/48 ドイツ Fw190 D9 フォッケウルフ

s-TAMIYA201


s-TAMIYA202


s-TAMIYA203



1/48 アメリカ P−47D サンダーボルト

s-TAMIYA301


s-TAMIYA302


s-TAMIYA303



1/48 イギリス スピットファイア

s-TAMIYA401


s-TAMIYA402


s-TAMIYA403



1/48 ソ連 イシュリーン IL-2 シュトルモビク(?)

s-TAMIYA501


s-TAMIYA502



1/35 16式機動戦闘車

s-TAMIYA601


s-TAMIYA602


s-TAMIYA603


s-TAMIYA604


s-TAMIYA605


s-TAMIYA606


数年前に販売されましたが、いろいろと装備が追加されています。

主なものはエアコンの室外機とウインチですね。

ちなみに、内部にワイヤーを巻き取る機構が付属されています。
付属されるワイヤーのテンションを調整できるとのことでした。


 1/35 ドイツ弦羔鄰狎鐚

s-TAMIYA701


s-TAMIYA702


s-TAMIYA703


s-TAMIYA704



最後に、1/35 アメリカ M1A1(ウクライナ軍)

s-TAMIYA999


製品化進行中とのことです。

アメリカが他国に戦車(最新?)を供与や輸出していることを知りませんでした。

調べてみると実際に輸出されている国やライセンス生産(エジプト)など、
予定だけの国を併せても10未満でしたが・・。


クリック宜しくね ⇒ ブログランキングバナー

2023年度 静岡ホビーショーに行ってきました その3

さて次は・・

s-MF000


マックスファクトリーです。

ボトムズ関連がリリースされるようです。

1/24ですが、販売維持期も価格も未定とのこと。

s-MF101


s-MF102


s-MF103



s-MF104


s-MF105


開発中ですが、ターレットスコープや腕関節機構、
操縦席の構造詳細も展示されていました。

s-MF106


s-MF107


s-MF108


これもスケール的には大きいですが、欲しいですね。

さてここしばらくは1/72ダグラム関連がリリースされてましたね。

昔のTAKARA製1/72シリーズの代替としては十分な出来ですが、
1/48スケールが欲しいところです(特にダグラムとかね)。

そんな方にはこちら!!

s-MF301


1/35 ダグラム !!

s-MF302


s-MF303


s-MF304


s-MF305


s-MF306


出来は良いですなぁ。

大きさが大きさなだけに、お値段もかなり・・・。

でも欲しいっす。

予約するかなぁ。

あとはワタクシが個人的に好きなパトレイバー関連。

s-MF201


s-MF202


s-MF203


情景モデルはいいかなぁ・・。

s-MF204


s-MF205


ポージング固定なのはかっこいいねぇ。

続く・・・。

クリック宜しくね ⇒ ブログランキングバナー

2023年度 静岡ホビーショーに行ってきました その2

昨日の続きです。

次は・・。

s-GSC000


グッドスマイルカンパニーです。

このメーカは昨年からちらほらアマゾンでも見かけるようになりました。
ほぼほぼ80・90年代の作品を立体化してくれているので、
MaxFactoryと合わせてお世話になっている気がします。
ガンダム系統がないので(当たり前ですが)転売ヤーもあまり買い占めないのか、
価格も(定価に対してですが)お手頃・・・。
定価がそこそこするけどね。

ここ数年で、どこからか販売されていた気がしますが・・(完成品だったか?)

s-GSC103


s-GSC104


s-GSC102


s-GSC101


メガゾーン23のガーランドです。

スケール記載なく販売時期未定なら価格も未定。

s-GSC105


当時は見てないのですが、変形するのは好きなので欲しいですね。

こちらも懐かしい「オーガス」から

s-GSC201


s-GSC202


s-GSC203


s-GSC204


s-GSC205


s-GSC206


s-GSC207


s-GSC208


s-GSC209


当時は少しだけ見た気がしますが、全部見てないのか、
あまり記憶にありません。
40年も経っているので当たり前といえば当たり前かなぁ。

s-GSC210


スケール記載なく販売時期はきまってますが価格は未定。


 つぎは・・・

s-HASEGAWA000


HASEGAWAです。

s-HASEGAWA101


ザブングルのアイアン・ギアがリリースされていますが、
今回はその3番艦「ギア・ギア」が制作中です。

うん、見てたはずだけど記憶にないです。

s-HASEGAWA102


s-HASEGAWA103


s-HASEGAWA104


価格も販売時期も決定してます。
というか、アマゾンではすでに予約可能ですね。

s-HASEGAWA105


スケール的には細かいのかなぁ?
同スケールのWM付・・・まぁ大型のWMでしょう。
トラッドタイプの1/500は作るのも難しいし。

さて例年 マクロス関連の製品がリリースされています。

s-HASEGAWA201


s-HASEGAWA202


s-HASEGAWA301


s-HASEGAWA302


s-HASEGAWA401


s-HASEGAWA402


s-HASEGAWA501


s-HASEGAWA502


s-HASEGAWA503


s-HASEGAWA504


s-HASEGAWA505


s-HASEGAWA506


s-HASEGAWA507


戦闘機形態のものやバトロイド形態のものはありますが、可変タイプはないですね。

スケールモデルの航空機を扱っているメーカですので、
戦闘機形態がかっちょいいので、欲しくなります。

まぁ塗装含めて完遂できる気がしませんけどね。
そこまでの技術もないので購入すらしてませんが・・。


明日に続く・・。


クリック宜しくね ⇒ ブログランキングバナー

2023年度 静岡ホビーショーに行ってきました その1

昨年に続いて今年も静岡ホビーショーが開催されたので行ってきました。

今年もネットでの事前登録を済ませて、朝早くから移動・・・。

朝5:00起き。
6:20には会場からかなりの距離の駐車場に停めることができましたが、
朝から雨でしたので、8:00過ぎに徒歩で会場へ・・。

s-入り口000


s-入り口001


既に会場のツインメッセ静岡の敷地内から周囲に列ができてました。

これも最近同様ですね。

来年はワタクシだけ会場で下してもらって、先行待機でいきますよ。

さていつも通り、アルファベット順で・・。

s-AOSHIMA_000


AOSHIAMAです。

s-AOSHIMA_100


映画「バックトゥザフューチャー」のデロリアンが、
映画公開後にアオシマから販売されていますが・・・。

s-AOSHIMA_102


実車(劇中の車両ではなく)が展示されていました。

s-AOSHIMA_103


世界中のファン・協力者の応援もあって、公道を走れる(車検を通した)とのこと。

で、金型を新規設計して販売されるようです。

s-AOSHIMA_104


s-AOSHIMA_105


2024年度の発売なので、価格は分かりませんが、
初代と帰還時の集電装置付き、最後にドクが乗っていた浮遊式もいいですね。

ちなみに展示されていたデロリアンは集電装置が付いてましたね。

つづいて・・

s-BANDAI_000


バンダイです。

とある方からの情報で、「ボトムズ関連がリリースされる」と聞いていたので、
確認のために、一番最初に並んだんですが、およそ30分待ち。

s-BANDAI_101


ほんとだ!!

s-BANDAI_102


s-BANDAI_103


s-BANDAI_104


s-BANDAI_105


s-BANDAI_106


s-BANDAI_107


s-BANDAI_108


s-BANDAI_109


s-BANDAI_201


s-BANDAI_202


s-BANDAI_203


s-BANDAI_204


s-BANDAI_205


以前、1/20スケールのATが販売されていました。

なぜかファッティ(地上型)のみ買ったのですが、
スケール的にはもう少し小さい(高さは1/144のガンダム程度)気がします。

とりあえずスケールの記載がどこにもないなぁ・・・。


マクロス関連も販売するようです。

s-BANDAI_301


s-BANDAI_302


s-BANDAI_303


s-BANDAI_304


s-BANDAI_305


s-BANDAI_306


s-BANDAI_307


あまり見てないので、知らないのですが、完全変形ではないようです。

s-BANDAI_311


s-BANDAI_312


s-BANDAI_313


s-BANDAI_314


差し替えでないと、強度的に難しいのかなぁ?
まぁHGシリーズの可変モビルスーツも差し替え式のもあるからねぇ。

ということは、
アッシマー・アンクシャ―・バウンドドッグ(HGだけど箱はMGの大きさだけど)は、
完全変形だったので、良くできてるんだろうなぁ。

家の中のどっかにあるんだけどなぁ・・。

s-BANDAI_315


ショルダー・キャノン ジム 販売ですね。

s-BANDAI_501


s-BANDAI_502


s-BANDAI_503


s-BANDAI_504


s-BANDAI_505


s-BANDAI_506


s-BANDAI_508


なかなかいい感じですね。これは買うかもしれません。

s-BANDAI_507


昔から、ガンダムよりもガンキャノン派です。

s-BANDAI_601


s-BANDAI_602


これも欲しいなぁ。

s-BANDAI_603



では続きは明日へ


クリック宜しくね ⇒ ブログランキングバナー














2022年度 静岡ホビーショーに行ってきました おまけ

さて、ホビーショーの看板は表側には・・・

s-00 入口


ですが、裏側は・・

s-00 入口(裏)


となっています。

またここまでの間に自衛隊の車両が並んでいます。

今回は、16式機動戦闘車が展示されていました。

s-自衛隊 00


s-自衛隊 101


s-自衛隊 102


s-自衛隊 103


s-自衛隊 104


s-自衛隊 107


s-自衛隊 108


s-自衛隊 109


s-自衛隊 110


s-自衛隊 111


s-自衛隊 112


昨晩からの豪雨でしたので、自衛隊車両は基地から自走して来たそうです。

戦闘車両ですので、道交法で決められた装備がいくつかありません。
ウインカーなどのように「作戦行動中は使用しないする」ことができるものもあります。

s-自衛隊 121


s-自衛隊 122


これらは、取り外しができるミラーや前方の視界を確保するための
取り外し可能なキャノピーだそうです。

これをつけて雨の中移動・・・。

ご苦労様です(・◇・)ゞ

さて、静岡ホビーショーでは、ウォークラリーが開催されていました。

5カ所まわるんですが、そこに面白いオブジェがあるので、一緒に撮影して回りました。

s-10 模型01


これは静岡ホビーショーの会場、ツインメッセ静岡に設置されているものです。

s-10 模型03


s-10 模型04


これらは静岡駅の南側のバスターミナルに設置されているものです。

s-10 模型05


これは静岡駅内に設置されているものです。

s-10 模型02


静岡市役所の敷地内に設置されたものです。

これらを回ってスタンプを押して、
奥様とワタクシは、第60回静岡ホビーショーの紙袋に入った、
卵ひこーきのプラモデルとミニ四駆を頂きました。

まぁ、もらったんですが、うちでは作る人がいないので、近所の方に譲りましたが・・。

5種類あったけど、あとは何がもらえたんだろう?

次回も挑戦しよう!!

それではまた・・・。

クリック宜しくね ⇒ ブログランキングバナー
since ’060508




アーカイブ
カテゴリー
バナー(本物 笑)
コメントありがとう!
  • ライブドアブログ