米NBCテレビは9日、国防総省が北朝鮮に対する先制軍事攻撃の選択肢の一つとして、

米空軍のB1戦略爆撃機による北朝鮮の弾道ミサイル発射基地などに対する精密爆撃を
実行する準備を整えたと伝えた。

トランプ大統領による命令があれば、いつでも実行できる状態にあるとしている。