アルツハイマー治療薬の第2相臨床試験で認知機能の低下を抑える効果を
確認したと発表した。

認知機能の低下などを30%近く抑えられたとしている。

この結果を受けて、実用化に向けた最終段階の治験に取り組む見通し。