ロシア軍が2020年までに千島列島や北方領土に地対艦ミサイルを増強し、

全域を覆って防衛線をつくる構想があることが30日分かった。