野村証券は子会社が2200億損失。

アルケゴスが利用していたレバレッジの多くは野村ホールディングスや

クレディ・スイス・グループなどの銀行が、スワップやCFD)を通じて

提供していた。