中国など主要国での電力・ガス不足を背景とする
世界的な原油需要の回復が主要因とみられる。