前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が
複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」
約20億円成立。