米労働省が9日発表した新規の失業保険申請件数は、18万4000件と、
前週から4万3000件減少、1969年9月以来52年ぶりの低水準。