投資家倶楽部(個別株・指数取引全般)

個別株、日経225、為替、商品、チャートテクニカル分析
個別株スクニーニング

2009年09月

米国の現状を考える

米ヘッジファンド、タイガー・マネジメントの
ジュリアン・ロバートソン会長は、
日本や中国が米国債を購入しなければ米国は
「アルマゲドン(壊滅的状況)」に陥るだろうと
述べた。

米経済専門局CNBCのインタビューに応じた
ロバートソン会長は、米国の借り入れはあまりにも
膨大で返済など「到底できない」と指摘、デフレ
よりもインフレがより大きなリスクだとの見方を示した。

ブルームバーグ 2009/09/25 00:36


上記記事を読みどう思います。

私は借金の金利が借金となる負の連鎖をイメージします。
「火の車」

FRBが米国債買い取りと言う記事を見て不思議に
思いませんか?

アメリカ合衆国財務省が発行したものをFRB
(連邦準備制度)が買い取っているのです。

日本政府が発行した国債を日銀が買っている
のと同様ですね。

国債とは必要とする資金を調達する借金です。
その借金に利息を付けて返還するから買い手が
いるのです。

しかし、買い手がいなければ国債は暴落する。

それを防ぐ為にFRBが買い手になるのは
「タコが自分の足を喰っているのと同じです」
(禁じ手を使用)

中国はドル資産から脱却し、金、銀などの貴金属や
不動産へのシフトを推奨しています。

アメリカからは景気底入れのコメントが毎日
伝わってきています。

中国や日本が米国債の買い入れを減少させ
原油価格が下がると中東の買いも減少します。

ロシア政府がドル依存から第二通貨を提唱して
いる意味を考えるとゾットしますね。

日本による為替介入がなされないとなると
安心してドルが売られる理由となります。

NYダウが上昇を停止するとドル円は80円
割れも視野に入ります。

注意が必要ですよ、米国ではプライム層に
失業の波が押し寄せ、ローン遅延や差し押さえが
増えているのですから。

昨年は「サブプライム問題」
次は・・・


空売り屋(You Tube)←クリックしてみよう。

民主党:日中露友好と天然ガス

ガスを使用したエアコンを使用するのと
電気を利用したものでは使用料金が
半減するのをご存じですか?

衆院外務委員長に鈴木宗男氏が就任した事で
中断されていた日露友好を御旗に北方領土問題が
進展するのは疑う余地はない。

それと共にロシアの天然ガスプロジェクト
サハリン2が本格始動する事に成ろう。

「サハリン2」稼働、露から日本へ初の液化天然ガス

二酸化炭素排出25%削減で石油企業が製油所から
排出している二酸化炭素、年間約4000万トンを
軽減するには天然ガスの使用量を増やす事が考えられる。

クリーンエネルギー天然ガス

原油は採掘されればアメリカが潤う

CFTCファンドポジションでは原油が買い越しで
原油価格が上昇しても天然ガスは万年売り越し
が続く。米国の意図が見えてくるはず。


資料関連

天然ガスの輸出量と輸入量




天然ガス生産国

第1位:ロシア(6074億立方メートル)(20.6%)

第2位:アメリカ(5459億立方メートル)(18.8%)

第3位:カナダ(1837億立方メートル)(6.2%)

第4位:イラン(1119億立方メートル)(3.8%)

第5位:ノルウェー(897億立方メートル)(3.0%)

第6位:アルジェリア(830億立方メートル)(2.8%)

第7位:サウジアラビア(759億立方メートル)(2.6%)

第8位:イギリス(724億立方メートル)(2.5%)

第9位:中国(693億立方メートル)(2.4%)

第10位:トルクメニスタン(674億立方メートル)(2.3%)

CO2削減関連銘柄

民主党の鳩山由紀夫代表が打ち出した、
25%削減計画ではそうとうな経済的資金が
動くと思います。今後、注目ですね。


6005 三浦工業

6361 荏原

6502 東芝

6508 明電舎

7011 三菱重工業

7013 IHI

1978 アタカ大機

6864 エヌエフ回路

6891 イーター電機工業

6315 TOWA

ドル/円:システム、利益目標達成

勝率100%は維持されました。

お疲れさまでした。

勿論、メンバー配信済み。


米ドル/円 GTIS


投資:勝利していますか

システム稼働時、配信しています。


米ドル/円 GTIS





【サポート内容】

  ・テクニカル分析による有望個別株の配信(日々)

  ・システムサインの配信(チャット・メール)
  (為替、株価指数、商品)

  ・白銀比分割ライン配信(為替、株価指数、商品)

  ・225スカイプチャット中継(9時〜起きている間)

  ・テクニカル指標勉強会(無料)
   (指標活用法)


【投資対象】
・日経225(平均・先物)
・為替(FX)
・個別株
・CFD
・商品先物(CX)


詳細はここをクリック

Minkabu:chart system


ストックボイス ライブ放送
天文波動
遠慮無用、勝負なされ
記事検索
ブログRSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ