Trade club(勝つ分析を身に付ける)

個別株、日経225、為替、商品、チャートテクニカル分析
個別株スクニーニング

2012年11月

電力会社が発注する送電線の工事を巡り、談合を繰り返していたとして、
公正取引委員会は27日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、
関西電力グループのきんでん、住友電設、日本電設工業など
電気設備工事会社約50社の本社などを立ち入り検査した。

他に立ち入りを受けたのは関電工の子会社のTLC、
システック・エンジニアリングなど。

談合により工事価格が不当に高止まると、結果的に電気料金に
転嫁され利用者の負担増になる。

公取委は関係者の聞き取りを進めるとともに関係書類の提出を受け、
実態解明を進める。

↑このページのトップヘ