投資家倶楽部(個別株・指数取引全般)

個別株、日経225、為替、商品、チャートテクニカル分析
個別株スクニーニング

2013年12月

東京証券取引所が27日発表した東京、名古屋両市場の株式売買状況によると、
海外投資家の買越額は1月から12月第3週(16〜20日)までの累計で14兆6108億円に達した。
海外勢は第4週も買いを継続したとみられ、2013年の買越額は過去最大となるのが確実だ。 

ニューヨーク銅先物相場は反落。SMMインフォメーション&テクノロジーによると、
世界最大の銅消費国である中国が輸入する銅のプレミアムは、今月に入って10%低下した。

27日のスペイン株式市場で建設大手のFCCが一時8.8%急伸した。
著名投資家ジョージ・ソロス氏が同社株3%を取得したとの報道が手掛かりとなっている。

スペインのメディアは26日、ソロス氏がFCCの株式を創業家から取得したと報じた。

ソフトバンクがTモバイルUS買収した場合の売り上げは

日米を合わせたグループの契約数は現在の約1億件から
1億4000万件に膨らみ、

実現すればソフトバンクグループの携帯事業の年間売上高は7兆円に
達すると言う。

野村ホールディングス <8604> は20日、米証券取引委員会(SEC)に提出した
半期報告書の中で、傘下の持ち分法適用会社、足利ホールディングス <7167> が
上場したことによる有価証券評価益が、約140億円発生するとの見通しを明らかにした。 

↑このページのトップヘ