投資家倶楽部(個別株・指数取引全般)

個別株、日経225、為替、商品、チャートテクニカル分析
個別株スクニーニング

2014年01月

今春から大口顧客の企業向けを始め、電力小売りの全面自由化が予定される
2016年には一般家庭向けにも販売する。

オリエンタルランド <4661> が30日発表した2013年4〜12月期の連結業績は、
売上高が前年同期比20.0%増の3662億円、本業のもうけを示す営業利益は
37.8%増の1010億7600万円、純利益は34.5%増の630億1500万円と、
いずれも4〜12月期としては2年連続で過去最高を更新した。

イングランド銀行(英中銀)のカーニー総裁が金融引き締めに着手するには、
一段の景気回復が必要との認識をあらためて示し、目先の利上げの可能性を否定した。

中国メディアによると、信託会社の中誠信託は27日、今月末の償還期限を前に
デフォルト懸念が強まっていた金融商品に関し、元本償還を行うと購入者に通知した。

詳細は不明だが、「新たな投資家と合意に達した」と説明しており、償還資金のめどが
ほぼ付いたとみられる。利払いは一部行われないという。

財務省が27日に発表した12月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は
1兆3021億円の赤字となった。

輸入の大幅増加を背景に、3カ月連続で1兆円台の大幅な赤字となった。
赤字は18カ月連続。1979年の統計開始以来、3番目の赤字額を記録した。

東日本、中日本、西日本の高速道路会社3社は22日、老朽化した橋や道路など
計約2110キロ・メートルを、2014年度から改修する計画をまとめた。

改修区間は、3社が管理する高速道路(総延長約9000キロ・メートル)の2割強にあたる。
改修費の総額を現時点で3兆200億円と見積もっている。

東名阪道の弥富高架橋(愛知県)や阪和道の松島高架橋(和歌山県)など
計約240キロ・メートルは1兆7600億円かけて、橋を造り直すなどの大規模な改修。

さらに計約1870キロ・メートルの区間は1兆2600億円の費用で、橋脚やトンネルの
補強などを行う。

↑このページのトップヘ