Trade club(勝つ分析を身に付ける)

個別株、日経225、為替、商品、チャートテクニカル分析
個別株スクニーニング

2014年04月

ロシアの国営天然ガス大手ガスプロムは29日、ロシアとウクライナとの政治的、経済的な
緊張激化のあおりで、欧州向け天然ガスの供給が混乱する恐れがあると改めて懸念を表明した。

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の財政制度分科会は28日、国と地方を合わせた
財政の長期試算を公表した。財政再建に取り組まず、税収などで政策経費をどれだけ
賄えるかを示す基礎的財政収支の黒字化も達成できなかった場合、2060(平成72)年度の
国の借金は国内総生産(GDP)比約5・6倍の約1京1400兆円に膨らむとの試算を示した。

ウクライナ危機をめぐり、米国は26日、ロシアのプーチン大統領と親しい企業人らを
制裁対象に加える方向で検討に入った。早ければ本日にも追加制裁を発動する。

24日の米国債は上昇。7年債利回りは1週間ぶりの低水準に近づいた。財務省が実施した
同年債の入札(290億ドル)では、海外の中央銀行を含む間接入札者の落札全体に占める
割合が2011年以来で最大だった。

自民党は24日、名古屋―大阪間の工事費全額を国が無利子で貸し付け、
東京―大阪間の全線を同時開業させる案をまとめた。

貸し付けのための特別措置法の制定を政府に提案し、財務、国土交通の両省と
本格的な協議に入る方針だ。


TPPは閣僚級会議を継続。

HSBCが発表した4月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は48.3で、
3月の改定値48.0から上昇した。ただ依然として、拡大と縮小の節目である50を割り込んでいる。

↑このページのトップヘ