Trade club(勝つ分析を身に付ける)

個別株、日経225、為替、商品、チャートテクニカル分析
個別株スクニーニング

2015年12月

イランは28日、核開発問題をめぐり米欧など6カ国と7月に達した最終合意に基づき、
国内の低濃縮ウランをロシアに向け船で運び出した。

最終合意では、イランが核開発を大幅に制限し、見返りに米欧が制裁を解く手はずと成っている。

上場企業による2015年の自社株買いの規模は前年の約1.5倍の4兆8000億円に達し、
06年以来9年ぶりに過去最高を更新しそうなことが25日、金融情報サービスの
アイ・エヌ情報センター(東京)の調べで分かった。

経営立て直しを進める東芝が、炊飯器など小型白物家電を開発・生産する国内拠点を、
売却する方向で検討していることが24日、分かった。

海外の白物家電生産拠点は既に売却の検討に入っており、国内拠点も売却すれば、
すべての白物家電の生産拠点を売却することになる。

米道路交通安全局(NHTSA)は、タカタ製エアバッグの欠陥に絡む米国での死者が
計8人となったと明らかにした。

事故は7月に発生。リコール(回収・無償修理)対象の2001年型「ホンダ・アコード」に
搭載のエアバッグが破裂した。運転者は病院に搬送されたが、数日後に死亡したとしている。

ゆうちょ銀は1300万円、かんぽ生命は2000万円 民営化委、限度額引き上げ容認。

政府の郵政民営化委員会(増田寛也委員長)は22日、ゆうちょ銀行の貯金限度額と
かんぽ生命保険の加入限度額の引き上げを容認する方針を固めた。来年春までに、
ゆうちょ銀は現行の1000万円から1300万円、かんぽ生命は1300万円から2000万円
とする方向で最終調整している。

旭化成を調べると化学、繊維、住宅、建材、エレクトロニクス、医薬品、医療等の事業を行う
各種事業会社を統括する純粋持株会社と成っている。

化成の意味は形を変えて他の物になる、またはする事と出て来る。

旭化成はケミカル事業で、石油化学系事業や高機能ポリマー系事業とうたっている。

ビニールやプラスチック、化学繊維が石油から出来ていると言う事を知らない人が意外と多い。

JR東海は18日、南アルプストンネルに着手した。

南アルプスの山岳地帯は「複雑な断層構造で、今まで鉄道や道路の建設を避けてきた」
という難所。

日本の建設業界が過去の鉄道・道路のトンネル建設で培った技術を結集し、最難関の工事に挑む。

18日は山梨県早川町で山梨工区の起工式を開催し、JR東海と同工区を担当する大成建設、
佐藤工業(東京)、銭高組の関係者らが出席した。

日銀はETFの買い入れ拡充が柱。現行の年間3兆円に加え、

「設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業」の株式を対象とする
ETFを3000億円追加購入する。

不動産投資信託(J−REIT)についても、銘柄別の買い入れ限度額を当該銘柄の発行済み
投資口の総数の「5%以内」としていたが、市場における発行残高に比べ、日銀の保有残高が
増加していたことから「10%以内」に引き上げる。いずれも賛成6、反対3の賛成多数で決定した。
反対したのは木内登英審議委員、佐藤健裕審議委員、石田浩二審議委員。

↑このページのトップヘ