Trade club(勝つ分析を身に付ける)

個別株、日経225、為替、商品、チャートテクニカル分析
個別株スクニーニング

2016年02月

台湾の鴻海精密工業はシャープの買収計画について、これまでに明らかにされていなかった
偶発債務の存在が判明したことで、買収契約の調印を保留した。

シャープが精密に送った詳細文書でシャープの偶発債務は「数千億円」に上ることが
判明したとしている。

台湾の鴻海精密工業は25日、シャープ(6753.T)が同日の取締役会で
受け入れを決めた買収計画について、正式契約の締結を遅らせることを明らかにした。

シャープ側が鴻海に対し新たな条件を提示したため、精査する必要があるとしている。

本日の大陰線が気になりますね。

中国・上海で26、27日に開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、経済が一段と悪化すれば行動する用意があると共同声明で表明する可能性が高い。

欧州代表団の当局者が明らかにした。

会議の準備に関わっている当局者は「リスクが大幅に高まっており、必要があれば、状況が一段と悪化すれば行動を取る用意があるということで合意するだろう」と述べた。

23日の外国為替市場で、英国の欧州連合(EU)離脱懸念を背景に、ポンドが1.40ドル
ちょうどの節目目前まで売られ、7年ぶり安値を更新した。

週初からの下落率は2.6%と、2日間の下落率としては2009年以来の大きさ。

不動産経済研究所が22日発表した2015年の全国新築マンション市場動向によると、
1戸当たりの平均価格は前年比7.2%上昇の4618万円と、1991年の4488万円を上回り、
73年の調査開始以来最高値を付けた。

不動産ブームでマンション価格が高騰したバブル期の記録を塗り替えた。

地域別に見ると、発売戸数全体の半分以上を占める首都圏では9.1%上昇の5518万円と
なったほか、札幌や仙台、名古屋、福岡などの地方主要都市も伸びが顕著だった。

銀行による不動産業向けの新規貸し出しが2015年にバブル期を超え、26年ぶりに過去最高となった。

マイナス金利の影響は今後、顕著に表れ始める事となりそうだ。

サウジアラビアのジュベイル外相は、AFPとのインタビューで「増産という点で他の産油国が
制限を望んだり凍結で合意するのであれば、それは市場に影響を及ぼすかもしれないが、
サウジに減産に踏み切る用意はない」と語った。

詳細はAFPへ>>>

↑このページのトップヘ