Trade club(個別株・指数取引全般)

個別株、日経225、為替、商品、チャートテクニカル分析
個別株スクニーニング

2018年09月


10月1〜7日 7連休の海外訪問先

1位は日本となったもよう。

日中融和傾向が理由。




中国が27〜28日に予定していた米国との貿易協議を

取りやめるとウォール・ストリート・ジャーナルが

報じている。


我々は中東を守っている、彼らはアメリカ無しで安全は長く続かない。

彼らはより高い石油価格を望んでいる事を我々は理解している。

OPECは即刻、原油価格を下げろ。


人民元の下げは害のほうが大きい。

中国は人民元の切り下げを通じて輸出を刺激する方策は取らない。

競争的な切り下げを実施するのではなく人民元を安定させ
市場志向の為替改革を進める。

今よりさらにビジネス環境を改善し中国企業も外資企業も平等に扱う。

近日一部商品の輸入関税を下げる関税の平均レベルを引き続き下げて行く。

新興国でインフラ投資を進める。

中国をオープンなマーケットしする。


↑このページのトップヘ