Trade club(勝つ分析を身に付ける)

個別株、日経225、為替、商品、チャートテクニカル分析
個別株スクニーニング

カテゴリ: 経済発表

中国国務院(政府)は7日開いた常務会議で、

市中銀行から強制的に預かるお金の比率を示す「預金準備率」の

引き下げなど緩和的な金融政策を検討していると明らかにした。


猶予期間90日(期限は8月6日)

・イラン政府によるドルの購入・取得

・イランとの金など貴金属の取引

・グラファイト(黒鉛)、原材料および半製品の金属、石炭、

 産業用ソフトウエアでのイランとの直接および間接的な
 販売、供給、取引

・イラン製の敷物と食品の米国への輸入および特定の関連する金融取引



トヨタ自動車が9日発表した2018年3月期連結決算(米国会計基準)は、
純利益が前期比36.2%増の2兆4939億円となった。

16年3月期に記録した日本企業としての過去最高益(2兆3126億円)を更新した。

中国の習近平国家主席は、

「中国は経済のグローバル化を推進」
「中国は金融市場の開放措置を実行する」
「中国は海外金融企業のビジネスを広げていく」
「中国は自動車関連製品の関税引き下げへ」
「中国は金融市場の開放措置を実行する」

などと発言した。

米連邦準備理事会(FRB)が14日公表した公定歩合会合に関する議事録で、5地区連銀が
引き上げを主張したことが分かった。今回新たに、リッチモンド地区連銀が主張に加わった。

5地区連銀は、クリーブランド、ダラス、フィラデルフィア、カンザスシティー、リッチモンド。
公定歩合を0.75%から1%に引き上げるよう提案した。リッチモンド地区連銀は前回会合で、
据え置きを求めていた。

↑このページのトップヘ