2006年12月28日

レッスン公開♪IYさん

ランキング参加中です。応援クリックしてくれたら嬉しいです。
●人気blogランキング●

皆さん、ピアノを始めるときに、どんな自分の姿を想像していましたか?
「好きな曲を感情を込めて弾いている姿」という方が多いのではと思います。
やっぱり曲が弾けるようになりたい、その気持ち、とってもよくわかります(*^_^*)

ピアノ上達のために、遠回りになるような練習方法を取ることにはあまり賛成できませんが、楽しむために色々なことに挑戦してみることには大賛成(*^_^*)
「ピアノで遊びたい・楽しみたい」っていう気持ち、やっぱりとっても大切です。

それでは、今日はIYさんのフォームを紹介します。
こんな感じに弾きたいっていう参考になると思います。

IY1

続きを読む前にぜひぜひクリックお願いします。
●人気blogランキング●




IYさんは4歳のときにピアノを始め、高校生のときまで習っていたけど、その後10年くらいのブランク、やっぱりもう一度音楽のある生活をということで、私の教室に来られました。

弾いてもらうと、非常に効率の良い弾き方をされていました。
(相当指導力のある方に習っていらっしゃったのがうかがえます)

写真を見るとわかるように、彼女の前腕と手の甲が作る角度を、腕の下に引いた地面と平行の補助線と比べてみてください。
左側の写真が鍵盤を押した瞬間、右側が指をあげている状態の時です。
手の甲と前腕が平行になるように弾くと、力が無駄なく指に伝わっていきます。
そして腕を持ち上げるときには、右側の写真のよう手の平側に手首が少し曲がった状態が望ましいんです。

手首を甲側に曲げて腕を上げるのと、手の平側に折るようにして腕を上げるのでは、どちらが脱力状態に近く感じるでしょうか。
通常、手の平側に曲がったときのほうが脱力しやすいはずです。

特に女性は、手の甲側に手首を曲げてしまう人が多いです。
これは日常生活からの癖となっている場合が多いので、なかなか取り除くのは大変な作業かも知れませんが、練習中に腕を持ち上げるようなときは、意識して手首を手の平側に曲げるようにしてみてくださいね。

クリックせずにここまで読んじゃったひと、是非ともクリックお願いします。
●人気blogランキング●

playpiano at 16:04│Comments(0)clip!レッスン公開中 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
上達にかかせない教材など
Profile
コメントありがとうございます
いつも考えてること
社会人・子育て中の主婦の方を中心に、限られた時間と自身の環境の中で、いかに充実してピアノと人生を楽しんでいくか・・・を生徒さんと日々研究中。幸せなピアノ弾きをひとりでも多くすることが生きがいです(*^_^*)