なんちゃってフライフィッシング!(時々ルアーも)

ブルーギルを釣る為にFFを始めた、言うなればFFの世界に裏口入学してしまった
へっぽこおやじのフライ(時々ルアー)フィッシング&ボケ防止のための自炊生活と楽器いじり
のブログです。 なので、正統派の方々はどうか素通りされて下さいまし。

ハンズに行くと、こんなアイを売っています。
右から2mm、5mm、7mm 確か他に10mmもあったハズですが、見当たりません。
DSC03366

で、手持ちのスプーンの表情がイマイチだったので、彼らに7mmのアイを付けてみました。
DSC03368

余っていたので、ついでに裏にも・・・
DSC03369

アイを付ける前の写真を撮り忘れてしまったのですが、前よりなんか釣れそうです。

DSC03372

う~ん これはボディーの斑点とアイの大きさも似ていて微妙ですが、悪くはなっていないかと・・・
DSC03374

思い出しました。 10mmは後付けリップのパーツになっていました。 終わり デコメ絵文字

前に買ったBFS入門用のベイトリール・・・フロロを巻いたのですが、PEの方がスプール重量を軽くでき、BFSリールとの相性が良い???とか・・・
そんな話を聞くとやはり試したくなるのが人情・・・
どのくらい効果があるのか?は、やってみないと分からん! という事で早速、安いPEを買ってみました。

DSC03242
 一応25m単位にマークがあるので、とりあえず50m巻いて・・・
DSC03356

さて、スプールの回転の立ち上がりの良さが、実感できる程の差があるのでしょうか?
楽しみです。

鮎ばり・・・買ってみました。
なんと、送料含めて102円でした。
DSC03322

では鮎を・・・始めません。
まで手を出す予算がありません。

そ~です。 予算が無いので、これ前に買ったスプーンのフックに使おうと企んだ次第です。
マルトでもスプーン用のフックを買ってはいるのですが、チョット小さかったようです。
DSC03324

まっ!ちょっとアイを細工する必要はあるのですが・・・
大き目のドライフライにも使えそうです。




昨今の医療技術には、目を見張るものがあります。
例えば
iPS細胞! これを使って臓器を作り出し移植!なども夢ではなくなって来ています。 事実、ヒトiPS細胞由来網膜神経節細胞の作製も進んでいるそうです。

が、しかし問題はもっと身近なところに!

そ~です。 前回、シングルフックを取り付けたハゼ用クランクベイト!
安物だけあって、三個のお目目がインチキっぽいのです。
DSC03314

これ
です。 う~ん 深海の魚が思い切り瞳孔を開いてるんだよ!と言われてみても違和感が否めません。
DSC03315

そこで、私もシャカ!シャカ!と
眼球の培養&移植を試みてみました。
結果はご覧の通り成功です。
DSC03316
 他の
クランクベイトより、ぱっちり目玉 デコメ絵文字おめめになりました。
が、肝心なハゼくんから見た場合どうなんでしょう?
やたら元気そうで、襲いにくいかも ハハハ


実は、昨日・今日と長野釣行に誘われていたのですが・・・体調不良で、家でうだうだしています。

ただ今日はやけに涼しく、やっと明朝体*秋 デコメ絵文字の気配が感じられるようになって来ました。

もう少しすれば体調も戻って来そうです。 そこで、ハゼクラ出陣エイエイオー デコメ絵文字準備!

去年、ハゼクラ用のクランクベイトを購入したのですが、
シーズンも終わっており、そのままになっていました。

購入時点で、付いていた使い物にならない鈍らトリプルフックは取っ払っておいたのですが、肝心のシングルフック(縦穴)がありませ~ん。

なので、フライフックを流用することに・・・まずはウキのブランコ部分に使われるブレイテッドラインをグイグイとアイ側に被せ・・・
DSC03286

適当なスレッドで止めます。
DSC03287

ブレイテッドラインを縦に折り返し、少し余裕を持たせスレッドで止めます。
DSC03288

余った部分をカットして、瞬間接着剤で固めます。
DSC03290

後はスプリットリングでクランクベイトへ装着すれば完了!
DSC03294

カキ殻等、根掛かりも心配されるので、多少予備もあると安心です。
DSC03313

 う~ん アシストフック・・・どうしますかね。

このページのトップヘ