なんちゃってフライフィッシング!(時々ルアーも)

ブルーギルを釣る為にFFを始めた、言うなればFFの世界に裏口入学してしまった
へっぽこおやじのフライ(時々ルアー)フィッシング&ボケ防止のための自炊生活と楽器いじり
のブログです。 なので、正統派の方々はどうか素通りされて下さいまし。

「装着!」と言っても、グリップの長さに切って、被せ、ドライヤーの熱風を当てたるだけなんですけど・・・

ただ、トップ側はブランがあり、あまり熱風を直に当てたくない人は、キッチンタオル等を巻き、そこへコルク部分をっスライドさせてから
DSC03074

ラバーを被せて熱風を当てれば、ブランクへの影響を減らせるのでは?
DSC03075

という事で、今回はカーディフ NX B50ULとNX B77MLを皮被りにしてみました。フフフ
DSC03077

 う~ん 見た目は意見の分かれる所ですねぇ~
でも、元のグリップが結構細めだったので、個人的に握った感じは良くなりました。

フライロッドの親指の当たる所など・・・部分的に使っても良いかも



Amazonで見つけたラバーチューブ・・・すごく欲しかったわけではなかったのですが、釣具店等の半額以下で売っていたのでポチッってしまいました。

で待つこと二週間・・・
国旗/中国 デコメ絵文字から届きました。
DSC03071

釣具店の商品と同じモノの様ですが・・・
DSC03072

とりあえずトラウトロッドに使ってみます。 はい!

 

先日、使っていたイスラム・ワッチが傷んでき!ので、麻のイスラム・ワッチを購入したのですが、その被り心地が良かったので再購入してみました。
今回は、オーダーです。
色はブルグレー、素材は前回同様夏糸の麻です。 で、サイズなのですが、これからちょっと蒸してくるので、前回より1
浅い15㎝指定でお願いしました。
DSC03055
今回のワッチも満足のいくものでした。^^)y
次回は、オレンジのグラデーションかなぁ~・・・

沖縄釣行で使っているウェーディングシューズなんですが、一度フエルトを自分で張り替えたモノを使用しています。
そのせいかなのか、帰って来て塩抜きをしている時に土踏まずの部分のフエルトが剥がれているのを発見! もう片方も踵の部分が少し・・・そろそろ修理をしておかねば、と重い腰を・・・
張り替えて宮古島3回と石垣島2回、毎回五泊六日でリーフや尖った磯岩も多いので、普通の渓流に比べるとフェルトの減りも早いです。
最初は、剥がれた部分に接着剤を流し込んで
接着しようと思ったのですが、剥がれた部分の奥のサンゴ砂が綺麗に取り切れません。 また、中途半端な修理をして、次回の釣行途中で剥がれては目も当てられませんので、ココは一度全部剥がし、貼り直すことにしました。
付いていつ所は確りしていて剥がすのが大変でしたが、部分的には
砂が入り込み剥がれている所も・・・やはり全部剥がして正解でした。
DSC03053

ワイヤーブラシ等を使って靴底とフェルトの砂を落し、いよいよ接着と思ったのですが・・・これじゃ接着剤が足らん
DSC03054

フエルトの接着って、結構接着剤の量が必要なんです。
この接着剤は170㎎入り、普通のが20㎎なので8.5倍入っていますが、少なくても半分は必用!・・・
という事でAmazon発注ですね。
今日はここまで^^)y

海フライのバランスがしっくりきませ~ん。
でっ!、アイの大きさを5㎜から4㎜に変更してみようかと・・・
DSC03014

色々試作もするし、安かったのでとりあえず480個*2セット!
DSC03015

ホントは3㎜も欲しかったのですが、扱ってないとの事でした。トホホ
果たしてその結果や如何に???




このページのトップヘ