明日の俺は今日よりもBIG

昨日よりも今日。今日よりも明日。日々BIGになることを目指す日常を書いています。

子供が何に向いているか見つける方法はある?

昨日、娘の幼稚園の終業式でした。2学期が終わり
冬休みです。(うらやましい。。。)

冬休みが終わるとあっという間に3学期が終わり、
年長さんになるんだなと思うと、子供が大きくなるのは
早いなと感じます。

もうあと1年とちょっとで小学生になると考えると
そろそろ足し算、引き算とか漢字とかを勉強させた
方がいいのかなと考えたりします。

周りにあまり幼児教育に熱心な人もいないので、
特に焦ったりはしていないのですが、自分自身が
幼稚園の頃に何も勉強していなくて、小学校に
入った時に授業について行けずに苦労した経験が
あるので、できれば娘には同じ経験をさせたくないと
思っています。

成績のよい子は幼児の頃どのような生活をしているのか
気になり調べてみたところ、下記のサイトを見て少し
安心しました。
幼児期の「お勉強」効果は、先々まで続くのか 

こちらに書かれていた伸びる子が幼児期にやっていたこと。
1.小学校受験のための勉強はしていない
2.何かしらの習い事はしていた
3.生活習慣に関して家庭でしっかりと教えられている傾向がある
4.友達とたくさん遊んでいる

 結構娘には当てはまっていることが多いので
間違ってはいなかったんだと改めて思いました。

確かに、僕の同級生で一流大学と言われる大学に入り、
一流の社会人になっている人達も普通に僕と同じ
公立の小中学校に行き、小さい頃から何かしらの
習い事はしていて、僕らと一緒にたくさん遊んでいました。
おそらく家庭でも生活習慣に関してしっかり教育されて
いたものと思います。

なので、テレビで紹介されているような沢山のお金を
幼児教育に投資するようなことは必要ないのだと
思いました。

ただ、上記のサイトでも書かれていましたが、小学校入学前に
毎日勉強する習慣を身に付けさせると良いようなので、
あと1年ちょっとの間に習慣化を目指してみます。

あと考えているのが習い事です。今は娘がやりたいと
言っていたので体操教室に通わせています。どちらかと
言うと上達は遅い方なのですが、泣きながらでも諦めずに
一生懸命やっているので、すごくいい経験になっていると
思います。

でも、どうせやらせるなら娘の才能を開花させるような
習い事をやらせてあげたいなと思っています。でも
子供の才能ってすぐには見つけられないですよね。

同じように悩んでいる人が下記のサイトで子供の才能の
見つけ方を紹介されていました。
子供の才能の見つけ方 

今は遺伝子検査なんてものがあるんですね。
ちょっとお金はかかりますが、子供の才能が見つけられるのであれば
投資する価値はあるかなと思いました。検討してみたいと思います。 

目が悪くなった子供の視力を回復する方法

最近は未就学児や小学校低学年の子供で
視力が低下している子が多いそうです。

私の子供は現在4歳で、今のところ視力に
問題はありませんが、明日は我が身だと
思い、なぜ子供の目が悪くなるのか、
回復させる方法はあるのかを調べて
みました。

子供の目が悪くなる一番の原因は
近くのものを見ることが多くなった
生活習慣にあるようです。

感のよい人なら気づいたかもしれませんが、
そのような生活習慣になった一番の原因は
スマホやタブレットです。 

大人でも最近はスマホの影響でスマホ老眼なる
症状に悩まされている人が多いと聞きます。
それくらい現代社会は目を酷使しているんですね。

先日、子供の視力回復に尽力している
方から聞いた話だと、特に5歳くらいの
子供の場合は、この頃に目の神経が
完成する時期であるため、この時の
視力がこの子の最高視力になり、
例えばこの時の視力が1.0未満になって
しまうと、どんなに視力回復させようとしても
1.0以上にならないとのことです。
 
では、一度悪くなってしまった子供の視力を
回復させるにはどうすればよいのでしょうか。

大人であればレーシックというのが1つの
選択肢になりますが、子供にレーシックというのは
聞いたことがありませんし、レーシックは失敗の
事例もあるため、怖いですよね。

1つは最近出てきたオルソケラトロジーレンズという
ものを使う方法です。

オルソケラトロジーレンズとは特殊なコンタクトレンズを
使用して視力を回復させるものです。手術の必要は
ないため、安心して使用できます。

但し、オルソケラトロジーレンズを使用した治療を
行ってくれる医療機関に通院する必要があり、
どこの眼科でもやってもらえるわけではないため、
家の近くにそのような眼科がない場合は
使用することができないというデメリットがあります。

また、費用が両眼で20万円ほどかかってしまうという
のデメリットです。

オルソケラトロジーレンズを使う以外では
子供用の視力回復トレーニングを受けるという
ものです。こちらの場合は数万円程度で、
しかも自宅でできるようなので手軽ですね。

子供の視力回復トレーニングについては
その体験談を載せているサイトがあったので
ご紹介しておきますね。

子供の目を良くする方法
 

投票所入場券を捨てちゃった!

今日は衆議院選挙の投票日。
選挙には必ず投票に行っており、今日ももちろん
行くつもりであった。

しかし、先日届いた投票所入場券がどこにもないことが判明。
いくら探してもない。おそらく、先週不要なDMなどをまとめて
シュレッダーした時に、間違えて一緒に捨ててしまった可能性大。

今回は投票を諦めるしかないかと思っていたが、
試しにネットで調べてみたところ、身分証明書を持って行けば
投票所で再発行してもらえることが分かった。

よって、先ほど免許証を持って投票所に行ってきました。
すぐに再発行してもらえ、無事に投票完了!

僕と同じように入場券を紛失してしまった方は
投票は可能ですので、身分証明書を持って投票に行きましょう! 

消費増税の影響

消費税が8%に増税されてもうすぐ半年ですね。
経済指標では思ったよりも消費が伸びていないという
結果が出ているようですね。

僕個人から見ても、みんな財布のひもが固くなっているのかなと
感じることがあります。

特にそれを感じるのが外食関係です。僕が家族とよく行く
ショッピングセンターにはレストラン街があるのですが、
そこのお客さんの数が明らかに減っています。

民主党政権時代の不景気の頃は、お昼とか夕方の本来であれば
お客さんの数がピークになる時間でも人がまばら状態で、
「このレストラン街のお店は大丈夫なのか?」と思うほどでした。

それがアベノミクスの効果で株価が上がり始め、大企業の賃上げ
などが報道され、景気が回復しはじめた去年は、ピーク時には
並ばないとお店に入れないほどの活況でした。 
「景気回復という明るいニュースが財布のひもを緩ませているのかな」
と思うほどでした。

それが消費税が増税された今年の4月以降は、不景気の頃の
まばら状態までは行きませんが、ピーク時でも並ばずに入れる
お店がほとんどでした。

真っ先に節約の対象となるのは外食という話を聞いたことが
ありますが、これは本当なんだなと実感しました。

実際、僕も消費増税後は外食の回数が減りましたし。
しばらくはこの傾向が続くかもしれませんね。 

人はみんな天才?

人はみんな天才なのかも。
ふとそう思いました。

 どういうことかと言うと、人それぞれ必ず天才的な才能を
発揮できる分野があるんじゃないかと。

ただ、ほとんどの人は、自分が天才的な才能を発揮できる
分野が何なのかが分からないだけなんじゃないかと。
見つけられた人が一流として活躍しているのではと、ふと思いました。

多くの人がそういう分野を見つけられれば幸せなのに、
と思う反面、犯罪とか戦争とか才能を発揮されては困る
ものもあるので微妙な感じもします。

自分が天才的な才能を発揮できる分野って何なんだろう。
死ぬまで分からないかもしれないけど、今からでも見つけられる
ように努力してみます。
 
最新コメント
最新トラックバック
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ