明日の俺は今日よりもBIG

昨日よりも今日。今日よりも明日。日々BIGになることを目指す日常を書いています。

November 2011

適応力

最近になってまた職場が変わった。
ここがまた、本当に自分に合っていなく、毎日憂鬱です。

憂鬱で、不安で、押しつぶされそうなこの感じ。
今まで何度も体験しているけれど、大嫌いです。
(好きな人なんていないか…。)

この状態が長くは続かないことが分かっているのがまだ救いですが、
この先何度もこのような気持ちになる経験はすると思います。
その時のため、乗り切り方を身につけたいところですが、なかなかに
難しい。

解放されるまで、とにかく頑張るしかなさそうです。

越後湯沢旅行記


11月11日(金)から越後湯沢に旅行に行きました。
来年の3月に子供が生まれるということで、夫婦二人での旅行は
当分できなくなるため、行くなら安定期である今しかないという
ことで。

今回は車で行きました。越後湯沢は関越自動車道の湯沢ICから
約10とアクセスも便利です。到着したのが13時半くらいで
まずは昼食を取ることに。

森瀧というお店に入りました。「うどんすき」というのが
食べたかったのです。食べログなどでもかなり評判が良かった
ので、是非食べてみたかったのです。
CIMG4684
上の写真がうどんすき。2人前でかなりボリュームがあります。
野菜がたっぷりで、魚と蟹も入っていてとてにかく美味しかった
です。

今回の旅行のコンセプトはゆっくりすること。ちょっと贅沢に
客室に温泉風呂が付いている宿に泊まりたいと考えていました。
JTBに行って紹介されたのが、湯元眺望閣 湯居間蔵という
旅館でした。

この旅館に泊まるために越後湯沢に来た。そう言っても過言で
ないくらい、ここに泊まることを楽しみにしていました。

チェックインを済ませると「蔵」にある談話室に通されました。
お茶とお菓子を出して頂き、夕食、朝食の希望時間を聞いてくれました。
また、妻が妊娠しているということで、飲食についてはかなり
気を使って頂きました。

その後部屋を案内して頂きました。
CIMG4744
泊まったのは「暖々」というお部屋です。
CIMG4690
部屋に入るとダイニングテーブルがあり、その奥の和室には
テーブルと座椅子があります。かなり広いです。和室には
液晶テレビがあり、またDVDプレイヤーもあるのでDVDを
みることもできます。USENで好きなジャンルの音楽を聴く
こともできます。
CIMG4692
窓際にもこのようにテーブルと椅子があります。
CIMG4693

CIMG4697
何といってもこれです。お部屋に付いている温泉!
源泉かけ流しです。到着後と夕食前、夕食後、
朝食前と朝食後の合計5回入りました。この日は天気が
悪く、かなり寒かったので体の芯まで温まり本当に
気持ちよかったです。日本に生まれて良かったと思いました。

CIMG4713
メゾネットプランということで、部屋の2階が寝室になって
います。

食事は先ほどの蔵の談話室にて食べます。夕食はコース料理
なので全てのメニューが最初から出ているのではなく、1品ずつ
出てきます。味は抜群です。出てくるもの全て美味しかったです。
感動するくらいでした。野菜中心のヘルシーなメニューでした。
ちなみに、食事を部屋だしにして欲しい場合は、そのように
お願いすれば対応してくれるらしいです。

CIMG4721
メニューの一部です。ごま油を使ったカルパッチョです。

CIMG4733
夕食後に部屋まで持ってきた頂いたライム水。さっぱりしてました。
このような何気ない心遣いが本当に嬉しかったです。

CIMG4734
朝食の一部です。とにかくボリュームがありお腹一杯になりました。
さすがに魚沼産のコシヒカリは美味しかったです。

チャックアウトは11時でしたので、それまでゆっくりさせて
もらいました。料理、客室、サービス、温泉、全てにおいて
文句なしでした。宿泊料金は私の収入からすると決して安くは
ないのですが、それだけのお金を出す価値があるだけの素晴らしい
旅館でした。何年後になるか分かりませんが、是非また泊まりたい
です。

2日目は越後湯沢駅内でお土産を買って、天気も良かったので
ロープウェイに乗りました。

CIMG4792
写真では分かりにくいのですが、紅葉もしていてとても
景色が良かったです。

今回の旅行はほんとにのんびりすることができて、とても
充実していました。かなり贅沢をしましたが、たまには
こういうのもありかなと思いました。またこのような贅沢が
できるように、仕事を頑張らなければ。また、このような
素晴らしい旅行に行くきっかけを作ってくれたお腹の中の
我が子にも感謝です。

勝ち残りSEへの分岐点

勝ち残りSEへの分岐点 (DB Magazine SELECTION)
この本を最近になって再度読んでみた。2年くらい前に買った本で、
1回読んでそのまま本棚に眠っていた。1回目読んだ時は、書かれている
内容を実践するには、大きな会社にいないと難しいと感じていたが、
2回目に読んでみると、大きな会社にいなくても十分実践可能だと
感じた。忘れないようにブログに備忘録的に読んだ内容を記載して
おきたいと思います。

1.勝ち残るための強さを持つ
 ・「強くなりたい」「強くなろう」という気持ちを持つ。
 ・先を読んで、それに備えて努力する。

2.良い努力の仕方
 ・無計画な努力、がむしゃらな努力はやめる。
 ・自己啓発に投資する時間は「1日1時間、土日は休んで週5時間」。
   ⇒継続することが大事。

3.1週間の理想的な時間の使い方
 ・有償業務=34時間
 ・無償業務=3時間
 ・資料整理=3時間
 ・自己啓発=5時間
 ※週40時間労働の場合

4.転職
 ・基本的を軽く考えない
 ・勉強できる環境にない会社であればすぐにでも転職すべし。
 ・勉強できる会社とは以下の通り。
   ・資格取得者が多く、優遇されている。
   ・会社の予算で階層教育や資格取得講座が開催されている。
 ・社員への教育投資が充実した会社で働くべき。
 ・転職する場合は「自分に何ができるか」を正確に把握する。

5.できるSE
 ・基礎をしっかりと身につけている
 ・基礎とは「いつでもどこでも自由に使えるもの」
 ・基礎は丸暗記することがオススメ

6.資格
 ・事前に知識を習得するために資格を取得する
 ・情報処理試験が基礎知識を習得するには効率的

7.SEに必要なスキル
 ・テクニカルスキル・・・システム開発に必要な技術全般
 ・プロセスマネジメントスキル・・・段取り、計画性
 ・ビジネスマネジメントスキル・・・業務知識や業種知識など
 ・ヒューマンスキル・・・コミュニケーション能力など

8.プロジェクトマネジメントスキルの習得方法
 ・PMBOKにて知識習得
 ・PM試験の午後Ⅰ/Ⅱにて知識習得
 ・先輩PMのノウハウを盗む
 ・PMデビューする
 ・経験を積んだ上でPM試験の資格取得

自分が備忘録として書き残しておくことはこんなところです。
もちろん、本にはもっと沢山のことが詳しく書かれています。
読んだだけではダメなので、実践して行きたいと思います。
最新コメント
最新トラックバック
記事検索
プロフィール

りゅう

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ