2002年11月16日

「ゴージャス」篠原一

 1989年1月7日。昭和天皇崩御のその日、僕:椎名憧子は大本命の中学校に落っこちた。その結果、弾みで入学した浮世ばなれした学校で十代の大半を過ごすことになる。そして高2。僕の成績は惨憺たるものだった。春休みから筆を折っていた僕だったが、5月には小説を書くべくノートパソコンを開けていた。
 17才で文学界新人賞を受賞した著者の自伝的小説とのこと。我が家の娘たちも将来の夢は作家だそうだけれど、高校生ぐらいになると親に隠れて学校のお勉強もそっちのけに、コソコソと小説なんか書いてたりするのかしら? ううむ、心配じゃ。
ゴージャス
篠原 一
角川書店 1998-12


by G-Tools


pleiades91 at 00:00│Comments(0)TrackBack(0):し 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
TrackBack People

・・・・・・・