2005年04月07日

「夜のピクニック」恩田陸

夜のピクニック 北高鍛錬歩行祭…夜中に数時間の仮眠を挟み、朝8時から翌朝8時までただ歩き続けるという行事。三年生にとっては高校生活最後のイベント。甲田貴子はこの歩行祭で密かに賭けていることがあった。貴子と彼女の異母兄弟:西脇融、二人の視点で歩行祭の12時間を描く。第2回本屋大賞受賞作品。

 ただ歩く。歩きながらいろいろなことを語り合い、考える。そのきらめく時間も心に残るのはその上澄みだけ。もう遠い記憶となった自らの高校時代をぼんやりと思い出しました。随所に描きだされた風景に、自分も同じ道を歩いているような気分を味わえました。
 ページ数が残り少なくなると、歩行祭のゴールが近づいていることに寂しさを感じました。学生時代、イベントの終わりには充実感とともにいつも一抹の寂しさが伴ったものでした。

 数ヶ月前に購入していたにもかかわらず、図書館で借りた本を優先して読んでいたため、ずっと積読本となっていました。最近読んだ数作の恩田作品にいまひとつのめり込めなかったというのも、これまでページを開かなかった一因でした。
が、一読した結果…私にとっての久々の恩田さんヒット作となりました。

 20ページほど読んだところで、娘たち(中3)にも薦めたいと思いました。心がほっこりする“素敵な本”に出会うと、感動を共有したくなります。
 私が懐かしさを感じたのとは逆に、娘たちはここに描かれた高校生活にあこがれを感じることでしょう。
 考えてみれば全校生徒が、あるいは一つの学年が一緒に同じ事をするっていうのは高校時代までなんですね。娘たちに残っているそういう時間はあと4年。この時を大切に生きてほしいと母は願います。

 ちなみに、ここ1年で私が娘たちに薦めて一緒に読んだ本には以下のようなものがあります。
梨木香歩「エンジェル エンジェル エンジェル」「家守綺譚」「村田エフェンディ滞土録」
高野和明「幽霊人命救助隊」
伊坂幸太郎「オーデュポンの祈り」「陽気なギャングが地球を回す」
嶽本野ばら「下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん」
京極夏彦「魍魎の匣」
山田詠美「ぼくは勉強ができない」
湯本香樹実「わたしのおじさん」
瀬尾まいこ「幸福な食卓」
小川洋子「博士の愛した数式」
 (※「魍魎の匣」だけ異色?)

<おまけ>
my恩田本bestは「光の帝国」「六番目の小夜子」「ドミノ」
これに「夜のピクニック」が加わりました。

pleiades91 at 10:50│Comments(6)TrackBack(3)恩田陸 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 夜のピクニック  [ 恩田陸さん、読書中… ]   2005年04月07日 17:46
こういう奇跡を、高校時代柊も体験した、と思う。 柊にとって、高校最後のイベントは文化祭でした。 実行委員だったこと、美術部員で作品を仕上げなくちゃいけなかったこと、 受験も何も後回しにして文字通り学校内を駆け回った準備期間…。
2. 夜のピクニック  [ 本のある生活 ]   2005年04月14日 19:52
夜のピクニック 朝の8時に学校を出発し、夜を徹して80キロを歩き通すという、北高の一大イベント「歩行祭」。異母きょうだいであることを同級生たちに隠し、お互いの存在に悩む貴子と融。3年間わだかまっていた悩みを高校最後の歩行祭で解決することに賭ける貴子、今は転
3. 夜のピクニック  [ 乱読日記 ]   2005年12月31日 18:12
恩田 陸 夜のピクニック 結構前、本屋対象受賞作ということで平積みされてたなぁ…。 それをなんで今読んだかというと…。 ブックオフに売ってたから(笑) 年末大掃除の関係で本を大量に処分。 36冊→資源ごみ(泣) 29冊→ブックオフ といった感じでした。

この記事へのコメント

1. Posted by    2005年04月07日 17:42
はじめまして。
TB&メッセージありがとうございます♪
柊も『夜のピクニック』大好きです(*^^*)
これからも恩田さんの本を読まれたときには是非、感想等
送ってください。お待ちしています(ぺこり)

柊には小学校三年生になる娘がいます。
恩田さんはじめ、梨木香歩さん、瀬尾まいこさん、伊坂幸太郎さんなどなど
読んで「これは」と思う本の世界をいつか共有できたらなあと願っています♪
2. Posted by 小葉   2005年04月08日 07:48
>柊さん
小3の娘さんがいらっしゃるのですね?
恩田さんの「上と外」や「ドミノ」などは小学校高学年で読めるようになると思います。
娘たちが上記の本を読んだのもそのくらいだったと思います。
梨木香歩さんとの出会いは「りかさん」で、
娘たち用に買ったのを読んで私の方がはまりました。
中学生になると母娘でよく同じ本を読むようになりました。
3. Posted by june   2005年04月14日 19:51
こんばんわ。TBとコメントありがとうございました。
「夜のピクニック」よかったですー。
そして自分の子どもにも勧めたい本だというのも同感です!
うちにも柊さんと同じく小学3年生の子どもたちがいますが、
親子で同じ本を読んで、共感したり、感じ方の違いを楽しんだりできるようになったら
楽しいだろうなあ・・と、思います。
小葉さんの娘さんは、読書好きなのですね。
うちも本の好きな子になってくれるといいなあ。
4. Posted by 小葉   2005年04月15日 08:19
>juneさん
娘たちは読書大好きです。
小学校の頃から「朝の読書」の時間があり、その時に読んだ本も多いようです。
この頃は読書に力を入れている学校も多いと聞きますが、juneさんのお子さんの学校はどうですか?

娘たちは中3になり、朝の読書の時間がドリルの時間になって残念がっています。
それでも休み時間に読むからと、毎日読書用の本を持っていっています。
5. Posted by Roko   2006年06月08日 21:07
5 小葉さん☆この本、大好きです。
子供の頃からこういう本を読めるなんて幸せですね。
6. Posted by 小葉   2006年06月09日 09:05
>Rokoさん
私も大好きな本です。
我が娘たちは今年ついに高校生になりました。
残念ながら北高の「歩行祭」のような行事はありません。
でも他のいろんな学校行事や級友との会話など、高校時代を謳歌してほしいと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
TrackBack People

・・・・・・・