2007年03月27日

「四畳半神話大系」森見登美彦

頭に浮かんだ言葉は、「省エネ」「コピペ」
デジャヴがいっぱい。ああ、楽しかった。

ぴかぴかの一回生の「私」の興味を惹いたちらしは4つ。映画サークル「みそぎ」、「弟子求ム」、ソフトボールサークル「ほんわか」、秘密機関<福猫飯店>どれを取るかが運命の分かれ目。そして分かれたはずの運命は、いつしか合流するのです。
人生とは通過ポイントが決められているオリエンテーリングのようなものかも。人との出会いは偶然のようでいて、赤や青や黒い糸で繋がった運命なのかも。そう思うとこのお話は、ものすごくロマンティックな話と言えなくもないような。

むにゅっとした感触を知りたくはないです。でももちぐまには触ってみたいです。

四畳半神話大系 ★★★☆_
内容(「MARC」データベースより)
大学3回生の春までの2年間を思い返して、実益のあることなど何一つしていないことを断言しておこう。打たんでも良い布石を狙い澄まして打ちまくってきたのは、なにゆえか? トンチキな大学生の妄想が京都の街を駆け巡る!


「海底二万海里」…未読なんですよね。読んでみようかな。地球儀とまち針を準備して。1年がかりで。
海底二万海里〈上〉 海底二万海里〈下〉

pleiades91 at 00:28│Comments(2)TrackBack(2)森見登美彦 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「四畳半神話大系」森見登美彦  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2007年03月27日 10:25
四畳半神話大系森見 登美彦 (2004/12)太田出版 この商品の詳細を見る 森見さん曰く、さんざん手を焼かせた荒くれ者の次男だそうです。 『太陽の塔』の続編みたいな本です。 登場人物が同じですが違うサークルに入った場合の 2803Q
2. 四畳半神話大系<森見登美彦>−(本:2008年20冊目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2008年02月09日 22:12
四畳半神話大系 出版社: 太田出版 (2004/12) ISBN-10: 4872339061 評価:88点 結構とっつきにくい文章に、少々辟易としながらも読み進む。 途中から話は加速していき、登場人物たちのハチャメチャな行動に次第に魅せられるようになっていったところで第1話が完了。 ...

この記事へのコメント

1. Posted by 夏目   2007年03月28日 17:18
「海底二万海里」読んだはずなんだけど・・・記憶が(^^;
2. Posted by 小葉   2007年03月29日 10:13
>夏目ちゃん
子ども向けに訳された外国の古典的冒険小説って、私の中ではごちゃごちゃになってます。
そんなにたくさん読んだわけでもないのに。
断片的にエピソードを知っていたりする話もあって、どれがどれだか…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
TrackBack People

・・・・・・・