鯨統一郎

2007年05月28日

「新千年紀古事記伝YAMATO」鯨統一郎

『千年紀末古事記伝ONOGORO』は読んでいたのですが、YAMATOは出ているのを知りませんでした。ONOGOROが2000年に、YAMATOが2001年に出版されたようです。
ONOGORO同様、古事記を元にしているものの、微妙に違う話になっているようです。「ようです」というのは、『古事記』をちゃんと知らないから。
明らかに違うだろという箇所もあるのですが、すこ〜しだけ違うというのが曲者。
ん?と思って、家にある岩波少年文庫『古事記物語』と合わせてみると違いが見つかる…という具合。
ONOGOROおろち説ほどのインパクトのあるものはなく、ちょっと物足りなかったです。
蹴鞠の話は、あぁ、あの頃に出版されたんだなぁと思いました。

新千年紀(ミレニアム)古事記伝YAMATO ★★★__ 
裏表紙より抜粋
日本最古の歴史書としてあまりにも名高い「古事記」の、歴史的叙述と神話的物語が織りなす世界に今、まったく新しい生命が吹き込まれる!奇想天外な発想と大胆な推理で読み解く超歴史ファンタジー。


pleiades91 at 23:16|この記事のURLTrackBack(0)

2007年05月25日

「あすなろの詩」鯨統一郎

大学の文芸部の青春ストーリーと思いきや、後半で怒濤の嵐の山荘の展開に。
結局前半は動機作りのためだけに必要だったってことなのでしょうか?
後味が悪いというか、残るものがないというか…。
私は「本格ミステリー」より、人間を描いた話が好きなので、あまり好みではなかったです。
作家名や本のタイトルがたくさん出てきたのは、興味深かったですが。


あすなろの詩 ★★★__ 
内容(「BOOK」データベースより)
「伝説の文芸誌『あすなろの詩』を復刊しよう」?同じ志のもとに集まった6人の大学生たち。小説家になることを夢見て、切磋琢磨する日々。やがて芽生える友情、そして恋。しかし…。「あすなろの詩」が完成したとき恐るべき惨劇が待ち受けていることを、彼らは知るよしもなかった?。希代のトリックスターが投げかける、かつてない「挑発」!「本格」青春ミステリー!文庫書き下ろし


pleiades91 at 23:25|この記事のURLTrackBack(0)

2001年07月26日

「九つの殺人メルヘン」鯨統一郎

 渋谷区の日本酒バー。金曜の夜に集うのは厄年トリオであるマスターの島と、刑事の僕:工藤、自称犯罪心理学者の山内、そして大学でメルフェンを専攻している美しい女性:桜川東子。工藤が担当している殺人事件のアリバイを、東子がメルフェンに絡めながら、崩していく。連作短編。 ヘンゼルとグレーテル/赤ずきん/ブレーメンの音楽隊/シンデレラ/白雪姫/長靴をはいた猫/いばら姫/狼と七匹の子ヤギ/小人の靴屋、
 日本酒や童話の新解釈のお勉強ができ、また厄年トリオと同年代にはかつての流行り物を懐かしく思い出すことが出来る一粒で何度も美味しい一冊。ふっふっふ。若い者にはこの味がわかるまい。(実はわたしにもちょっと分からないところもあったけどね。だって厄年コンビよりすこ〜しだけ若いんだもん。)
 ところで、「おいしいの? <若竹>って」「うまいね。辛口だけど口当たりは柔らかい。気持ちのいいミステリのようだな」という日本酒についての蘊蓄。とあるミステリ作家さんを思い浮かべてしまいました。
九つの殺人メルヘン
鯨 統一郎
光文社 2004-06-11


by G-Tools


pleiades91 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2001年04月06日

「なみだ研究所へようこそ! サイコセラピスト探偵 波田煌子」鯨統一郎

 臨床心理士の資格を持つ、ぼく:松本清はメンタル・クリニック<なみだ研究所>で働くことになった。所長の波田煌子は十代にしか見えない野暮ったいセンスの女の子だった。連作短編集。 アニマル色の涙/ニンフォマニアの涙/憑依する男の涙/時計恐怖症の涙/夢うつつの涙/ざぶとん恐怖症の涙/拍手する教師の涙/捜す男の涙 
 この軽妙な味と笑いがいいですね。こういう不条理というか、笑い飛ばせるばかばかしさは好きです。波田煌子の涙の謎、お茶との関係…いろいろ知りたいことが残っています。
なみだ研究所へようこそ! サイコセラピスト探偵波田煌子
鯨 統一郎
祥伝社 2004-01


by G-Tools


pleiades91 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2001年01月03日

「千年紀末ミレニアム古事記伝 ONOGORO」鯨統一郎

 25年をかけて、稗田阿礼が倭の全ての歴史を感知し終えた。彼女は、その歴史を当代随一の文章家:太安万侶に語り始めた。
 そっけない文体がいかにも“古事記”っぽいです。昔話で聞いたような話有り、全くの大風呂敷と分かる話も有り…。でもその境界が分からない。どこまでが語り伝えられている“古事記”で、どこからが創作なのか。ヤマタノヲロチのオチには笑ってしまいました。
千年紀末古事記伝ONOGORO
鯨 統一郎
角川春樹事務所 2000-10


by G-Tools


pleiades91 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2000年04月23日

「とんち探偵一休さん 金閣寺に密室」鯨統一郎

 時は室町。将軍職は息子の義持に譲ったものの、いまだ実権は義満にある。知恵者との噂が京の街に知れ渡る一休は、この時15才。
 義満、世阿弥、山椒太夫。アニメでお馴染みの茜に新右衛門さん。聞いたことのある逸話もてんこ盛り。楽しく読めました。
金閣寺に密室(ひそかむろ) とんち探偵一休さん
鯨 統一郎
祥伝社 2000-03


by G-Tools


pleiades91 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

1999年06月02日

「邪馬台国はどこですか?」鯨統一郎

 松永がバーテンダーを務めるカウンター席だけの地下1階の店に集う三人の客。某私立大学文学部教授の三谷敦彦、その助手早乙女静香、そして独自の歴史観を披露する雑誌ライター宮田六郎。「ブッダは悟りを開いていない」「邪馬台国は岩手にあった」「ユダのイエス身代わり説」etc...奇想天外な歴史談義が繰り広げられる。
 いや〜、おもしろいです。楽しく読めます。荒唐無稽な「宮田説」こそ、だんだんホントのような気さえしてきます。
邪馬台国はどこですか?
鯨 統一郎
東京創元社 1998-05


by G-Tools


pleiades91 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
TrackBack People

・・・・・・・