倉知淳

2000年11月21日

「壺中の天国」倉知淳

 牧村知子は父:嘉臣、10才の娘:実歩との家族三人暮らし。知子の住むのどかな地方都市:稲岡市で女子高生が通り魔に殺害される事件が起きた。そして出回る“電波怪文書”。事件は連続殺人の様相をみせる。
 実歩の通う棚橋正太郎の“絵画教室(別名おたく養成塾)”がいいです。実歩ちゃんが娘たちと同じ10才ということもあって、ここを読んで思わず涙ぐんでしまった。(←泣くようなところじゃないのに。)知子さんの趣味も楽しげだし、飄々とした登場人物たちがとても魅力的。
壷中の天国
倉知 淳
角川書店 2003-05


by G-Tools


pleiades91 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2000年10月31日

「幻獣遁走曲 猫丸先輩のアルバイト探偵ノート」倉知淳

 猫コンテストのイベント会場、新薬臨床治験、幻獣捜索隊、スーパーでのちびっこショー、松茸山案内…猫丸先輩は今日も“おもしろそうなこと”がありそうなアルバイトに精を出す。 猫の日の事件/寝ていてください/幻獣遁走曲/たたかえ、よりきり仮面/トレジャーハント・トラップ・トリップ の5編収載。
 倉知さんの小説によく登場する猫丸先輩が、アルバイト先で遭遇する血の流れない事件(というより謎)を、その観察力で解き明かします。
幻獣遁走曲
倉知 淳
東京創元社 2004-04-09


by G-Tools


pleiades91 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2000年10月20日

「占い師はお昼寝中」倉知淳

 辰寅叔父さんは占い師。大学生の姪っ子:美衣子はその助手を勤める。オンボロビルの冷暖房のない「霊感占い所」は閑古鳥が鳴き、叔父さんは暇さえあれば寝てばかりいる。それでもたまに心霊写真だのボルターガイストだのドッペルゲンガーだのを引っ提げて、とびこみのお客さんがやってくる。連作短編集。 三度狐/水溶霊/写りたがりの幽霊/ゆきだるまロンド/占い師は外出中/壁抜け大入道
 なまけものの叔父さんと美衣子の掛け合いが、なんともおもしろいです。読みながらついつい笑ってしまう描写も。殺人事件じゃないミステリーというのも、私好み。
占い師はお昼寝中
倉知 淳
東京創元社 2000-07


by G-Tools


pleiades91 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2000年10月03日

「過ぎゆく風はみどり色」倉知淳

 方城成一は、祖父:兵馬との喧嘩の末飛び出していた我が家に、十年振りに帰ってきた。兵馬が霊能者に入れ込んでいるのを不安がった母の依頼で。そして帰宅したその日に、兵馬が何者かに殺害される。
 話運びの緩急がいいです。霊能者やサイ研究会の胡散臭い雰囲気、繊細で純真な佐枝子の独白、少々鬱気味な成一にとんでる猫丸先輩。読後感も爽やかで、楽しく読めた一冊でした。
過ぎ行く風はみどり色
倉知 淳
東京創元社 2003-07


by G-Tools


pleiades91 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2000年09月19日

「日曜の夜は出たくない」倉知淳

 まん丸猫の目をした<猫丸先輩>が謎解きをする7つの短編ミステリと、二つの解説メッセージ(?)。 空中散歩者の最期/約束/海に棲む河童/一六三人の目撃者/寄生虫館の殺人/生首幽霊/日曜の夜は出たくない
 神出鬼没の猫丸先輩…という共通項はあるものの、それぞれ色合いの異なる作風です。いかにもふざけていると言う感じの「海に棲む河童」と「寄生虫館の殺人」を気に入ってしまった私って…。最後につけ加えられた二つの<蛇足>で、短編集としてのまとまりが出来てきます。
日曜の夜は出たくない
倉知 淳
東京創元社 1998-01


by G-Tools


pleiades91 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
TrackBack People

・・・・・・・