プレアデスの輝き

漫画アニメゲームエロゲの感想ブログです。

幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO感想

おすすめ度★★★☆☆

シナリオ 37/50
システム  5/10
キャラ     7/10
音楽        8/10
声優        9/10
絵            7/10

点数73

ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1のスピンオフ。どうしても比較してしまうし比較するとやはり物足りなさがある。前作主人公は死に戻りの能力を振り回されながらも有効活用していたが、今作主人公は玉の力とかいう相手や戦場の弱いところが分かるというチート能力を持ちつつも大局では必ず負けてたので爽快感が無かった。終盤なんて主要キャラですら見せ場なくどんどん死んでいくし。史実に縛られ過ぎてた。しかもやったことと言えば死んだかに見せかけて土方を生かすとかいう劣化版忠臣蔵グランドルートだし。やるならやるで全員生かせよ。そもそも忠臣蔵FDで忠臣蔵勢にぼろ負けしてる時点で好感度低いねん。

もちろん良かったとこもあった。やはり迫力満点の殺陣。
イメージ4668
イメージ4659
特に上の構図のCGとかは他のゲームだとまず見ない。ただね、終盤は刀から銃、大砲に主力が移っていくから忠臣蔵みたいに最後まで真剣勝負で行けなかったのは残念だった。やっぱり日本刀はロマン。数と銃で押すとかそんなんゲームで見たくないんだよなぁ。

何故か愚痴ばかりになったけどそこまで悪いゲームではない。ただ忠臣蔵が最後まで付きまとうのでどうしても辛口評価になってしまう。惜しいゲームでした。

金色ラブリッチェ感想

おすすめ度★★★★★

シナリオ 45/50
システム  7/10
キャラ     9/10
音楽        9/10
声優        9/10
絵            8/10

点数87

大手メーカーが避けがちな冒険をして見事金色を掴み取った良作。序盤中盤終盤隙が無く、不快な展開もなくキャラゲーしつつもシナリオゲーしてて万人に薦められる作品。

ヒロイン全員が金髪、そのうち一人は喫煙者なんていうのは大手だと正直やらない。記憶に新しい大手の冒険としてはそれまでキャラゲーメインだったにもかかわらず娼婦やら暗殺やらかましてきたオーガストの穢翼のユースティアでこのゲームも高評価を得ている。まあ新しいと言っても7年前のゲームなので本当に久しぶりの大手エロゲメーカーの冒険だったと思う。

以下各ルート感想

・玲奈
イメージ4602
野球パートがあるエロゲは名作!
主人公が前の学校やめた理由やらなんやらを絡めつつ最後は主人公と因縁のピッチャーの一騎打ちというまあ良く見る展開。導入も媚薬で頭おかしくなってからのセックスからの恋愛開始なのであまりよろしくなかった。どっちかっていうとサブヒロインの時のが映えるヒロイン。とは言ってもクオリティ的には不快な展開もなくギャル+母性の組み合わせも割と良かった。
イメージ4649

・エル
イメージ4650
王女の護衛として、名家の令嬢として一般人の主人公と付き合うわけにはいかない、といった感じの葛藤と戦う系の話。ただの護衛だと思ってたけど、どっちかって言うとシルヴィより名家系ヒロインしてた。ただまあ導入部分がお決まりの
イメージ4621
恋人ごっこ系なのはあまり好きじゃないので残念だった。玲奈はハプニングエッチから入るし、エルは恋人ごっこから入るしで初対面系ヒロインの強みとしての「少しずつ仲良くなっていく感」が少なかった。

・茜
イメージ4651
サブヒロイン枠だと思ってたけど意外とボリュームあった。主人公へ好き好きオーラ満載で向かってくる子犬系ヒロインで可愛かった。ストーリーの本筋からは大幅にずれてたけどそれはそれでよかった。箸休め的な。

・理亜
イメージ4652
冒険枠。公式HP開設の時点から喫煙で話題になるしキャラ紹介にいる歌姫マリア
イメージ4653
の中の人だとバレバレだったので底の浅さすら感じたけどプレイしてみるとその薄い皮1枚を破るとその下にさらに伏線が隠されてて驚いた。まさかサガプラで不治の病系統のシナリオを見ることになるとは思ってなかった。やってる最中は「あーこれ絶対奇跡起きて治るわ」って穿った目で見てたのだけどまさか普通に死ぬとは。死ぬ直前の主人公たちとの日常のシーン集は飛行機雲を思い出した。この手の展開は直近に出たルリのかさねに比べると1枚落ちてはいたけどそれでも丁寧に散りばめた伏線や周囲のキャラクターの魅力もあってかなりの完成度の高さで泣けた。クリア後にエクストラ見るとある結婚式のCGはあれ正直ちょっと蛇足では、とは思ったけど。

・シルヴィ
イメージ4654
理亜とシルヴィどっちの感想を後にしようか迷ったけどシルヴィで。多分全てのヒロイン攻略後にルート解放される理亜ルートの感想最後に持ってくる人のが多いと思うけど、どっちかというとこっちが正史エンディングな気がするので最後に。全ルートでいつもニコニコ笑っていて主人公や周りの人間の幸せを祈っていたようなヒロインなのでヒロイン強度が高かった。それだけだとただの良ヒロインだったけど残りの時間が僅かな理亜との約束を絡めることでシナリオに深みが出てきていたの。理亜ルートとシルヴィルートは一粒で2度美味しい、チョコレートの中にピーナッツが入っていて一粒で2度美味しいチョコボールのようなルートになってた。

さらに理亜ルート攻略後に解放されるシルヴィアフターの
イメージ4656
理亜との約束を守ったシーンはクリア後の余韻が素晴らしかった。




ストーリー全編を通して「ゴールデンタイム」、「かっこつける」というワードが頻出していた。最初は煩わしいと思っていたけど理亜ルート最後のほうになってくると死を間近に控えてもなお頑張るヒロインとそれを見守る主人公のやりとりに深みを与える言葉になっていた。全ヒロインのルートに出てくるからこそグランドルートの時により強く感情を揺さぶってきた。これは複数ライターでは出来ない手法だった。今回さかき傘単独でシナリオを製作することに決めたサガプラには称賛の拍手を送りたいと思いました。

景の海のアペイリア~カサブランカの騎士~感想

おすすめ度★★★★☆

シナリオ 39/50
システム  5/10(バックログからのジャンプとOPなし)
キャラ     9/10
音楽        8/10
声優        8/10
絵            8/10

点数77

前作、景の海のアペイリアの補完シナリオ。前作はSF感強めの作品だったが今回は社畜、コミュ障、ゲーマー辺りのエロゲオタに馴染みのある題材色が強く正直前作よりも共感できた部分があった。前作のライバルでラスボスのシンカーとの共闘は胸熱。

以下各ルート感想

・沙羅
イメージ4576
前作は親友を殺されて怒り狂ってる猪女なイメージが強かったが今作では弄られキャラでコミュ障、料理上手など意外な一面を見ることが出来た。
イメージ4572
陰キャアピールは凄い共感できから好き。

・七海
イメージ4567
イメージ4568
前作だと気づいたら死んでたから正直全く印象にない。でも年上ナースだったのでポテンシャルの高さだけは分かってました。周囲から求められるキャラクターを演じることに疲れちゃった人。他人と会話するときにこーいうことを深く考え過ぎちゃう人間をコミュ障と言うんじゃないかな。両ヒロインに共通することだけど社会人だけあって見かけは割としっかりしてるけど内面に踏み込みと素が臆病でそのギャップがとても可愛かった。



前作の問題点としてシンカー倒して現実世界行ってそれで終了って言う投げっぱなし感あふれるラストをこのFDでなんとかするんじゃないかって言うのが発売前の希望だったけど実際はそんなことなかった。アペイリアが現実世界行った時点でもう勝ち終わっちゃってるからだろうけど。その点に関しては割と納得してるので今回の後日談も悪くなかった。特にシンカーとの最期の問答は良かった。前作でも一番いい活躍してたけど今回もMVPだった。
イメージ4599
最初に言ったように今回はSFではなかった。前作でハーレム宣言したものの実際は破綻するだろうと思って悲観していた主人公や前作ヒロイン、人との関わりに不安をもって過ごす新作ヒロイン、幸せとは何かを探すシンカーと、SFを舞台にはしていたけれどもっと心の内面に寄せた内容でとても共感が出来て読み応えがありました。


追記

カサブランカは百合の花なので、沙羅と七海の百合関係を表してると公式では言ってたけどもう一つ、カサブランカは結婚式の贈り花として良く使われるということなので、主人公のハーレム婚への祝福も表しているんだと思いました。





Making*Lovers感想

おすすめ度★★★☆☆

シナリオ 36/50
システム  7/10
キャラ     7/10
音楽        8/10
声優        8/10
絵            7/10

点数73

フレラバ、ピュアコネ、カノステに共通するSMEEの長所『少しずつ仲良くなっていく』感を投げ捨てて『最初から付き合う』という新しいコンセプトを出してきた意欲作。


ではあったけどこれまで積み重ねてきたノウハウ全部捨ててやったにしては見返りは少なかったように思う。というか全ヒロインがそのパターンで来るので飽きるわ。

以下各ルート感想

イメージ4428
一番好きなルート。通常接点がないお天気お姉さんという職業上、今回のコンセプトがドはまりした。というかこのルートだけその展開で他は普通に恋愛すればいいじゃんってなった。
イメージ4445
少子化より速いペースで進行してるんじゃないかっていうくらいの年上ヒロインの減少傾向に待ったをかけるほどの強キャラだった。年上の包容力とたまにみせるお茶目さがいい。やっぱ年上ヒロインっていいわ。


イメージ4449
森谷実園使うなら最初ツンデレでいいと思いました。
イメージ4459
付き合い始めてからの嫉妬シーンなんかは可愛かった。

この二人はお天気お姉さん、モデルと主人公が普段触れ合わない環境にいたのでコンセプトが上手く機能していた感はある。レイナちゃんはもうちょっと最初ツンデレでもいいんじゃないでしょうか。


イメージ4427
勤務中にセックスするのやめろ。
あと付き合い始める描写適当すぎじゃない?主人公にある程度貯金あるならもう金貸してマンスリーみたいなの使わせればいいわけだし。


イメージ4423
勤務中にセックスするのやめろ。
ルートの大半が親に隠れてセックスに終始していた。主人公のアパート使えばええやんってなるし、いちゃいちゃ→親乱入とかいう展開何回もされると飽きるわ。
イメージ4551
そして付き合い始めて10年経っても結婚せずに子供もいないエピローグちょっと悲しい気持ちになるからやめてくれ。この手の妹ヒロインってだいたいエピローグで結婚式あげてる印象あるからそこだけリアルにやられると胸にくるものがある。


イメージ4472
だから勤務中にセックスするのやめろ!!!
紹介文にある「独特の価値観」っていうのがあまり魅力に感じなかった。そもそもこのゲームヒロイン全員仲良くなる前から付き合っちゃうって言うエロゲヒロインからしてみれば全員ぶっ飛んだ性格してるからね。さらに極め付けとしてルート終盤の
イメージ4552
イメージ4553
もう独特の価値観っていうかガイジじゃん。

結局狂言だったことが後から判明するけど何を思ってこの展開入れたのか。この展開でどうやってヒロインの魅力を出す気でいたのか。クソシリアスのなり損ねを見た。



今作は過去三作とは違って、社会人主人公だった。しかし実際のところ前作までの主人公と似たような性格をしていたので無理が出てしまっているように感じた。例を挙げると、上司にため口、上司の机を勝手に開けてお菓子を食べる、勤務中にセックスなど学生ならまあギャグで済むネタを社会人主人公でやってるので面白いというよりは不快感の方が強く出てしまった。特に勤務中に職場セックスは学生主人公なら授業さぼってセックスに該当するので、後者ならまあ自己責任の範疇に収まるけど前者はもうちょっと社会人失格なんじゃないかと思ってしまった。


いろいろと変えてきたSMEE新作だったけどあまり上手くいってない印象を受けた。次回作は初心に帰った作品作りをしてほしい(まあ初心って言ってもフレラバ以降の作品しかやってないけど)。

夜巡る、ボクらの迷子教室感想

おすすめ度★★★★☆

シナリオ 39/50
システム  4/10(バックログからのジャンプがない)
キャラ     7/10
音楽        10/10
声優        8/10
絵            7/10

点数75

一風変わった学園物。一昔前のエロゲのようなガチ系シリアスあり。最大の特徴はバンプっぽいOPED。

学園物っていうか社会人物エロゲの範疇化もしれない。学校っていっても生徒三人しかいないし。
シリアス度合いだとユメミルクスリが近いと思った。トラウマ持ちの主人公とヒロインが夜間学校を通して少しずつ成長していくストーリー。

以下各ルート感想

・はやて
このゲームヒロイン三人しかいないけどそれぞれボリュームがあんまりない。そのあおりを一番受けてしまったヒロイン。
両親から無視されて育ったはやてがそれでも両親とコミュニケーションを取ろうとするって言うのがこのルートの本筋だけど、そもそもなぜ母親がここまではやて嫌ってるのかよく分からなかったし、ことなかれ主義で母親に従うだけだった父親が急にはやての味方をしたのかも良く分からなかった。致命的な描写不足だった。
あと主人公の父親が気づいたら死んでたのもちょっと肩すかし。他のルートでは普通に生きてたし。せめて主人公が看取る展開が欲しかった。

イメージ4509
家出して速攻で警察に捕まる展開は面白かった。はやては全体的に運が悪そう。

・りこ
包容力全開ロリ。ライターが相思相愛ロリータとか書いてる人だと知って納得。他二人のヒロインと比べて包容力がありすぎるというかこれ本当に小学生かよって思考してるので他二人と比較してしまうと違和感あるけど単体として見るとかなり良かった。
イメージ4504
このルートは問題を抱えた主人公をリコちゃんが癒す展開。もともとりこちゃんは現在の家庭の経済状況さえなんとかなればほとんど問題解決したようなもんだから主人公のトラウマ解消にルートのリソースを割くことが出来た。
イメージ4501
りこの包容力がパない。

イメージ4510
ルート終盤にトラウマを乗り越えて父親と和解する主人公。
イメージ4299

イメージ4508
エンディングの一枚絵も良かった。というか全ヒロインエンディングの時のCGの使い方がうまかった。エンディングを良く見せると余韻がでるからゲームがよりよく見えると思う。

・きなルート
こいつが一番重い。
イメージ4491
ゴキブリ膣挿入未遂はそりゃ昆虫トラウマになるわ。未遂なあたりがちょっと配慮が見えた。
でもこのルートが一番出来が良かったと思う。というかりこにこそ誰よりも幸せになって欲しかった。

イメージ4481
自分の現状を自覚してトラウマを抱えながらもそれでも一生懸命に頑張るきなちゃんを見たらどうしても応援したくなってしまう。きなちゃんは三人のヒロインの中でも一番悲惨な目に合ってるけど一番強いヒロインでもあると思う。
イメージ4399
強すぎる。最終的に刃物片手に襲撃までしようとしてるし。
イメージ4495
エンディングでしっかり大学合格して虫のトラウマも解消したきなちゃんを見れたときの幸せったらなかった。



全体的に短くて描写不足があった感は否めないけどそれでも量産型キャラゲにはないしっかりしたストーリーがあった。最近のキャラゲに飽きた人におすすめの作品です。
あと、OPのクオリティが凄い。早くサントラ出してください。



記事検索
ツイッター
応援バナー
Hearts『恋するココロと魔法のコトバ』応援中!
『夏色ラムネ』を応援中!
『虚空のバロック(ソラノバロック)』を応援しています!
みらーじゅそふと『君とつながる恋フラグ』情報公開中!
雲上のフェアリーテイル【COSMIC CUTE】
自宅すたじお 3rd project『リアルエロゲシチュエーション! H×3』応援中!

インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』
【ロスト・エコーズ】情報ページ公開中!
ひよこソフト | 消えた世界と月と少女