game_pawapota4_2

引用元: パワポタ4 横浜助っ人ジョン投手、帰国する。

1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:10:27 ID:DXy
ジョン(29) 横浜ベイスターズ 背番号49
右投げ右打ち オーバースロー 独身 速球型
157km/h コンD128 スタB122 ムービングファスト、カットボール3、チェンジアップ2
対ピンチ4、打たれ強さ4、牽制○、闘志、根性○、低め○、安定度4
国籍:アメリカかどこか
年俸:1億円くらい
契約:1年ポッキリ
ソフト:パワポタ4(2009年)、ペナントモード
フルオート

2: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:13:05 ID:DXy
2008年横浜ベイスターズ。
右打者最高打率.378を記録した内川、46本塁打を放ちタイトルを手にした村田、34本塁打の吉村などを擁しながら、
チーム防御率4.74の投手陣が足を引っ張り94敗したこのシーズン。
勝率は内川の打率より低い.338という不甲斐なさだった。

そこで獲得したのがジョン投手。最速157キロの癖のある速球に変化球も冴え、なによりメンタルが強い。
たとえ援護がなくともエラーで失点しようともくじけずに投げ続けるタフネス右腕だ。
二桁勝利投手不在のこのチーム、ジョンの右腕にかかる期待はどうしても大きくなる。

ジョン「(10勝デキナクチャ)イカンノカ?」
フロント「(20勝っても)ええんやで」

3: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:15:37 ID:DXy
2009年の横浜(史実、wikiより)
4月
22戦8勝14敗 勝率.364(首位巨人に6.5差の6位)
5月
25戦9勝16敗 勝率.360(首位巨人に13.5差の6位)
6月
18戦4勝18敗 勝率.222(首位巨人に21.5差の6位)
7月
23戦10勝13敗 勝率.435(首位巨人に23.0差の6位)
8月
25戦10勝15敗 勝率.400(首位巨人に30.5差の6位)
9月
31戦10勝21敗 勝率.323(首位巨人に42.5差の6位)

最終成績:51勝93敗 勝率.354

4: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:18:16 ID:DXy
4/4 ジョン1戦目。vs中日 先発チェン
シーズン開幕。ジョンは開幕2戦目の先発として日本球界デビューを果たすことになった。
前日の開幕戦ではエース三浦が満を持してマウンドに立つも、0-3で完封負け。なんとかジョンで勝って開幕カード負け越しを防ぎたい。

ジョンは初回から3奪三振を奪うなど見事な立ち上がりを見せる。2回も2三振を奪うといよいよジョンの奪三振ショーが開幕。
6回2/3を投げ奪ったアウト20のうち、2/3にあたる13奪三振。散発5安打に抑え無失点でマウンドを降りた。なお打線の援護がなかったため勝ち負けつかず。
その後中継ぎ陣が踏ん張るも、5番手の吉見(う)が森野にサヨナラ打を浴び惜敗。ちなみに佐伯のサヨナラエラーでした、なんのための一塁守備だ。

4/4日 0-1
ジョン 6回2/3 打者26人 101球 被安打5 奪三振13 四死球2 失点0 防御率0.00 WHIP1.05 援護点0 援護率0.00

5: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:21:22 ID:DXy
4/11 ジョン2戦目。vsヤクルト 先発館山
結局中日に開幕3連敗を喫し、スタートダッシュに失敗。横浜は2勝5敗で最下位タイ、対する中日は6勝1敗で暫定首位と早くも明暗が分かれた。
今日の試合は同率最下位のヤクルト戦。首位攻防戦ならぬ5位攻防戦だ、負けてはならない。
前の試合は日本球界デビューということで様子見、早めに降板させたが、もうそんな余裕はない。
今日からはしっかりスタミナ限界まで投げてもらう。

今日もジョンは絶好調。初回先頭の福地、川島連続三振から始まり3回終了までパーフェクト。
4回、5回と四球を一つ出すも、ヒットはなし。ノーヒットノーランが少しずつ見えてくる。
その後も快調に投球を続け、7回に石川内野手の痛恨のミスで水を差されながらもノーノー継続。
結局9回27アウトを取るまで一本の安打をも許さぬノーヒットノーランを達成した。

……と思いきや、この試合も打線の援護はなし。記録がかかった9回裏もジョンソン・金城・細山田が外野にすら飛ばせず三者凡退し、試合は延長へ。
これで気持ちの切れたジョン。10回先頭でヒットを打たれ記録が消えたところで降板、そしてリリーフが2失点。自責1がつき無事敗戦投手となった。

4/11日 0-2
ジョン 9回0/3 打者32人 107球 被安打1 奪三振11 四死球3 失点1 自責1 防御率1.00 WHIP0.44 援護点0 援護率0.00

ここまで通算 0勝1敗
ジョン 15回2/3 打者58人 208球 被安打6 奪三振24 四死球5 失点1 自責1 防御率0.57 WHIP0.70 援護点0 援護率0.00

6: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:24:21 ID:DXy
4/18 ジョン3戦目。vs阪神 先発岩田
リーグ10敗一番乗り。首位とのゲーム差早くも6。来月には自力優勝が消滅してそうな勢いで負け続ける横浜の、今日の相手は阪神タイガース。
ジョンはいよいよ初勝利&初援護なるか。というかもうジエンゴしたらええんや。

今日のジョンは試合開始いきなり連打を浴びピンチを招くも、新井金本ブラゼルのクリーンナップを抑えなんとか無失点。しかしこれが今日最初で最後のピンチだった。
2回以降はいつも以上に気合の入ったピッチングで三振を奪う機械と化したジョン。
今日は4回に吉村の二塁打、ジョンソンの犠飛で3点の援護を貰い、初勝利をぐっと手繰り寄せる。
あへあへ奪三振マン・ジョンはそのまま9回まで毎回全員奪三振で阪神打線をシャットアウト。初勝利を挙げ、20奪三振でNPB記録のおまけも付いた。

4/18日 3-0
ジョン 9回 打者32人 113球 被安打5 奪三振20 四死球0 失点0 防御率0.00 WHIP0.55 援護点3 援護率3.00

ここまで通算 1勝1敗
ジョン 24回2/3 打者80人 321球 被安打11 奪三振44 四死球5 失点1 自責1 防御率0.36 WHIP0.65 援護点3 援護率1.09

7: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:27:11 ID:DXy
4/25 ジョン4戦目。vsヤクルト 先発館山
前日の試合で金城が負傷、2軍落ちとなり攻守両面でパワーダウンしたベイスターズ。
ただでさえ戦力が足りないのに負傷で欠員が出て、さらにスタメンの大半が不調。やる気はあるのか?
いろいろと事情があって今日のスタメンセンターは内藤。戦う前から厳しい戦いに。
2週間ぶりのヤクルト戦。前回はノーノー非達成からのリリーフ失敗で黒星がついたがどうなるか。

今日もジョンは三振を取りながら上々の立ち上がり。打者1巡目で6三振を奪ってご満悦。
さらに5回には初ジエンゴで打点を記録(ただしピッチャーゴロ)。このままノリに乗っていくかと思われた。が、
その裏、先頭の武内に三塁打を打たれると続く宮本に四球を与え、相川にスリーラン。来日初被弾となった。
今日は6回被安打2で3失点、QSではあるが勝ちを得るにはこれでは足りない。あえなく2敗目を喫することになる。

4/25日 2-3
ジョン 6回 打者22人 86球 被安打2 奪三振11 四死球2 失点3 自責3 防御率4.50 WHIP0.66 援護点2 援護率3.00

ここまで通算 1勝2敗
ジョン 30回2/3 打者102人 407球 被安打13 奪三振55 四死球7 失点4 自責4 防御率1.17 WHIP0.65 援護点5 援護率1.47

8: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:30:08 ID:DXy
5/3 ジョン5戦目。vs中日 先発小笠原
首位とのゲーム差8.5、5位とのゲーム差4.5。首位~5位より開いたヤクルトとの差を少しでも縮めてCS圏内Aクラスへ這い上がりたい横浜。
しかし残念ながら今日の対戦相手は中日。ここまで4戦4敗とカモにされつつあるが、一矢報えるか?

今日もいつものように三振で滑り出すジョン。対して変化球でかわしながら凡打の山を築く小笠原。
試合は双方譲らぬ(双方譲ってる)投手戦となり、7回までお互いゼロ行進。ここで小笠原が降板し、ジョンは8イニング目のマウンドへと向かう。
そして三振3つを並べ、今日のところはひとまず退散。失点0、援護点0の素晴らしい内容でマウンドを降りた。
なお、試合は後を継いだ山口が藤井にツーランを打たれそのまま敗戦。対中日5連敗となった。

5/3日 0-2
ジョン 8回 打者27人 112球 被安打1 奪三振16 四死球2 失点0 自責0 防御率0.00 WHIP0.38 援護点0 援護率0.00

ここまで通算 1勝2敗
ジョン 38回2/3 打者129人 519球 被安打14 奪三振71 四死球9 失点4 自責4 防御率0.93 WHIP0.65 援護点5 援護率1.16

9: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:30:54 ID:uw2
ムエンゴ

10: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:32:48 ID:TuW
8回被安打1無失点で勝てんのか…

11: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:33:17 ID:DXy
5/9 ジョン6戦目。vs阪神 先発安藤
ヤクルトに代わって5位に落ちた阪神との対戦成績は3勝4敗。これはいけそうだ。
先発のジョン含めスタメンのうち6人が不調だとかそんなことは関係ない。安藤を打ち倒してジョンに2勝目をつけたいところ。

今日も投手戦なんだか貧打線なんだかよく分からない試合展開になり、我慢比べが続く4回。先に失点を許したのはジョンだった。
ここまで打率1割台と低迷しているブラゼルに、バックスクリーン直撃ツーランで先制パンチ。
なんとか耐えて反撃を待とうか……というところだったが、先制パンチ一発で終戦するのが横浜ならでは。
この日も打線が不甲斐なく、村田が2回に放ったセンター前ヒット1本に抑えられ、安藤-ジェフ-藤川のリレーで完封を食らう。
ジョンも7回2失点と悪くはなかったが、点を取られちゃ負けもやむなしか。

5/9日 0-2
ジョン 7回 打者25人 92球 被安打4 奪三振12 四死球0 失点2 自責2 防御率2.57 WHIP0.57 援護点0 援護率0.00

ここまで通算 1勝3敗
ジョン 45回2/3 打者154人 611球 被安打18 奪三振83 四死球9 失点6 自責6 防御率1.18 WHIP0.59 援護点5 援護率0.99

12: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:36:12 ID:DXy
5/16 ジョン7戦目。vs中日 先発川井
これで早くも3度目の中日戦となる。そしてチームは未だ中日に勝てず、対戦成績は0勝7敗。相撲でいったら後がない。
この試合の命運はジョンの右腕に託された。1点でも失ったら即敗北、内川村田以外全員敵。それくらいの気持ちでいたほうがいい。
内川村田以外全員2割5分を切り、うち3人は1割台という恐怖の打線を甘く見てはいけない。

試合が動いたのは4回。中日先発川井が投じたチェンジアップは甘いコースに入り、吉村は待ってましたとばかりにフルスイング。
レフトスタンドに打球は吸い込まれ横浜が1点を先制する。
続く佐伯も2-2からの5球目、内角のスライダーをジャストミート。バックスクリーンに叩き込む連続弾となり、これで援護は2点となる。
こうなればあとはジョンが抑えるだけ。快刀乱麻を断つピッチングであっという間に9回まで手繰り寄せ、森野から20個目の三振を奪ってゲームセット。
大量援護に応える快投で2勝目を挙げ、チームとしてもうれしい中日戦初勝利。ただ、最下位脱出へまだ5ゲーム差を詰めなければいけない。

5/16日 2-0
ジョン 9回 打者30人 118球 被安打2 奪三振20 四死球1 失点0 自責0 防御率0.00 WHIP0.33 援護点2 援護率2.00

ここまで通算 2勝3敗
ジョン 54回2/3 打者184人 729球 被安打20 奪三振103 四死球10 失点6 自責6 防御率0.99 WHIP0.55 援護点7 援護率1.15

13: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:39:14 ID:DXy
5/24 ジョン8戦目。vs楽天 先発片山
いよいよ交流戦に突入。そして投手陣の芳しくない成績を見て、ここから5人ローテに変更。ジョンの負担もやや増してくる。
ここまでのセ・リーグ順位は以下の通り、
巨――中―ヤ阪――――――――広―――――――――横
4強1弱1論外と言うべきか。ただここからは交流戦、これを機に全く別のシーズンのようにチームの雰囲気が変わるということもあり得る。そのためにもジョンには頑張ってもらいたい。

4回に村田の先制ソロアーチが飛び出し1-0と勝ち越し、早くも逃げ切り体勢に入るジョン。
ギアを上げて三振を奪い、6回も2アウトを取ってあと一人というところで、草野にレフト前へ運ばれる。
これで焦ったかジョン、続く中島に投じたのはあろうことかど真ん中へ打ちごろ半速球。アッサリとバックスクリーンまで運ばれ逆転を許してしまう。
形勢を立て直したいところであったが、次打者鉄平に四球を与えたところで降板。2失点KOという形でマウンドを降りた。
その後は横浜自慢のマシンガン継投。工藤、吉見、横山、木塚、寺原、真田と繋いで3失点にとどめる好リリーフ。
今日は打線が爆発し5点を挙げたが、ジョンの不甲斐ない投球によってすべてがおじゃん。悔しい引き分けとなった。

5/24日 5-5
ジョン 5回2/3 打者24人 79球 被安打4 奪三振10 四死球3 失点2 自責2 防御率3.18 WHIP1.24 援護点1 援護率1.59

ここまで通算 2勝3敗
ジョン 60回1/3 打者208人 808球 被安打24 奪三振113 四死球13 失点8 自責8 防御率1.19 WHIP0.61 援護点8 援護率1.19

14: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:42:12 ID:DXy
5/31 ジョン9戦目。vsオリックス 先発金子
5月最後の試合はオリックス戦、相手先発はこれから球界を代表する投手になる金子千尋。まだ代表してない。
脅威となるのは金子ではなくむしろ打線だ。ラロッカ、ローズ、カブレラ、フェルナンデスが並ぶ3~6番は超弩級の破壊力。
持ち前の三振奪取能力で封じ込められるかどうか。あと、援護には期待していない。

試合は5回までゼロ行進になるも、6回表に4番村田のツーランで先制。大量援護でジョンの3勝目がぐっと近づく。
しかし7回裏、2死1塁から大村に三塁打を打たれ1点差に詰められると、続く大引にもタイムリーですぐ同点に。
3番ラロッカにもヒットを浴びたところでノックアウト、降板となった。2戦続けて不甲斐ないピッチングのジョンに首脳陣も苛立ちを隠せない。
その後8回表に横浜が2点を入れ再びリードを奪うも、9回に登板した吉見と寺原が見事に打ち込まれサヨナラ負け。後味の悪いゲームで5月を締めくくった。

5/31日 4-5
ジョン 6回2/3 打者29人 100球 被安打7 奪三振15 四死球2 失点2 自責2 防御率2.70 WHIP1.35 援護点2 援護率2.70

ここまで通算 2勝3敗
ジョン 67回 打者237人 908球 被安打31 奪三振128 四死球15 失点10 自責10 防御率1.34 WHIP0.69 援護点10 援護率1.34

15: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:45:16 ID:DXy
6/7 ジョン10戦目。vsロッテ 先発渡辺俊
ここまで防御率1.34、館山に次ぐリーグ2位と素晴らしい成績を残しているジョン。
しかし勝ち星は未だ2。広島のルイス(9先発 防御率1.66 1勝2敗)との無援護ツインタワーがひときわ目立つ。
ちなみに奪三振128はリーグ最多で、2位のルイスに29個差をつけている。サンキュージョッン。
そんなジョンが今日投げ合うのは絶好調渡辺俊介。どうせ打てない。援護はない。勝ち星つかない。しょうがない。

そして案の定援護はなかった。3回に西岡にツーランを打たれると、それがそのまま決勝点に。
4回にもエラー絡みとはいえ2点を入れられ、今日は6回4失点で不満の残るピッチング。
ここ最近はなかなか思うようなピッチングができないジョンであったが、まだ引きずっているようだ。スランプのトンネルは長い。
打線のほうはというと石川内野手のソロ(おそらくマグレ)で1点を返したのみに終わり、渡辺に18個の三振を奪われてゲームセット。またシーズン最下位へ一歩近づいた。

6/7日 1-7
ジョン 6回 打者23人 65球 被安打4 奪三振7 四死球2 失点4 自責3 防御率4.50 WHIP1.00 援護点0 援護率0.00

ここまで通算 2勝4敗
ジョン 73回 打者260人 973球 被安打35 奪三振135 四死球17 失点14 自責13 防御率1.60 WHIP0.71 援護点10 援護率1.23

16: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:48:12 ID:DXy
6/14 ジョン11戦目。vs楽天 先発片山
広島までゲーム差3.5。負けながらもなんとか差を詰めている。今日の試合に勝ってなんとか5位を引き寄せたい。
前回はハマスタ、今回はKスタ。場所は違えて再び相見えるジョンと片山。前回は引き分けに終わったが今度こそは勝利を、ぜひ完封で決めたい。

今日は前回で貰えなかった分の援護のまとめ買い。2回に金城の二塁打、藤田のエラー出塁による3点をもぎ取った。
序盤で3点のリード。これはもう勝ちの目しかない。6回に1点を失い、8回には一死満塁のピンチを迎えるも、ここを三振と内野ゴロで斬って取る。
ここまでくれば投げ切るだけ。9回を3人で難なく抑え、3勝目を手中に収めた。
横浜打線は2回の援護以降無安打に抑えられるというやる気のなさが目についたが、勝ったので良しとする。

6/14日 3-1
ジョン 9回 打者36人 105球 被安打7 奪三振13 四死球2 失点1 自責1 防御率1.00 WHIP1.00 援護点3 援護率3.00

ここまで通算 3勝4敗
ジョン 82回 打者296人 1078球 被安打42 奪三振148 四死球19 失点15 自責14 防御率1.54 WHIP0.74 援護点13 援護率1.43

17: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:51:16 ID:DXy
6/26 ジョン12戦目。vs阪神 先発石川
横浜は交流戦を奇跡の11勝12敗1分、6位でフィニッシュ。ゲーム差表示にするとこうなる。
オ―――巨――――――ソ―ロ西―横阪―日楽―中広―――ヤ
ただし相変わらずセでは最下位。今日から交流戦明けのゲームが始まるので、勢いをそのまま持ち込んで戦いたいところ。
今日は3回目の阪神戦、相手先発は石川俊介。これで援護が来なかったらもうどうしようもない。

そしてどうしようもないと言ったことを実際にやってしまうのが横浜打線の怖いところ。
試合は6回までがっぷり四つ、1-1の投手(貧打)戦となり、迎えた7回裏。
関本矢野の連打でピンチを招くと、代打桧山がなぜかバント。続く赤星にセンター前に運ばれ、2点を叩きこまれたことで終了。
打線は見事石川に翻弄され、1得点(自責は0)しか奪えず無事敗北。味方のはずの石川(雄)もエラーするなど二人の石川にやられた試合だった。

6/26日 1-4
ジョン 6回1/3 打者28人 103球 被安打8 奪三振14 四死球1 失点3 自責3 防御率4.26 WHIP1.42 援護点1 援護率1.42

ここまで通算 3勝5敗
ジョン 88回1/3 打者324人 1181球 被安打50 奪三振162 四死球20 失点18 自責17 防御率1.73 WHIP0.79 援護点14 援護率1.43

18: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:54:18 ID:DXy
7/3 ジョン13戦目。vs広島 先発前田健
5位広島と6位横浜のエース対決となるこの試合。しかしお互い調子は悪い様子。さてどうなるか。
そして横浜がまさかの三連勝を決めたところで、2チーム間のゲーム差6はようやく半分。
最下位脱出への道はまだまだ長い。

この試合は広島先発前田の乱調に助けられる形になった。
2回にサードゴロエラーで先制すると、4回には四球のランナーを送りつつ内野ゴロで追加点。
終盤8回には四球を三つ出し、ヒット2本で3点を入れるなど、打ち崩したというか頂いた感覚で5得点。ジョンの自己最多援護を記録した。

ジョンは栗原にソロ1本を浴びるものの、あとは要所を締めるピッチングで8回1失点。9回は寺原が三者連続三振で抑え、4勝目をマーク。
悪いなりに良いピッチングができたと満足げ。

7/3日 5-1
ジョン 8回 打者31人 101球 被安打8 奪三振14 四死球1 失点1 自責1 防御率1.13 WHIP1.13 援護点5 援護率5.63

ここまで通算 4勝5敗
ジョン 96回1/3 打者355人 1282球 被安打58 奪三振176 四死球21 失点19 自責18 防御率1.68 WHIP0.82 援護点19 援護率1.78

19: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:55:38 ID:TuW
援護があれば勝てる(確信)
なお

20: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)19:57:06 ID:DXy
7/9 ジョン14戦目。vs巨人 先発東野
7月にして初対戦のジョンと巨人。これでセ・リーグ6球団と全て対戦したことになる。
リーグ首位をひた走る巨人にとっては、たとえ先発投手が防御率セ3位のジョンであっても落としたくない試合、どう戦っていくか。
そのジョンはオガラミ率いる強力打線とどう対峙するかがこの試合の見所だ。

試合は初回から動いていった。巨人の先頭坂本が初球を打って二塁まで出ると、3番小笠原がヒットで繋いでラミレスの犠飛で先制。
横浜が5回、金城のソロアーチで同点に追いつくも、6回には小笠原がソロを打ち返して再びビハインド。
しかし今日の横浜打線はここで終わらなかった。7回に四球からチャンスを作ると打ったのは再び金城。中越え二塁打で同点とし、試合はそのまま延長戦へと突入した。
決着がついたのは引き分け間際の12回。巨人・クルーンが三者連続で四球を出すと、満塁から怒涛の三連打。裏は山口が劇場しながら0点に抑え見事勝利をもぎ取った。

ジョンは6回2失点。勝ち星もつかなければ好投でもない。今季13回目となる二桁奪三振を奪ったくらいしか見どころはなかった。

7/9日 5-2
ジョン 6回 打者23人 82球 被安打4 奪三振10 四死球2 失点2 自責2 防御率3.00 WHIP1.00 援護点2 援護率3.00

ここまで通算 4勝5敗
ジョン 102回1/3 打者378人 1364球 被安打62 奪三振186 四死球23 失点21 自責20 防御率1.76 WHIP0.83 援護点21 援護率1.85

21: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:00:18 ID:DXy
7/15 ジョン15戦目。vs広島 先発前田健
二週間ぶりの対戦となる横浜広島、そしてジョンとマエケン。今回は両者とも調子を普通に戻し、前回よりは締まったゲームが期待できそうだ。
今度こそエース対決らしいエース対決が見られるのではないか。
と思ったが、この試合でエースらしいピッチングをしたのは一人だけだった。

試合が大きく動いたのは5回。二死満塁のチャンスを迎えた横浜の打席に立つのは、不動の4番、村田修一。
初球を見送ってからの2球目、内角高めのボール気味のチェンジアップにタイミングを合わせフルスイング。
打球はセンター後方へと伸びていき、そのままスタンドイン。グランドスラムで4点を先制し、前田をマウンドから引きずり下ろした。

この一発を受けてジョンはギアチェンジ。5回以降をヒット一本に抑える快投で、96球で完封をやってのけた。
そして奪三振はしっかり二桁11個。いよいよ7月にして200奪三振が見えてきた。

7/15日 4-0
ジョン 9回 打者31人 96球 被安打4 奪三振11 四死球1 失点0 自責0 防御率0.00 WHIP0.55 援護点4 援護率4.00

ここまで通算 5勝5敗
ジョン 111回1/3 打者409人 1460球 被安打66 奪三振197 四死球24 失点21 自責20 防御率1.62 WHIP0.81 援護点25 援護率2.02

22: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:03:15 ID:DXy
7/28 ジョン16戦目。vs阪神 先発安藤
オールスターファン投票でセ先発部門トップの24万票を集めながら、なぜか登板のなかったジョン。やや登板期間が開いての後半戦スタートとなった。
前半戦終えてのベストオーダー打撃成績は以下の通り。
遊 石川 2EECEE .225 7 23
二 藤田 2FFCEC .217 0 5
左 内川 3BBCEE .340 15 42
三 村田 4DAEDE .297 23 63
右 吉村 4EBCDE .235 16 42
一 佐伯 3DDEDE .289 6 34
中 金城 2FCDBC .219 3 15
捕 細山 2FECDD .177 2 13
内川がセカンドに入り下園、大西あたりがレフトを守る攻撃型オーダーもあり。

ジョンは夏になってから運が向いてきたようで、今日も序盤4回に2点の援護を貰うとその裏、エラーと四球で招いたピンチを併殺で打ち取りいよいよ波に乗る。ここまで被安打は0だ。
7回には今日スタメンの下園が満塁弾を放ち6点差、いつにない大援護でジョンのノーノー記録を後押しする。
来日2戦目で9回を無安打に抑えながら負け投手になった悔しさを噛みしめながら投げるジョン。今日はこのまま9回投げ切れば、記録達成となる。
そして被安打0のまま迎えた9回。
8番大和を三振、代打狩野をサードゴロ。打順はトップに戻り、2死無走者で赤星をサードゴロに抑える。
試合は終了、そしてジョンの被安打は0。ノーヒットノーランを達成した。

7/28日 6-0
ジョン 9回 打者28人 107球 被安打0 奪三振12 四死球1 失点0 自責0 防御率0.00 WHIP0.11 援護点6 援護率6.00

ここまで通算 6勝5敗
ジョン 120回1/3 打者437人 1567球 被安打66 奪三振209 四死球25 失点21 自責20 防御率1.50 WHIP0.76 援護点31 援護率2.32

23: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:04:04 ID:TuW
勝ち越し&ノーノーおめ!

24: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:06:17 ID:DXy
8/4 ジョン17戦目。vsヤクルト 先発石川
前回登板でノーヒットノーランを達成、2試合連続完封、最近5試合の援護率4.22など波に乗っているジョン。
200奪三振を達成、シーズン勝ち数が負けを上回るなど10勝も見えてきたところで今日はヤクルト石川とのエース対決。
ここでもしっかり勝って勢いづきたいところ。

今日も試合を動かしたは横浜。2回に村田のソロで1点を先制することに成功。直後の3回表にジョンは1点を失うも、その裏で即座に取り返し再び1点のリードを奪う。
その後は両先発による緊迫した投手戦となったが、7回。横浜は四球、ヒット、エラーで満塁のチャンスを作ると、今日無安打の吉村が中越え二塁打。
これが走者一掃の適時打となり、一気に3点を追加。これで雌雄が決した。
ジョンは7回を投げ1失点。防御率もやや下がって1.48となり、タイトル争いの暫定トップに立った。

8/4日 5-1
ジョン 7回 打者25人 91球 被安打2 奪三振6 四死球2 失点1 自責1 防御率1.29 WHIP0.57 援護点5 援護率6.43

ここまで通算 7勝5敗
ジョン 127回1/3 打者462人 1658球 被安打68 奪三振215 四死球27 失点22 自責21 防御率1.48 WHIP0.75 援護点36 援護率2.54

25: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:09:18 ID:DXy
8/9 ジョン18戦目。vs中日 先発吉見
5位広島とのゲーム差はこの時点で2。いよいよ背中が見えてきた。ジョンの先発日にしっかり勝って最下位脱出といきたい。
ところだったが、今日の対戦相手は中日。ここまでの対戦成績は1勝13敗。ジョンが一度勝って以来、負け続けてきた相性の悪いチームだ。
そして両先発はともに不調。球場はハマスタ。これは打ち合いになるのだろうか?

試合は静かに始まって3回表中日の攻撃。一死一三塁から荒木のショートゴロの間に1点を先制される。
しかしその裏、1番石川が今季8本目のホームランを放ち、すぐに追いついた。
次に試合が動いたのは6回裏。連打で一死二三塁のチャンスを作ると、吉村が放ったライトフライを李炳圭がまさかの落球。1点を勝ち越すと金城の二塁打でさらに2点が入り、これが決勝点に。
ジョンは7回に1点を失うも、横山、寺原がピシャリと締めてゲームセット。対中日2勝目とジョンの8勝目を手に入れた。
夏頃からまるで別チームのように点が入るようになった横浜、この調子なら最下位脱出もそう遠くないか。

8/9日 4-2
ジョン 7回 打者25人 101球 被安打2 奪三振8 四死球3 失点2 自責2 防御率2.57 WHIP0.71 援護点4 援護率5.14

ここまで通算 8勝5敗
ジョン 134回1/3 打者487人 1759球 被安打70 奪三振223 四死球30 失点24 自責23 防御率1.54 WHIP0.74 援護点40 援護率2.68

26: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:12:29 ID:DXy
8/16 ジョン19戦目。vs広島 先発齊藤
試合前の時点で、5位広島と6位横浜のゲーム差は0。ついに5位の背中を捕まえた。
そして先発は勢いに乗るジョン。勝てば最下位脱出のこのゲーム、大きな期待を右腕に込めてマウンドへ上がることになる。
調子は普通。いつも通りのピッチングができればそれで十分だ。

早い段階で援護を貰って楽になりたいこの試合だったが、相手先発齊藤を打ちあぐねる横浜打線。
向こうも負ければ最下位転落とあって、簡単には点をくれないようだ。
6回無失点の好投で齊藤はマウンドを降り、広島は継投策に入る。そして3番手で登場した横山を、横浜打線はついに捉えた。
細山田が四球を選び出塁すると、ジョンソンの二ゴロで二塁へ進塁。なんとかチャンスを作って続く石川がレフト前へヒット。終盤に大きな1点をもぎ取り、これが決勝点となった。
8回無失点で降りた横浜先発ジョンの跡を受けたのは寺原。走者を1人出すも問題なく試合を締め、1-0の最少得点差で勝利。遂に5位浮上を果たした。

8/16日 1-0
ジョン 8回 打者27人 83球 被安打2 奪三振3 四死球0 失点0 自責0 防御率0.00 WHIP0.25 援護点1 援護率1.13

ここまで通算 9勝5敗
ジョン 142回1/3 打者514人 1842球 被安打72 奪三振226 四死球30 失点24 自責23 防御率1.45 WHIP0.72 援護点41 援護率2.59

27: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:15:19 ID:DXy
8/23 ジョン20戦目。vs中日 先発山本昌
なんとか5位の座を死守し広島とのゲーム差は0.5。いつ最下位に戻ってもおかしくない状況で気の抜けない試合が続く。
そして今日の対戦相手はまた中日。先発投手は山本昌。もう何が起こるか分からない。

何が起こるか分からないと思っていたら、初回先頭の藤井にバックスクリーンに叩き込まれいきなり先制を許すジョン。どうしたか。
これで動揺したか、続く野口(祥順、トレード加入)の内野ゴロの処理を誤り出塁を許すと、和田とブランコに連続四球で満塁。森野にタイムリーを打たれいきなり2点を失った。
2回にも乱調は続き、4安打を固め打たれまたもや2失点。序盤で4点のリードを許し、早くも苦しい展開となる。
しかし3回表。二死から四者連続単打で1点を返すと、打席に入るは男・村田。この場面でこれぞ四番という一発満塁弾を放ち、一気に逆転。再び横浜が勝ちの目を出す。
だがジョンの乱調は収まらず、3回裏にも失点しKO。3回途中5失点という不甲斐ない結果に終わった。

試合はその後も点の取り合いとなり、最終的に9回裏に登板した寺原が打たれて横浜は敗戦。抑えでありながら10敗目を喫した寺原のクソっぷりが際立ってゲームは幕を閉じた。

8/23日 7-8
ジョン 2回2/3 打者20人 80球 被安打7 奪三振3 四死球4 失点5 自責5 防御率16.88 WHIP4.13 援護点5 援護率16.88

ここまで通算 9勝5敗
ジョン 145回 打者534人 1922球 被安打79 奪三振229 四死球34 失点29 自責28 防御率1.74 WHIP0.78 援護点46 援護率2.86

28: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:18:18 ID:DXy
8/30 ジョン21戦目。vs広島 先発前田健
因縁(?)の対決、ジョンvs前田健太。今日もエース対決のようでエース対決じゃない謎対決になる予感。
そうでなくとも5位攻防戦、勝った負けたで順位が変動しかねないので落とせない。
ジョンの10勝目もかかった大事なゲームは、横浜の本拠地ハマスタでプレイボールがかかる。

この試合は5回まで双方譲らぬ投手戦。ジョンはヒット3本、前田は2本に抑え、試合は後半戦へと入っていこうとした。
がしかし6回裏、石川、金城が連打でチャンスを作ると、2アウトになったのち5番の吉村がセンターへの大アーチ。スリーランとなり3点先制、この一発で前田をKOさせる。
7回裏にも変わった青木を攻め、エラーからの連打で3点を追加。6-0となる。
あとはジョンが抑えるのみ。広島打線を散発3安打でシャットアウト、無四球で完封勝利を飾った。
これでジョンはめでたく10勝目、横浜も5位の座を堅固なものにしていく。

8/30日 6-0
ジョン 9回 打者28人 109球 被安打3 奪三振8 四死球0 失点0 自責0 防御率0.00 WHIP0.33 援護点6 援護率6.00

ここまで通算 10勝5敗
ジョン 154回 打者562人 2031球 被安打82 奪三振237 四死球34 失点29 自責28 防御率1.64 WHIP0.75 援護点52 援護率3.04

29: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:19:58 ID:TuW
2桁勝利か
援護があったらもう少し勝ってるのに…

30: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:21:17 ID:DXy
9/9 ジョン22戦目。vs巨人 先発グライシンガー
9月になり、シーズンもいよいよ佳境を迎える。横浜はとっくのとうにAクラスを諦め、関心ごとと言えば5位になるか6位になるか、そればかり。
あとは個人タイトルがいくつ取れるだろうか? ジョン、内川、村田くらいしか狙える選手はいないが。

今日は首位巨人との一戦だが、あっさりとした試合展開で終わった。
横浜はソロ3発で加点、ジョンが完封して無事勝利。気になった点でいえば、ソロ3本の内訳が藤田、内川、村田の2,3,4番トリオだった、それくらいか。
あとはジョンの球数がやたら多かった。9回完封ならいつも100~110球くらいに収まるのだが、今日は130球。巨人の誰かがカット打法でファールでも量産したのだろうか?

9/9日 3-0
ジョン 9回 打者36人 130球 被安打6 奪三振10 四死球3 失点0 自責0 防御率0.00 WHIP1.00 援護点3 援護率3.00

ここまで通算 11勝5敗
ジョン 163回 打者598人 2161球 被安打88 奪三振247 四死球37 失点29 自責28 防御率1.55 WHIP0.77 援護点55 援護率3.04

31: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:24:19 ID:DXy
9/16 ジョン23戦目。vsヤクルト 先発館山
開幕ダッシュに失敗したヤクルトだったがその後持ち直し、阪神中日と一緒に2~4位をうろうろしている。
そんな今季のヤクルトを引っ張ってきたのは他でもない、今日の先発館山だ。
エース級の働きを見せ、今季ここまで14勝を挙げハーラートップ。
防御率トップのジョンとの投手戦が期待される。

と期待したように投手戦になった。
序盤3回、内川村田が連打で2点を先制するも、後続が続かずそれ以上の追加点はなし。館山が踏ん張った。
しかしジョンも援護を貰ったところで気の緩みはない。7回までわずか1安打
に抑える快投で、すいすいと終盤まで持って行く。
そして8回。二本の安打で二死一三塁のピンチを招くと、ヤクルト指揮官が動いた。館山に代えて、バッター畠山。
この采配が当たり1点差まで詰め寄る。が、続く青木を三振に抑え反撃を食い止めるジョン。
両エースの意地が光ったゲームだったが、横浜に軍配が上がった。2-1の最少得点差で逃げ切りジョンは12勝目をマーク。
序盤の負け星先行はなんだったのか。

9/16日 2-1
ジョン 8回 打者29人 107球 被安打4 奪三振8 四死球1 失点1 自責1 防御率1.13 WHIP0.63 援護点2 援護率2.25

ここまで通算 12勝5敗
ジョン 171回 打者627人 2268球 被安打92 奪三振255 四死球38 失点30 自責29 防御率1.53 WHIP0.76 援護点57 援護率3.00

32: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:27:14 ID:DXy
9/22 ジョン24戦目。vs阪神 先発下柳
暫定2位の阪神と5位の横浜の一戦。ジョンにとっては2か月ぶり、久々の阪神戦か。
8月に18勝し勢いあるこのチーム、なかなか手ごわいかもしれない。
相手先発はベテラン下柳。今季10勝を挙げ阪神のエース的活躍を見せている。

今日も先制したのは横浜。2回に吉村が右方向へ放った辺りはそのままスタンドに吸い込まれ、1-0。
負けじと4回、阪神ブラゼルがセンターへソロアーチを放ち試合を振り出しに戻す。
今日も投手戦になりチャンスが巡ってきそうで巡ってこないもやもやした展開が続いていたが、6回裏。
一死一塁で村田が放ったセンターライナーを赤星がまさかの後逸。転々とするボールを追いかける間に、一塁から内川が長駆ホームイン。2-1と勝ち越した。
これであとは逃げ切るのみ、とジョンは7回でマウンドを降りリリーフに試合を任せるも、8回に木塚が悪夢の3失点。見事に試合をひっくり返されそのまま敗戦。なんてことだ、なんてことだ・・・。

9/22日 2-4
ジョン 7回 打者27人 79球 被安打4 奪三振6 四死球1 失点1 自責1 防御率1.29 WHIP0.71 援護点2 援護率2.57

ここまで通算 12勝5敗
ジョン 178回 打者654人 2347球 被安打96 奪三振261 四死球39 失点31 自責30 防御率1.52 WHIP0.76 援護点59 援護率2.98

33: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:30:19 ID:DXy
9/29 ジョン25戦目。vs広島 先発小松
セ・リーグは巨人が今日にも優勝決定。だが横浜にそんなことは関係ない。シーズン中でありながら既に来季を見据えている。
今日の対戦相手は6位広島。ゲーム差は1。いよいよ直接対決もこのカードが最後になるため、ここで勝つことができればいよいよ5位が現実のものとして見えてくる。
そしてジョンはこれが今期最終登板。勝ちで有終の美を飾れるか。

今日も横浜は序盤から動く。2回に吉村が、今日もライトへソロアーチ。3回には内川がセンター前タイムリー。
4回には石川が四球を選び押し出しで3点目。援護は4回で3点。もう十分だ。
その裏ジョンは、もっと援護をよこせとばかりにマクレーンに二塁打を打たれて失点し点差を2に戻されるが、横浜打撃陣にそんなことは関係ない。
5回以降はろくにヒットも打たない沈黙っぷりで守備に専念した。
打撃を放棄して守備に気合を入れるという野手陣の頑張りに応えたジョン。8回を1失点に抑え、無事13勝目を手中に収めた。

9/29日 2-4
ジョン 8回 打者29人 89球 被安打5 奪三振8 四死球1 失点1 自責1 防御率1.13 WHIP0.75 援護点3 援護率3.38

ここまで通算 13勝5敗
ジョン 186回 打者683人 2436球 被安打101 奪三振269 四死球40 失点32 自責31 防御率1.50 WHIP0.76 援護点62 援護率3.00

34: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:33:15 ID:DXy
こうして横浜の、ジョンの2009シーズンは終了した。
順位は以下の通り。
1 巨人
2 阪神 *2.5
3 中日 *6.0
4 ヤク 13.0
5 横浜 18.0
6 広島 21.0
見事横浜は史実を上回り、5位でフィニッシュ。
61勝78敗5分で勝率は.439だった。

35: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:34:13 ID:DXy
2009横浜打撃陣・投手陣成績
遊 石川 2EECEE .221 10 38
中 金城 2FCDBC .228 3 26
二 内川 3BBCEE .337 24 68
三 村田 4DAEDE .286 37 109
右 吉村 4EBCDE .244 24 77
一 佐伯 3DDEDE .263 15 63
左 下園 2EECED .217 2 11
捕 細山田 2FECCD .201 3 26

三浦 146CAカット2スロカ3フォー2 23先発 4.07 6勝13敗
ジョン 157CBカット3チェン2ムービング 25先発 1.50 13勝5敗
ウォーランド 145GCカーブ5フォー1 25先発 3.85 5勝12敗
グリン 149FBスラ3カーブ1ムービング 26先発 3.21 10勝10敗
小林 153ECスラ3チェン1 25先発 3.55 10勝4敗

真田 147EEスラ1シュー4 51登板 2.59 3勝3敗5H
横山 149EEカーブ1フォー3 66登板 3.18 3勝2敗1S19H
木塚 141DEスラ2カーブ1シンカ2 65登板 4.22 2勝7敗3S18H
山口 153FEスラ3フォー2 50登板 4.09 1勝3敗12S5H
石井 147EEスラ3スク2 44登板 1.67 2勝1敗11H
寺原 157DBスラ3シュー3 53登板 4.15 2勝10敗18S5H

36: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:36:40 ID:XJT
懐かしい名前がちらほら

37: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:37:14 ID:DXy
タイトル等(横浜関連分)
首位打者 内川聖一 .337
最多安打 内川聖一 199本
最高出塁率 内川聖一 .380
最優秀防御率 ジョン 1.50
最多奪三振 ジョン 269個
最多完封 ジョン 6
最多完投 ジョン 7
月間MVP8月 村田修一 .320 11 29
同上 ジョン 2.14 4勝
ベストナイン 投手:ジョン 二塁手:内川聖一 三塁手:村田修一
ゴールデングラブ 捕手:細山田武史

38: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:37:20 ID:TuW
ジョンと小林いけるやん!

守護神が防御率4点台はいかんでしょ…

39: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:40:16 ID:DXy
ジョンは13勝をマーク、防御率は驚異の1.50という数字をたたき出すなどして、1年で横浜のエースの座を射止めた。
しかしこの成績の投手をメジャー球団が放っておくはずもない。横浜も必死に残留交渉を続けるが、破格の金額を要求したため無事交渉決裂。ジョンはアメリカへ帰っていった。


おわり

40: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)20:42:46 ID:TuW
エースのいなくなった来年の横浜はどうなるんですかねぇ(ゲス顔)