book_rurouni_1

引用元: 志々雄「どうすりゃいいんだ・・・」

1: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)09:16:16 ID:urL
本拠地、煉獄で迎えた抜刀斎戦
先発煉獄が被弾爆沈、ガトリングガンも水しぶきに阻まれ惨敗だった
船内に響く乗員の叫び声、どこからか聞こえる「これで面倒な背景を描かなくてよくなったな」の声
無言で海の藻屑となる乗員の中、幕末の暗殺者志々雄は独り甲板で泣いていた
明治政府打倒の元、手にした甲鉄艦、アームストロング砲、ガトリングガン、そして何より信頼できる鉢金・・・
それを今の一派で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」志々雄は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、志々雄ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい海水の感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰って由美といちゃいちゃしなくちゃな」志々雄は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、志々雄はふと気付いた

「あれ・・・?兵士がいる・・・?」
甲板から飛び出した志々雄が目にしたのは、京都中を埋めつくさんばかりの同胞だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように明治政府打倒の喝采が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする志々雄の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「志々雄様、次は欧米列強相手です、早く軍備増強しましょう」声の方に振り返った志々雄は目を疑った
「ほ・・・方冶?」  「なんだ包帯、居眠りでもしてたのか?アンサツノチャンスダッタノニナー オシイナー」
「う・・・宇水?」  「なんや志々雄はん、かってにオモロイ刀を独り占めしといて」
「張・・・」  志々雄は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:瀬田宗次郎 2番:鵜堂刃衛 3番:四乃森蒼紫 4番:石動雷十太 5番:月岡津南 6番:武田観柳 7番:不二 8番:悠久山安慈 9番:雪代縁
暫時、唖然としていた志々雄だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
由美から無限刃を受け取り、決闘場へ全力疾走する志々雄、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、アジトで炭になっている志々雄が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

2: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)09:19:18 ID:baM
縁とかいうシスコン

3: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)09:20:07 ID:KLN
4番wwwwwww

5: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)09:23:44 ID:OSV
>どこからか聞こえる「これで面倒な背景を描かなくてよくなったな」の声

や尾糞

7: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)09:32:13 ID:HsJ
>>5
なお現在

6: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)09:30:21 ID:KLi
なんでや、張は警官として働いとるやろ

8: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)09:33:20 ID:OEo
瀬田、鵜堂、四乃森とか怖い先頭三人

9: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)09:38:58 ID:Pgi
4番チャンスに弱そう

10: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)09:40:25 ID:vT8
4番以降がゴミなんだよなぁ

11: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)09:47:11 ID:C7Y
4番30ホーマー45打点とかになりそう